クラウンカップ2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年4月5日に川崎競馬場で開催される第20回クラウンカップの展開から導く競馬予想です。クラウンカップは、距離1600m、出走頭数はパッショノンが取り消して13頭立て、発走時刻は20:15となっています。

クラウンカップは羽田盃トライアル。上位2頭(連対馬)には、クラウンカップへの優先出走権が付与されるレースです。

JRAの牡馬クラシックと日程的にはほとんど一緒だと記憶していたんですが、羽田盃が開催されるのは5月10日。ちょうど1ヶ月先なんですね。皐月賞が来週に迫っていることを考えると、なんかちょっと遅いですね。日本ダービーと東京ダービーは同週開催なので、ここも合わせてくれたらもっと盛り上がりそうな気もしないでもないですよね。

ナイター開催ですが、まだまだ夜は肌寒い季節。現地観戦される方は十分に寒さ対策を行ってから行かれてくださいね。

そんでは、印を回していきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張していくのはバンドオンザランと見ていいのではないでしょうか。前走も抜群の飛び出しを見せてからレースを引っ張る形になりましたが、あのスタートが出来ればここでもハナへという競馬になるのではないでしょうか。

それでも、同型らしい同型というワケではないですが、ローズジュレップやサイバーエレキングは、積極的な競馬を見せる1頭でもあるので、その点を考えれば、譲らない構えならば少々ペースが上がることも想定しておきたいメンバー構成です。

ただ、メンバーを見渡して思ったのが、隊列は早めに決まりそうだし、ダラダラとしたペースにはならないのかなという印象を受けます。

先行勢と後方組ときっちりと分かれそうではありますが、4回コーナーを回る1600m戦だけあって、最初の直線は多少のポジション争いがあるかもしれませんが、1角に飛び込んでいく頃には隊列は決まってしまいそうですね。

極端なペースにはなりようがないような気もしますので、平均ペース辺りで組み立てていいのではないでしょうか。

川崎競馬場らしい、先行馬決着も十分に考えられそうですね。

予想の印はコチラ

第20回 クラウンカップ(SⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ローズジュレップ
対抗 サヴァアルジャン
単穴 ブルーマネー
連下 ナルカミ

印を付け終えて

まぁなんて言うのかな、こんなことを書くのは予想ブログとしてはダメだと思うんだけど、上記の4頭以外に走ってきそうなメンバーがちっともわからなかったんよ(`・ω・´)

っていうか、こうやって見ていくと、実は何気に玄人向けのレースって感じですね。力関係を見ていくのが非常に難しい…。

もっと言えば、本命のローズジュレップと対抗のサヴァアルジャンの2頭はすんなりと決まったんだけど、単穴のブルーマネーと連下に指名したナルカミの2頭にするまでに時間を要したんで、いつもの5頭にしようとするとかなり迷うなぁという気がしたんで、今日はサラッと4頭で予想を組み立ててみました。

前日オッズが1.9倍のローズジュレップですが、ここはさすがに堅いのでは。ここで敗れる、しかも大敗とかになると、今年の南関牡馬クラシック路線はヒガシウィルウィンとかで決まってしまいそう。

ってなところで、クラウンカップの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. くーちゃん より:

    圧倒的人気のローズジュレップが力差を見せつけ完勝(^^)/
    付いて行ったバンドが下がっていく中、好位で控えた人気薄2頭が差し込んで荒れましたね。
    ん~私には逆立ちしても買えない馬券だ(/ω\)

    夕方時間があったので日曜の桜花賞データーを調べていていたんですが
    クイーンカップ→桜花賞で勝った馬っていたんですね
    1976年テイタニヤ・・・かなり前だ
    ん~現代競馬においてはやはり頭は厳しいかな~!?

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんにちは、コメントありがとうございます!

      ローズジュレップは圧巻の走りですよね。
      素晴らしい走りで後続に7馬身差を付ける文字通りの圧勝でした。

      2着セイジーニアス、3着ラッキーモンキーの馬券は、私も買えませんねー。

      クイーンカップ→桜花賞で勝った馬っていたんですね
      1976年テイタニヤ・・・かなり前だ

      そうですねー、チューリップ賞が王道路線となっている昨今、クイーンカップ組は2着が限界というデータが揃っていますね。
      アドマイヤミヤビは、2着が限界なのかな、そう感じるデータですね。

      また遊びに来てください!

  2. マル より:

      KAUZさん、こんにちは。今日は振休です。
     桜花賞のネタですが、面白いのでこちらに入れておきます。例のT本式のデーター。
    「桜花賞・皐月賞のテレビCMは「なんて読むの?」編。柳楽と松坂が電話で会話。松坂はトイレの前でウロウロ、あいにく大の方が満員。ようやく一つ空いて駆け込むというシーン。出る、出す注意。中略。違う視点では桜花賞は3から8枠のみのレース。2枠が連対したのは21年前1996年ファイトガリバー1着。1枠は23年前1994年オグリローマン1着のみ。(3連複は別)」
     さて今年は?最強牝馬が1、2枠に入ったら100パーセント買いですね(笑)。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんにちは、コメントありがとうございます!

      桜花賞ネタ、ありがとうございます。
      今回のサインからは、ソウルスターリングが7枠14番なので、なかなか厳しいサインになっちゃいましたね。

      2枠が連対したのは21年前1996年ファイトガリバー1着。1枠は23年前1994年オグリローマン1着

      くーちゃんさんにも同じことが言えますが、お二人とも凄く調べていらっしゃいますね(^_^;)

      私は過去10年、どんなに遠いデータでも20年しか見ていないので、お二人には脱帽するばかりです。

      振替休日が金曜日ってのも珍しいですね。
      ってことは、週末は仕事なんですかね。
      だとすると、大変忙しい桜花賞を迎えそうですね。

      まぁ、私も日曜日は朝から出事が続くので、なかなか忙しいと言えば忙しいですが、15時には帰れるスケジュールを組んだので、テレビの前でゆっくりと観戦したいと思います。

      また遊びに来てください!