新潟2歳ステークス 2014 予想

スポンサードリンク

新潟2歳ステークス 2014

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

さて、日付変わり明日は新潟2歳ステークスが行われます。前走が新馬戦の馬も多く、やや困っちゃいそう。ただ、昨年はハープスターが優勝し2着にイスラボニータとクラシックを賑わせた2頭がワンツーフィニッシュ!!を決めており、近年まれに見る出世レースとなりそうな雰囲気が漂いますね。

昨年だけ特別だった感も否めませんが…。

今年も来年のクラシックを賑わせる競走馬が出てくるのか、非常に楽しみなレースの1つであることは変わりありません。的中できてもできなくても、振り返りはしっかりと行っていきたいと思います。

展開予想・予想はこう組み立てました

前走逃げて勝ったゴッドバローズがここでも逃げてきそう。そのあとをトーホウハニー、ラミーロ、ニシノラッシュ、カシノハリウッド、グラスエトワールと、やや先行馬多い印象。ただ、後方から競馬を進めそうな馬もいるので、前と後ろと分かれての競馬となりそうな雰囲気もありますね。

スローの流れは考えにくいですけど、極端にハイペースにもならないのではないでしょうか。ややハイペース、辺りかな。

このレースに限れば、差し馬【4-4-6-57】追い込み【5-3-1-42】と後方から競馬を進める馬にチャンスが多くめぐってくる印象です。3着候補に先行馬が入ることが多いので、馬連・馬単で勝負するなら思い切って後方組を、3連系で勝負する人なんかは3着に前残り警戒で組み立てるのがベターかなと思いますよ。

予想はこうなりました

第34回 新潟2歳ステークス 2014(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ナヴィオン
対抗 ディアコンチェルト
単穴 ミュゼスルタン
連下 ブリクスト
ワキノヒビキ

予想印を付け終えて

重い印はある位程度下げて競馬をしそうな馬という点と前走の上がりタイムが優秀な馬をフォローしていきました。ナヴィオンは前走32.7秒と物凄い脚を見せての勝利。反応がやや悪いのか、動きだし鈍く感じましたが、この豪快な競馬が出来れば昨年のハープスターのような競馬ができるはず。

ディアコンチェルトは福島で行われた新馬戦で負けてはしまいましたが、前走新潟1600mでは見頃差し切り勝利。直線あわやという部分もありましたが、残り僅かのところでわずかに交わしての勝利でした。横からすっ飛んできた馬にぶつけられなくてよかったですが、かなりの勝負根性があるかと思いますので、その辺りを信じて。

ミュゼスルタンの前走新馬戦も素晴らしいレースでした。このコースとキングカメハメハ産駒は相性がいいので、頑張ってくれるのでは。

連下にブリクストとワキノヒビキ。最内だけに囲まれてしまう心配もありますが、前走を見て。ワキノヒビキはこれが4戦目。キャリア3戦馬はなかなか好走しないんですけど、ダリア賞が素晴らしいと感じたので。

2歳戦は特に不得意なんで、こういう予想をするやるもいるんだなってところで。

タイトルとURLをコピーしました