兵庫ゴールドトロフィー2020の予想【園田1400m発走15:45】

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2020年12月23日に園田競馬場で開催される第20回兵庫ゴールドトロフィーの展開から導く競馬予想です。兵庫ゴールドトロフィーは、距離1400m、出走頭数は12頭立て、発走は15:45となっています。

さて、出走馬を眺めて思ったんですが、勝ち馬ってこの中にいますよね?笑

まぁラプタスが勝つんだろうなってのは分かるようで、あまり前走を評価していなかった人間からすると、このメンバーでもどうなんやってのはあるんですよね。

サクセスエナジーは、2走前にオーバルスプリントを勝利。1周の1400mレースを制していますので、ここでも台頭してきそうだけど、JBCスプリントでは負けすぎてるし…。適距離が1400mに絞られると考えると、ここは2走前の再現があってもよさそうだけど。

この2頭が人気を引っ張る形になるんかなー。

だけど、短距離って意外と地方馬も活躍できるんで、最内のサロルンも楽しみだとは思うんですが、ちょっと時計の根拠が乏しすぎる印象で…。52.0kgなら勝負できそうっちゃできそうか。

難しい予想となりそうです。

そんでは予想を組み立てていきたいと思います。

スポンサードリンク

兵庫GTの展開予想とか考察とか

大外ですが、ラプタスが行き切ってしまいたいと思っているでしょう。重賞レースの勝ち鞍全てが逃げて逃げてのレースですから、もう逃げることを決め込んでいるのでは。57.5kgなら、そんなに気にしなくて良さそうだし。

ただ、同着だった羅生門ステークスは、3番手からの競馬で抜け出して最後は差されたけど、勝ちは勝ちなので、その点はどうなのかな。逃げ切れなかったら番手でというプランBは用意しているでしょうが、逃げるプランAを粛々とやるだけかと。

ゴールドクイーンが逃げるとなると、ラプタスにはマイナスか。出脚はゴールドクイーンの方がありそうで、その点はどうかなー、と。ラプタスが主張したら控えるでしょうかね…。

個人的にはベストマッチョでしょうかね。23日は浦和競馬場でゴールドカップが行われますが、こちらを選択してきました。プラチナカップを制しており、オーバルスプリントでも2着と相性抜群のコースを蹴っての選択だけに、勝負にきてるよなって思っちゃいます。

ただ、実績が評価されたのか斤量が56.0kgなんですよね。意外と斤量がついたなって感じもして、どうなのかなぁ…。

地方で行われるハンデのダートグレード競走は、わかんないことが多くて、あまり厚くはいかない方針で。

予想の印はコチラ

馬番競走馬名
本命ラプタス
対抗サロルン
単穴サクセスエナジー
連下ベストマッチョ

印を付け終えて

ということで、考察で名前を挙げた競走馬をそっくりそのまま印を回しました。3連複1頭軸の3通りで買おうかな。前日の雰囲気だと、逃げきるには厳しいような馬場状況っぽい雰囲気も感じるんだけど、まぁなんとかなるやろってところで。笑

ということで、簡単ではございますが、兵庫ゴールドトロフィーの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました(●´ω`●)ゞ

タイトルとURLをコピーしました