青葉賞2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年4月29日に東京競馬場で開催される第24回青葉賞の展開から導く競馬予想です。青葉賞は、距離2400m、出走頭数は12頭、発走時刻は15:45となっています。

昨日の午後一くらいに、「この時期の木の葉っぱの色は綺麗だね」って話を、いくつだよって年齢ではありますが、丁度していたんです。そう、気づけば青葉賞の季節です。青葉賞と言えば、日本ダービートライアル。上位2頭(だったかな)には優先出走権が付与されるレースですね。

日本ダービーには無縁のトライアルと言われてきましたが、度々馬券には絡むようになってきましたよね。というか、漂う”あと一歩”感って感じですね。

さて、今年のメンバーを見ると、人気しているのはアドミラブルですね。記事更新時(29日午前6時30分現在)では1.8倍と人気を集めています。

2番人気にはポポカテペトルで7.2倍、3番人気には7.7倍でトリコロールブルーとなっていて、ここまでが単勝オッズ10倍を切るメンバーですね。

あとは、ベストアプローチが11.0倍で続きますが、こちらは恐らく1桁になることはないのかなぁと思いますがどうでしょうかね。

ただ、外枠と言われる7枠と8枠に、上位人気が入りました。少頭数なのであまり関係がないと言えば関係がないかもしれませんが、一応は気にしておきたい項目ですね。

当日の朝の更新となりましたので、スッタカスッタカと予想を行っていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

内枠のアグネスウインとポポカテペトルなどが飛び出していくと思いますが、タガノアシュラが制してハナを奪っていくのではないでしょうか。

前走、逃げることになったイブキは、今回のレースは外枠スタート。逃げたくて逃げたわけでは無さそうで、気づけばハナにいたという感じですので、今回は控えるのかな。

レース自体は、ハイペースに傾くことはないと見ています。あっても平均ペースだろうと思いますが、その可能性も小さいのかなと思いますね。スローから超スローくらいで組み立てていいのではないでしょうか。

以外にも、過去の青葉賞を見ると差しタイプが活躍していて、勝率7.5%、連対率は13.8%です。複勝圏内率は23.8%で、この数字はどの脚質よりも高い数字ですね。ちなみに、先行馬の成績は勝率6.1%、連対率15.2%、複勝率18.2%です。逃げ馬の勝ちはありませんが、連対率10.0%と1頭だけ2着に入っています。追い込みに関しても、来ないということはないですが、後ろ過ぎても厳しいのかなというデータも出ています。

その他、色々なデータを見ながら印を回していきたいと思います。

予想の印はコチラ

第24回 テレビ東京杯青葉賞(GⅡ)
馬番 競走馬名
本命 アドミラブル
対抗 ベストアプローチ
単穴 ダノンキングダム
連下 アドマイヤウイナー
マイネルスフェーン

印を付け終えて

ということで、本命には人気に逆らわずアドミラブルを推奨したいと思います。まぁどうなんですかね。今年の3歳世代って、結局毎日杯を優勝したアルアインが皐月賞を制して、2着ペルシアンナイトは前走アーリントンカップを制していて、スプリングステークスの勝ち馬ウインブライトは8着、弥生賞を制したカデナは9着で、いずれのレースの上位馬は、皐月賞で沈んでいるんですよね。ダンビュライトが弥生賞3着から、本番でも3着に入りましたけど、そのくらいかなと思います。

まぁ、何が言いたいのかというと、今年の弥生賞とスプリングステークス、それぞれのレースはレベルは低かったんじゃないかなと思うワケです。

それならば、アザレア賞を圧勝したアドミラブルに期待したい、という意味を込めまして。

それ以下も、そこそこやれそうなのかなというところを選んでいます。12頭立てなので、ここは当てたいなぁと思っているんですが、どうでしょうか。

ちょっと端折った感満載の記事ですが、こんなところで青葉賞の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. くーちゃん より:

    おめでとうございます。
    アドミラブルはまだまだ本気で走ってないようですが完勝
    ミルコは本番ではこちらを選ぶでしょうね!?
    大寒桜組も来るパターンでワイド6-10は5番人気でした。

    もしかしたら青葉賞組は勝てないジンクスを破れるかもしれませんね。
    ただこれまた厳しいレースをしていないのが不安材料ではありますが・・・

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      アドミラブルは、逆に言えば伸びそうで伸びなかったという印象は受けましたね。2段ロケットではないですが、抜け出しを図るとき、そして、後ろからベストアプローチが伸びてきたときにもう1回加速した印象を受けます。

      今年の牡馬路線は本当に混沌としていますねー。
      個人的には、そこまでハイレベルな1戦ではなかったように思いましたので、少々微妙な印象です。
      だけど、くーちゃんさんがおっしゃるように、今年こそ青葉賞組が勝てるかもしれないと思えます。

      また遊びに来てください!

  2. マル より:

     KAUZさん、今晩は。おめでとうございます。幸先が良いですね!
    私も買いましたが、1着のみ当たり。最近穴狙いばかりで、勝率も3割を切りそうです(笑)。天皇賞、こちらに入れますね。普通に予想します。
    ◎キタサンブラック
    〇アルバート
    ▲サトノダイヤモンド
    △シャケトラ
    △シュヴァルグラン
    ×ディーマジェステイ
    アルバートは、3000走ったあとの上りに期待。抜けないまでも、追いつくまでは何とか。サトノは似た様な足なので。シャケとシュヴァルも似た様な感じで、先行すれば何とかなりそうなりそうな…。
    それでは買われる方のご幸運を祈ります。