メンヘラ発動しているので、桜花賞の予想はありません。

黒潮盃 2014 予想

スポンサードリンク

黒潮盃 2014

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

今日大井競馬場で行われるのは、第48回黒潮盃。距離1800m、出走頭数は16頭、発走時刻は20時15分となっております。このレースに優勝するとダービーグランプリへの優先出走権が与えられ、3着馬までに戸塚記念への優先出走権が与えられます。

それでは、出走表と前日オッズをご覧いただきつつ、競馬の予想に参りたいと思います。

出走表と前日単勝オッズ

枠番馬番馬名性齢負担騎手名調教師前日
単勝オッズ
11ヴァイスヴァーサ牝354本橋孝太森下淳平11.6
2ブラックヘブン牡356有年淳鷹見浩69.7
23ブリージーストーム牡356森泰斗荒山勝徳69.7
4トーコーガイア牡357木村健吉行龍穂34.8
35ドバイエキスプレス牡356御神本訓史川島正行2.6
6オールラウンド牡357山崎誠士別府真司123.9
47ノーキディング牡356石崎駿矢野義幸7.6
8キットピーク牡356岡部誠宮浦正行5.9
59スマイルピース牡356楢崎功祐佐野謙二4.2
10ツルマルブルース牡356柏木健宏堀千亜樹12.3
611テイクユアチョイス牝354真島大輔蛯名雄太33.7
12ノブペイジ牡356左海誠二小久保智69.7
713マレオ牡356東川公則伊藤強一111.5
14アリウム牡356内田利雄三坂盛雄58.6
815クロスオーバー牝355須藤優別府真司185.8
16ワットロンクン牡356今野忠成荒山勝徳27.2

調教動画

第48回 黒潮盃(SII)の調教追い切り動画
http://youtu.be/MqqC24dNmh8

展開予想・予想はこう組み立てました

……どの馬が逃げの(´・ω・`)

なかなか難しい展開となりそうですが、各馬の前走を見ていくと、大外枠ですがワットロンクンか、キットピークもかなり先行していきそう。あとはノーキディングも前々で競馬しそうですが、こちらはハナはきりたくないという競馬内容が続いているので2番手3番手を死守しそう。

ペースは比較的緩やかな流れとなりそうですね。あって平均ペースといったところでしょうか。前半通過63秒台後半くらいはありそうかなって印象を強く受けます。

予想はこうなりました

黒潮盃 2014 (SⅢ)
馬番競走馬名
本命スマイルピース
対抗ドバイエキスプレス
単穴ヴァイスヴァーサ
連下トーコーガイア
ツルマルブルース

予想印を付け終えて

このレースは波乱含みのレースとなりそう。予想は上記のような感じなんだけど、もう少し手広く買ってもよさそうですね。

前日オッズのドバイエキスプレス2.6倍はアジアエクスプレスの影響も受けているのかなと思ってみたり。間違って買った人は……いないかな。だけど、ちょっと人気し過ぎてるなと感じますね。明日になればもう少しオッズが縮まるのかなと思いますが、このオッズが続くのならば、スマイルピースの方が断然狙いたくなっちゃいますね。ということでの本命推奨。羽田盃では4番人気に支持されながらも2.0秒差の6着。2着のドバイエキスプレスとは1.0秒差ならば逆転は可能、というように東京ダービーではドバイエキスプレスに対し10.3秒差つけて勝利しています。ドバイエキスプレスがJDDを1.2秒差の6着という成績で支持されているように感じますが、力は拮抗しているとみて良さそう。ならばスマイルピースで勝負したい。

単穴に迷ったけれど、こちらは単なる穴狙い。恐らく5、6番人気かそれ以下かくらいの人気だと思うんですけど、前走は直線向いたところで前をカットされるなど追い出しに時間がかかりながら、もう無理じゃねって位置から突っ込んできました。勿論上がり最速です。ただ、不安材料も。前走は展開が向いたという点も考えられますので、今日の展開的に向くかどうかはわかりません。また、スタート直後も先行させたかったのか頻りに手が動いていながら後方からの競馬に。またカットされたものの、追い出して加速がかかるまでに時間がかかった点。結構脚を余したんじゃないかなと思っています。しかしながら、今回も本橋孝太騎手が騎乗しますし、何よりかなりの才能を感じました。ビビッときました。狙ってみたいです。単勝オッズが10倍を切らないのであれば、単勝も狙ってみたい1頭です。

連下の2頭、まずはトーコーガイアは追いかけているというと嘘みたいな嘘の話なんですけど、私がずっと注目しているので、ここら辺りで激走してくれるんじゃないだろうかと思っての推奨です。もう1頭はツルマルブルースを。東京ダービーでは5着ですが、ドバイエキスプレスには勝っており、まぁそこそこやれるんじゃないかなって思いました。

他にもノーキディングなんかも好走してきそうですが、前走のパフォーマンスは素晴らしいものを感じますが、どうなんだろ。タイム的に物足りなさを感じましたし、この馬にとって距離延長はあまり歓迎材料ではないように感じます。

と、フラグを立てて終わりたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました