全日本2歳優駿2018の予想は難解だけれどデルマルーヴルから3連複勝負で

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2018年12月19日に川崎競馬場で開催される第69回全日本2歳優駿の展開から導く競馬予想です。全日本2歳優駿は、距離1600m、出走頭数は14頭、発走時刻は20:10となっています。

JRAでは阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティステークスの2つが行われましたが、このレースは2歳ダートの頂点を決めるレースと言っても過言ではないでしょう。

登録馬を見ると、JRAからはメイクハッピーとデルマルーヴル、ショウナンガナドル、ガルヴィハーラ、ノーヴァレンダの5頭が出走してきました。
他地区からは北海道所属馬が4頭、マイティウォーリアとイグナシオドーロ、エムオータイショウ、ウィンターフェルが参戦してきました。

まだまだ2歳馬のこの時期くらいまでは北海道所属馬が優勢だったりするんですけど、今年の場合はJRA馬が本気中の本気どころが集まったという感じで、例年以上に好メンバーなのではないかと思いますね。ワクワクです。

前日最終オッズを確認すると、1番人気はガルヴィハーラで2.2倍。2番人気はミューチャリーで4.1倍。3番人気はメイクハッピーで6.1倍。4番人気はノーヴァレンダで6.3倍。5番人気は8.8倍でデルマルーヴルとなっていて、ここまでが単勝10倍を切るメンバーとなっています。

6番人気のウィンターフェルが27.2倍なので、上位5頭が人気を集めているという感じですかね。

前書きで特に書くこともないので、スッタカスッタカと予想を行っていきますね。

スポンサードリンク

展開的にはイグナシオドーロが果敢に行くはず

展開予想です。基本的にはここまで逃げ続けているイグナシオドーロがハナを主張していくのかなと思うのですが、今回距離短縮。

展開考察では、前走の距離も鍵となるのですが、前走短距離の場合はそれだけ序盤からスピードが上がっている状態です。競走馬というのは、前走と同じように走らなくちゃと思う生き物だとか。そのため、前走距離が短いところを走ってきたメンバーの方が楽にハナを主張できるということらしいです。

その点で言えば、エムオータイショウの方が果敢に行きそうな気がするし、距離短縮組だけど快速飛ばしてノーヴァレンダが行きそうも気がする。

気がする気がするばかりだけど笑、なんかだんか前半のペースは上がると見ています。基本的に先行勢が揃った感じなので、最後はバテバテになりそうじゃないかなと。

となると、後方勢にもチャンスがあるんじゃないかなと観ています。

ということで、本命にはデルマルーヴルにしました。
今回距離延長になるので、どうしようかなと思ったんですけど、距離延長はプラスに働きそうな走りをしていました。
前走は外を回す必要がありましたが、しっかりと先着していますし、問題なく走れていますよね。

と、ここで印を出しておきますね。

全日本2歳優駿の予想の印はコチラ

馬番 競走馬名
本命 デルマルーヴル
対抗 ガルヴィハーラ
単穴 ミューチャリー
連下 メイクハッピー
ウィンターフェル

印を付け終えて

ということで本命にはデルマルーヴルにて。

不安材料と言えばただ1つ。C.ルメール騎手がガルヴィハーラに騎乗しているという点。
だけど、M.デムーロ騎手を確保しているので問題ないのではないのかなと思って、意気揚々と選んでいます。

そのガルディハーラを対抗にしました。
前走のプラタナス賞を観た感じだと、芝スタートだからちょっとスタートのスピードが足りない感じがしましたけど、前に競走馬を置いてしっかりと走れています。
着差を見ると不安もあるんですけど、届くのかなというところから突っ込んできているので末勝負になれば十分にチャンスはあると感じます。

対抗にしたのは中山競馬場と東京競馬場と広いコースしか経験していないこと。やっぱり川崎競馬場は小回りで、コーナーの角度があるとちょっと厳しいような走りにも見受けられたんですよね。その点を嫌って。

あとは妥当かなというところを選んだつもりです。

連下ですけど、ウィンターフェルを選択しました。
北海道所属馬ですけど、前走は1着入線後に2着判定とはなりましたけど、一応1着扱い。
その運も味方に活躍して欲しいかなという思いは1㎜くらいで、前走の走りを観た感じだと、こっちの方が面白いのかなと思いましたので。

ということで、全日本2歳優駿の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました(●´ω`●)