アメリカジョッキークラブC2015の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2015年1月25日に中山競馬場で開催される第56回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の展開から導く競馬予想です。

初めに書いておきますが、なんだかんだ本命はゴールドシップです。やっぱり1頭だけ、突出してこれまでの実績が違いますもんね。これまで制したGⅠは皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念と実績が抜けていますよね。仮に勝てないとしても連はハズさないと思うんですけどね。発走地点で何事もなくスムーズにゲート入り出来れば確勝級でしょう。

まぁ何が起こるか分からないのが競馬ってもんですけど、パチンコの激熱の文字が踊るより、ゴールドシップが勝つ方が当たる確率は高そうだなと思うんですけどね…なんだよあのヱヴァ9の下から飛び出してクルクルクルーって回って激熱って表示されるあの変な物体は。2回見て、2回ともハズシしたは…。両隣も1回ずつハズシて、あの演出が入ったの計4回見て、当たったのを見たことないわー。マジで腹立ったわー。1回目のその演出入って、ドヤ顔で火をつけたタバコの置き場にマジで困ったわー。全く当たらんわー。ヱヴァ9でまだ一度も大当たり引けてないわー。結構な金額ぶち込んでるけど、一度当たりを見たらとりあえず辞めようと思っているのに、0回転から回しても500回転くらい回されて心折られて辞めちゃうわー。その前はモンキーターン回してたけど、結局、ぶち込んでぶち込んで、当たり1回で3回くらいしか継続しなかったわー。モンキーターンとヱヴァ9を合わせると有り得ない損失だわー。ってか、ヱヴァ9に関しては、両隣すら当たったのを見たことないわー。マジで逆神としての存在というより、我が身から全ての負のオーラを発してる気がする…。

……ん!?

やぁ!そんな負のオーラを発するブログを見てしまったんだね!(ニッコリ)

ヱヴァ9の負け分は、競馬で獲り戻す(`・ω・´)

だけど、私はそう願わずにはいられないッ!

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

出走予定馬の時点で気づいていたんだけど、逃げ馬という逃げ馬がいないこのレース。逃げ馬がいないってことは、レースがどうなるか分からないという点で見れば、荒れる可能性も十分に秘めていると思います。

まあ恐らくはクリールカイザー辺りが押し出されて前にいくんじゃないかなと思うのですが、パッションダンスが果敢に前に出て行くかもしれませんね。

先行勢を見ていくと、マイネルフロスト、エアソミュール、ユニバーサルバンク、ミトラ辺りが考えられますが、なんだか”出たとこ勝負”という感じが否めなくもない。

だけど、基本的にはスローの上がり勝負になるんじゃないかなと思っています。ゴールドシップがいるので、積極的に逃げて目標になってくれそうな競走馬も見当たりませんしね。

そうなると前残りに警戒したい1戦だなと感じます。

予想の印はコチラ

第56回 AJCC(GⅡ)
馬番 競走馬名
本命 ゴールドシップ
対抗 フェイムゲーム
単穴 フラガラッハ
連下 マイネルフロスト
ミトラ

印を付け終えて

ということで、本命にはゴールドシップですね。これまでの実績は言わずもがな、というところでしょうか。追い切りを観た感じでもデキ落ち感は感じませんし、そもそも有馬記念からスタートしたみたいな部分はありますからね。叩き2戦目というところを勘定しても、前走程度のパフォーマンスは十分に発揮できると見ていいのではないでしょうか。

対抗にはフェイムゲーム。距離的に短いのかなと思うのではありますが、昨年3着に入ったレースですし、今年は1つ着順を上げて2着には食い込んでほしい。

単穴にはフラガラッハ。穴馬ならばこの競走馬じゃないかなと思っています。オールカマーではマイネルラクリマに0.1秒差の競馬を見せてくれました。前走天皇賞秋では二桁着順も0.8秒差と逆転は可能な圏内。昨年のこのAJCCでも0.1秒差の5着と決して走っていないということはありません。また、AJCCの過去10年のデータと傾向でも書いたように、鞍上の横山典弘騎手は過去4勝を挙げている騎手で勝率57.1%。

連下には先行して残れそうな競走馬を2頭選びました。いずれも追い切りは動けていたと思うし、問題ない2頭だと見ています。

というところで、アメリカジョッキークラブカップの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)