2018年02月一覧

NO IMAGE

金盃2018の予想

2018年2月21日にTCK大井競馬場で開催される第62回金盃の展開から導く競馬予想です。金盃は、距離2600m、出走頭数は16頭、発走時刻は16:10からとなっています。本命にはサブノクロヒョウとしました。JBCクラシック7着や東京大賞典10着などがあるため、どうしても近走成績がダメっぽく見えてしまいますけど、南関馬同士の対決となればまだまだやれるとみています。

NO IMAGE

フェブラリーステークス2018の予想

2018年2月18日に東京競馬場で開催される第35回フェブラリーステークスの展開から導く競馬予想を行いましたのでご覧いただければ幸いでございます。東京競馬場ダート1600m、出走頭数は16頭、発走時刻は15:40となっています。本命にはサンライズノヴァとしました。基本的には最後は前が苦しくなると見ているので、中団以降のメンバーにもチャンスは多くあるのかなと思っているんですが、中でも大外で自由に競馬がし易く、なおかつ砂を被らないでいいところで競馬ができるのは強みになる。

NO IMAGE

フェブラリーステークス2018の過去のデータと傾向

2018年2月18日に東京競馬場で開催される第35回フェブラリーステークスの過去10年のデータと傾向についての分析を記載しています。フェブラリーステークスの攻略法ではないですけど、データ的には、とりあえず当日の人気上位馬の中で、尚且つ前走の人気で5番人気以内だった競走馬を中心に買うのがベターです。その点では、ゴールドドリームとノンコノユメをフォローできなくなってしまうんですけど、どれだけ注目されていたのかというのは気にしておきたい項目かなと思いますね。

NO IMAGE

ユングフラウ賞2018の予想

2018年2月14日に浦和競馬場で開催される第10回ユングフラウ賞の展開から導く競馬予想です。ユングフラウ賞は、距離1400m、出走頭数は12頭、発走時刻は16:15となっています。今年のユングフラウ賞の本命にはストロングハートとしました。ホッカイドウ競馬時代は1200mを中心に活躍し、スプリント力もある1頭。ここまでの成績から見ても、1600mが得意とは言い切れない実績を残していることからも、1400mは歓迎ではないかと見ています。もっとも、浦和桜花賞ではどちらに転ぶのかは不透明ですけど、距離実績的には今回の方が向いているでしょう。

NO IMAGE

クイーンカップ2018の予想

2018年2月12日に東京競馬場で開催される第53回クイーンカップの展開から導く競馬予想を行っとります。クイーンカップは、距離1600m、出走頭数は16頭、発走時刻は15:45となっています。本命には阪神ジュベナイルフィリーズで3着と好走を見せたマウレアを選択。データ的にもここは堅いのかなと。対抗にはツヅミモン、単穴にはナラトゥリスを選択しました。

NO IMAGE

京都記念2018の予想

2018年2月11日に京都競馬場で開催される第111回京都記念の展開から導く競馬予想です。京都記念は、距離2200mのGⅡ競走で、出走頭数は10頭、発走時刻は15:35となっています。本命にはレイデオロとしました。ここはもう勝ち方に拘って欲しい1戦というべきか、勝ちは堅いんじゃないかなーと思うんですけど、どうでしょうか。

NO IMAGE

佐賀記念2018の予想

2018年3月6日に佐賀競馬場で開催される第45回佐賀記念の展開から導く競馬予想です。佐賀記念は、距離2000m、出走頭数は12頭、発走時刻は16:40となっています。本命にはルールソヴァールとしました。対抗にはトップディーヴォ、単穴にはクリノスターオーを選択。まぁガミっぽそうやけど、マイネルバサラも捨てがたいということで、連下で選択しました。

NO IMAGE

東京新聞杯2018の予想

2018年2月4日に東京競馬場で開催される第68回東京新聞杯の展開から導く競馬予想を行っとります。東京新聞杯は、距離1600mと安田記念と同じ施行条件ですね。前哨戦とは違いますが、今年の安田記念を占う上でも大事なレースでしょう。出走頭数は16頭、発走時刻は15:45です。本命にはサトノアレスを選択。対抗にはクルーガー、単穴ディバインコード、連下リスグラシューとハクサンルドルフの2頭の計5頭の印です。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク