【悲報??・朗報??】スマイルジャック【東京新聞杯7着】

昨日・一昨日と何も告げずに、予想をお休みしてしまいました。

ちょっとゴタゴタが重なって、予想どころではありませんでした。

さて、昨日の第63回 東京新聞杯ですが、私がただ大好きな馬、スマイルジャックが出走していました。

ダービー2着でいい思いをさせていただいた、そんな理由と、名前がカッコイイという偏見でずっと応援している馬なんですが、結果は59kg背負って0.7秒差の7着でした。

ただ、去年よりいい競馬をしているなという印象です。

もの凄い重心が低いですし、脚に負担が無ければいいのですが…。そこだけが気になった点ですが、今年はここから安田記念に向けて始動です。

追い出すとグッと低くなる走りはカッコイイですね♪

8歳馬ということで、やはり勢いが感じられませんが、それでも昨日のレースは休み明けというところと59kgの斤量を考慮しても素晴らしい走りだったと思います。

安田記念2年連続3着という結果などもありますが、今年こそは、を考える次第です。

しかし、問題は調教師に有り、だと私は考えます。

多くは語りませんが、【東京新聞杯】美浦レポート~スマイルジャックを読んで、工エエェェ(´д`)ェェエエ工 と思われた方は、心にソっと秘めておいてください。

要約すると、ニューイヤーステークスを使おうかな!!⇒登録したよ!!!!⇒えっ、斤量62kgも背負うの??⇒や、やめます…。っていうことですよね。

調教師って登録してみないと、斤量とかわからないものなの??

登録した時に愕然としました。とありますが、私も登録を見たときには愕然としましたよ。

スマイルジャックはフェブラリーSに出走したり、陣営は何を考えているかわかりませんからねー。62kgを背負ってでも、というのは考えられるし、回避を知った時には歓喜ですよ、そして安心。

小桧山厩舎にすれば、スマイルジャックは間違いなく功労馬。

お願いしますよ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサードリンク
スポンサーリンク