阿蘇ステークス2015と新潟日報賞の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2015年8月15日に小倉競馬場で行われる阿蘇ステークスの展開から導く競馬予想と新潟日報賞の展開から導く競馬予想です。順番に書いていますので、新潟日報賞をご覧になりたい方は、下までスクロールしてご覧ください。

スポンサードリンク

阿蘇ステークス

まずは阿蘇ステークスの予想から。このレースは距離ダ1700mで競われるオープン競走でハンデ戦です。発走時刻は15:35となっています。

記事更新時現在ではランウェイワルツが1番人気に支持されています。単勝オッズは1.8倍。まぁ前走は非常に強い勝ち方でしたし、1番人気は仕方がないのかなと思いますね。元々降級しての準オープンなんですけど、またオープンに戻ってどうなのかというのが鍵となりそうですね。

ほんでは予想です。

展開と印はこう組み立てました

ここは斤量が軽いセイカフォルトゥナが自分のレースに持ち込みたいと思っているはずで、積極的な逃げを見せてきそう。斤量48.0kg、逆に松若騎手の体調が心配です、と思ったけど、体重42.7kgしかないやないか。ってか、スゲーな。

話が逸れましたが、先行していきそうなのはキングヒーローは逃げるセイカフォルトゥナと近いところで、セイカフォルトゥナが行かないのであれば、こちらが枠の利で積極的に行きそうな気がしますね。メテオロロジストが3番手、その外にサウンドアドバイス、キクノソルは5番手の位置取り。大外クラージュドールが6番手辺りを追走してという流れが予想されます。

流れは淀みなく進むのではないかというのが私の読み。スローでもハイペースでもなく、平均的に流れていくんじゃないかなと思います。

予想の印はコチラ

阿蘇ステークス
馬番 競走馬名
本命 ランウェイワルツ
対抗 キクノソル
単穴 トウシンイーグル
連下 クラージュドール
キングヒーロー

印を付け終えて

ということで、ランウェイワルツを本命に推奨して勝負したいと思います。オッズ的な旨味はないかもしれませんが、前走は内容は凄く良かったんじゃないかなと私は思っています。今回も前走の流れを引き続きキープ出来れば、ここは好走可能でしょう。

対抗キクノソルも人気馬ですし、クラージュドールキングヒーローも人気馬なので大きな声では言えませんけど、なんかガチガチで決まりそうな気配です。

新潟日報賞

引き続き、新潟日報賞の予想を行っていきたいと思います。このレースは準オープンで、芝1400mで競われるハンデ戦です。出走頭数は18頭とフルゲート、発走時刻は15:45となっています。

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張していくのはどの競走馬やろ。前々でレースを進めるといえば、ゼウスかサンブルエミューズ、ダノンシーザーの名前を挙げられるんですけど、どの競走馬もここを逃げていこうと思っていなさそうな面々ですよね。2走前に一応ダノンシーザーが逃げて勝っていますが、続くレースでは2番手から3番手を追走してのレース運びで、無理にハナには立ちませんでしたし、その他もやや促されているかな程度で、かなり押して押してというのは見受けられないんですよね。

まぁだけど、前走を見る感じだと、誰も行かないのであればゼウスが前でレースを進めそうなので、ゼウスが逃げる形になるんじゃないかなと思います。

上記で名前を挙げた3頭以外にも、先行馬も揃った格好で、だけども、積極的な逃げてもないですし、前半はややスローの流れから、瞬発力が決めてとなりそうな気がしますね。隊列はやや詰まった形で、そこからゴール前もかなり混戦での決着となるのではないかなと見ています。

予想の印はコチラ

新潟日報賞
馬番 競走馬名
本命 サンブルエミューズ
対抗 ダノンシーザー
単穴 マーブルカテドラル
連下 アンジェリック
サトノキングリー

印を付け終えて

ってなとこで、本命にはサンブルエミューズを推奨したいと思います。久々の1400mという点は気になるものの、距離が伸びても特に問題ないと思うんですよね。いつもより斤量も軽くなる今回は、かなり好勝負を演じてくれるだろうと思っています。

対抗にはダノンシーザー、1番人気ですが斤量も手頃の53.0kg。前走はデムーロ騎手で勝ち切っていますので、続けて乗るので好勝負に期待したいと思います。

その他、基本的に4角で1桁着順を追走していて、尚且つそこから脚をグイッと伸ばせる競走馬に印を回した格好です。基本的には前が有利やないかなと思ったものの、先行しそうな競走馬が残る気がしなかったってのが理由ですかね。

ってなところで、阿蘇ステークスと新潟日報賞の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)

タイトルとURLをコピーしました