シンザン記念2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年1月8日に京都競馬場で開催される第51回日刊スポーツ賞シンザン記念の展開から導く競馬予想です。シンザン記念は、距離1600m、出走頭数は15頭、発走時刻は15:45となっています。

ここの勝ち馬には後々名馬と呼ばれるなった競走馬もいるレースで、出世レースという感じになっていますね。

勝ってクラシックに名乗りを上げるのはどの競走馬なのか注目でもあります。

前日の記事更新時のオッズを見ると、1番人気は2.4倍のペルシアンナイト。2番人気は3.6倍でアルアイン。3番人気は7.3倍でトラストとなっています。

21時頃だったと思うんですけど、その時にチラッとオッズをチェックした時は、ペルシアンナイトが2.6倍くらいで、アルアインが2.7倍かな、かなり接近しているなぁと思っていたんですけど、この時間になって差が開いてきた感じですね。

4番人気と5番人気は8枠の2頭で、タイセイスターリーとコウソクストレートで11.0倍と11.9倍という形になっています。こちらは接近していますが、直前になっても10倍を切ることはなさそうかなと思いますね。

そんなこんなで、夜ももう遅いですので印を打っていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

最内に前走逃げて結果を残しているミルトプリンスがいるんですけど、メイショウソウビがこの2戦は逃げていますので、今回も再現してくるのかなと思います。

2番手の内にミルトプリンス、その外にトラスト、すぐ後ろにブラックランナーとペルシアンナイトが追走して、マイスタイルやアルアイン、タイセイスターリーなんかもこの辺でレースをしてくるんでしょうかね。

その他先行ポジション争いに加わりそうなのがケンシンとコウソクストレートでしょうか。コウソクストレートは前走は後方からのレースになって伸びきれずでしたので、デビュー戦と続くくるみ賞のように先行して流れに乗りながらのレースをしてくるのではないでしょうか。

そう考えると、スローの流れは考えにくいかなと感じますね。平均ペースからあってもややスローの流れではないかなと思うところですが、京都競馬場1600mですのでスタートしてからの直線が長いんですよね。

序盤からペースが上がりやすいコース特性を考えると、最後は持久力も試されるレースになるのかなと思います。

いつもならばこの辺りで傾向を載せて印を打っていくんですけど、今日はもう印を回しちゃいます。

ってか、結局ここも内枠優勢ですので、そこに気を付けていけばなんとかなるんじゃねって感じで思っています。

ただ、内に先行馬が集まったことで、その辺りで最後は外を突いて回ってくる競走馬が優勢なんじゃないかなと思ったりもしています。

予想の印はコチラ

第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 アルアイン
対抗 ペルシアンナイト
単穴 タイセイスターリー
連下 トラスト
イエローマジック

印を付け終えて

ということで、本命にはアルアインにしました。

どうってことはありません。ディープインパクト産駒だから。

それに恐らくはペルシアンナイトが早めに抜け出そうとしているとこころを、抜け出したところを最後に捕まえるのではないかなと思いましたので、ここは堅いんじゃないかなと思ってたりします。

なので、最後に捕まりそうなペルシアンナイトを対抗としています。

単穴は、3番手評価の意味を込めてタイセイスターリーを。8枠じゃなかったら本命にしてもよかったなと思っていたんですけど、デビューからここまで2戦はいずれも京都競馬場1600mを舞台に走っています。コース適性が高いかどうかは判りませんが、それでも追い切りではいつも通りの快調なペースで走れていますので、間隔が空いたことがよかったのかもしれません。

連下にはトラストイエローマジックを選びました。トラストはしぶといですからね。メンバー的には今回は楽になったと思いますし、好走できるんじゃないかなと。イエローマジックは、鞍上は浜中騎手。浜中騎手のシンザン記念の成績は【 4- 0- 1- 2】という安定感を発揮。現在、複勝圏内率71.4%と、この10年ではなっています。前走新馬戦組の勝ち鞍がないレースですが、3着内を考えると高い数字なので、その点も加味しています。

ってなところで、シンザン記念の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. くーちゃん より:

    馬場を考えると少し早いペース。
    1-2着馬はスムースに来れたからではないかと。
    私も本命にしていたアルアインは直線で進路を塞がれ横にも馬郡がいた為外に出すことも出来ずに不完全燃焼

    本気勝負していたのでフェアリーの怒りとでwパンチでした。

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは、返信が遅れてすみません。

      1着馬と2着馬に関しては確かにスムーズな競馬でしたね。

      前半3F34.5秒で後半38.1秒で、前にいた競走馬が苦しくなったのも大きな要因だと思いますね。

      ちょっと極端かなと思うので、次に繋がるかどうかが分かりませんが、もしかしたらもしかすると大物になりそうな予感のする末脚でしたね。1頭だけ36秒台の末脚でしたので。

      また来週も楽しみましょう!
      また遊びに来てください!