時計修理のクイック新春記念2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年1月2日に川崎競馬場で行われる時計修理のクイック新春記念の展開から導く競馬予想です。時計修理のクイック新春記念は、距離1500m、出走頭数は14頭、発走時刻は16:35となっています。

いやー、昨日は残念ながらハズレでした(´・ω・`)

逃げ馬が潰れて中団くらいの競走馬が突っ込んでくるというところまではなんとなく読んでいたんですが、どうやら今年も詰めの甘さというよりも、見立て違いが酷いなと思いましたね。

だけど、久々の南関予想は面白いですね。重賞以外も面白いなぁと思いますね。地方には地方の良さがあるというか。

2017年の初的中を目指して頑張っていきたいと思います。

1月2日のレースは時計修理のクイック新春記念ということですが、副題と言えばいいんですかね、一応は番組表を見ると「おかげさまで15年時計修理のクイック」という名前がついているので、検索して調べると川崎と戸塚にて時計修理を営まれている会社がスポンサーになっているのかなと思います。

こういうことを私が言うとヘンかもしれませんけど、ウェブページを見るとWordPressを使ってて、biz-vektorというテーマを使っているんですけど、どこか使いこなせていない感は感じますね。外部委託しているのではなく、自社でされているのかなと思うんですけど、こういう会社もあるんですね。

自分は、自分たちでホームページを作って公開している会社って凄く好感を持つタイプで、センスの良さが出るじゃないですか。たまぁに仕事でウェブ制作会社に問い合わせしたりしているんですけど、これで大丈夫なのかなというやつとかもありますよね。あまりに殺風景というか。ウェブ制作会社でそれはマズいと思うんですけど、時計の修理ということであればそんなに拘らなくてもいいと思うし、会社の人が作っていても面白いですよね。

あまりライバルはいないと思うのでアウトバウンドの施策を打てば会社の知名度は上がるような気がするなぁとか思ってみていました。

お得意の脱線話となりましたが、それでは印を回していきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張していくのはこの近走逃げて結果を出しているルコンポゼじゃないかなとみています。

ただ、その内にタマモベルモットが、これまた前走逃げて結果を出しているので、こちらも出は伺いつつの競馬になるのかなと思います。

どちらも行かないということはないと思うので、どスローは考えにくく、ややスロー辺りで組み立てたいメンバーじゃないかなと思います。

それにしても今回のメンバーは先行勢がやや手薄で、前走逃げて勝っているタマモベルモット辺りが有力視されるのかなと思いますが、人気しそうなポッドガゼールオーラゼウス辺りはやや後方寄りからの競馬。

比較的前に着けそうなメンバーを中心に見ていきたいだけに、この辺りは悩めるポイントじゃないかなと思います。

予想の印はコチラ

時計修理のクイック新春記念
馬番 競走馬名
本命 タマモベルモット
対抗 オーラゼウス
単穴 ルコンポゼ
連下 ポッドガゼール
ジュリエットレター

印を付け終えて

人気になりそうなのはポッドガゼールかなと思うんですが、距離短縮はマイナスかなと思っています。

ということで、本命にはタマモベルモットを推奨したいと思います。

近走の安定感を考慮すれば、このクラス、このメンバーでもまだまだやれるでしょう。勝つときは離して、負ける時は接戦に持ち込むというタイプですが、3連複の軸にするには持ってこいとも言える1頭ですね。

対抗にはオーラゼウスを。こちらは消去法的に残った1頭かなと感じましたゆえ。

単穴には、人気が無ければ穴になりそうなルコンポゼを。距離は2000mに比べると、1500mの方が向いていると思います。

それと減量騎手が乗るので斤量の優遇が受けられるのでポンッと飛び出してしまえばペースは握れそう。そして、その減量騎手の西啓太騎手は大井競馬場所属ながら、川崎競馬場での成績が16戦中2勝5連対という結果で、連対率31.3%と高連対率を誇ります。この辺で一発ないかなと目論んでいますが、人気しちゃってたらごめんなさい。

連下は妥当かなとおもう2頭を選択。1頭目にポッドガゼールと2頭目にジュリエットレターを選択しました。

ってなところで、時計修理のクイック新春記念の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ