白川郷ステークス 2014 予想

スポンサードリンク

白川郷ステークス 2014

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

日付変わって本日行われる白川郷ステークスの予想をお届けしたいと思います。注目はサトノプリンシパルでしょう。東京大賞典4着や東海ステークス5着の実績と前々走のオープン競争のオアシスSでは2着に入りました。今回降級しての参戦ということで、勝たなければならないでしょうね。というのも、今回のメンバーは全て1600万条件馬。サトノプリンシパルも降級したんで条件馬になったわけですが、唯一の降級馬。周りと使われてきたレベルが違うわけですから、その辺りは意識して考えたいですね。

展開予想・予想はこう組み立てました

サトノプリンシパルがここはハナを主張してくるはず。同型にメイショウコンカーがいますが、楽に先手がとれるでしょう。仮に前走みたくサトノプリンシパルが控えてたらメイショウトウコンカーがハナに立っていくでしょう。3番手にダイヤノゲンセキが、4番手にバトードールがつけてレースは進むでしょう。

ペースは平均ペースからやや緩やかな流れになるか。そんなところで予想を組み立てていきたいと思います。

予想はこうなりました

白川郷ステークス
馬番 競走馬名
本命 サトノプリンシパル
対抗 メイショウコンカー
単穴 ワンダーアシャード
連下 ブラインドサイド
セイラ

予想印を付け終えて

比較的人気どころを選んでみました。本命にはサトノプリンシパルを。前走は控える競馬となりましたが、まさかの大敗。2000mを超える距離は昨年のブラジルC以来となり難しかったか。3勝は全てダート1800mで、内1勝は中京1800m。ハナを奪えればここでは負けられない。

対抗にはメイショウコンカーを。どうでもいいけど、コンカーってなんやろって馬名の欄を見たら、意味【冠名+征服】ってなってて、コンカーってどんな綴りなんだろうって思って調べたら「conquer」って書くんだね。一つ勉強になったわ。だけど、九州の人から考えれば「メイショウは来ない」って意味になるよね。メイショウコンカーって響きは九州では受けないと思う。やっぱり”来んかー”ってならないことを祈るばかり。あ、この馬自身は叩き2走目出し、前走は降級馬のクリノヒマラヤオーに負けただけだから、ここでは上位争い可能だと思われ。

単穴ワンダーアシャードは武豊騎手だから選んでみた。ダートグレード競走ですけど、先週は大井競馬、今週は川崎競馬で結果を出していますから、その辺りは意識して。ダートだと乗れてる??

連下には8枠の2頭を。特に8枠が走るってコースでもないけど、どちらも前走の内容がよかったかなって思ったので。

パソコンで曲を流していたら、エリック・クラプトンのレイラが流れてきたから、その流れでセイラを選んだとか、そんなことは決してないのである。

タイトルとURLをコピーしました