朝日杯フューチュリティステークス2014の結果と動画

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2014年12月21日に阪神競馬場で開催された第66回朝日杯フューチュリティステークスの着順結果と映像動画、配当払い戻し情報の掲載です。

着順結果

着順馬番馬名騎手タイム体重人気
12ダノンプラチナ蛯名正義1:35.947261
26アルマワイオリ勝浦正樹1:36.03/4470214
314クラリティスカイ岩田康誠1:36.13/4484123
41ネオルミエール柴山雄一1:36.33/446606
512アクティブミノル武豊1:36.3アタマ482-49
615タガノエスプレッソ菱田裕二1:36.41/244647
716ブライトエンブレム田辺裕信1:36.4クビ48282
89アッシュゴールド池添謙一1:36.5クビ436-24
93コスモナインボール柴田大知1:36.71 1/4472210
105タガノアザガル四位洋文1:36.91 1/2440218
118ナヴィオン福永祐一1:36.9クビ46225
1211ワキノヒビキ北村宏司1:37.32 1/2486415
1310ジャストドゥイング川田将雅1:37.6544813
147セカンドテーブル戸崎圭太1:37.83/4448611
154ケツァルテナンゴ浜中俊1:37.91/2480-212
1617ペイシャオブロー和田竜二1:38.53 1/24941216
1718メイショウマサカゼ太宰啓介1:39.4504417
1813ペプチドウォヘッドR.ムーア1:41.9大差460-68
配当払い戻し
組番金額人気
単勝2460円1番人気
複勝2190円2番人気
61,060円14番人気
14180円1番人気
枠連1-36,160円19番人気
馬連2-614,050円35番人気
ワイド2-64,030円39番人気
2-14440円1番人気
6-144,520円45番人気
馬単2-620,260円56番人気
3連複2-6-1420,560円58番人気
3連単2-6-14133,570円371番人気

簡単な回顧

私の予想朝日杯フューチュリティステークス2014の予想はこちらから、どうぞ。

泣き土下座AA

全くダメダメだった。自分でも引いた汗

優勝はダノンプラチナでした。2週続けて、ディープインパクト産駒×蛯名騎手×関東馬ということで、なんだか先週のレースを見ているようでしたね。直線でも蛯名騎手が後方を2度くらい確認する余裕がありました。

2歳重賞は1番人気が勝てない流れもようやく朝日杯FSで途切れましたね。変な流れはどこかで断ち切ってくれないといけませんからね、よかったです。

2着に伏兵馬のアルマワイオリ、3着にクラリティスカイが入りました。

稍重のコンディションですが、馬場の真ん中から外がよく伸びるような印象ではありました。だけど外から追い込むと届かないという今日の馬場コンディションだと思います。セカンドテーブルがすんなりハナに立ち逃げていくものと思っていたんですが、武豊騎手騎乗のアクティブミノルが逃げる展開に。前半3F 34.9秒―後半3F 36.1秒、1000m通過が59.8秒とややペースが上がった前半と見ていいのではないでしょうか。馬場の影響もあり逃げたアクティブミノルが5着に踏みとどまって掲示板を確保していますが、出遅れて後方からの競馬となったネオルミエールが4着と、前がパタリと止まったとも言える内容だと思います。

本命に推したブライトエンブレムは7着。やや出遅れてから最後もあまり伸びきれませんでしたね。位置取りもチグハグ感を感じるし、次を見てみたいなと思います。

アッシュゴールドは色々な見方ができると思うんですけど、上がり3Fが35.5秒とメンバー中2位タイの上がり脚も、残り100mでパッタリと止まったように見えるんですよね。距離に問題があるとは思いませんが、力のいる馬場だと止まってしまうのかなと感じますね。

ただ、これはあくまで私の感想ですけど、ダノンプラチナは皐月賞は中山競馬場だから難しそうだし、ダービーは距離的に疑問符だし、クラシックで活躍できるかには少し懐疑的に見ています。逆にネオルミエール辺りは面白いんじゃないかなと今日のレースを観ていて感じました。

というところで、朝日杯フューチュリティステークス2014の結果と動画を終わりたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました