エリザベス女王杯2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年11月12日に京都競馬場で開催される第42回エリザベス女王杯の展開から導く競馬予想です。エリザベス女王杯は、距離2200m、出走頭数は18頭、発走時刻は15:40となっています。

さて、牝馬限定GⅠですね。なぜか最も不得意としているレースという印象なんですけど、牝馬は走り時が分からんなんだって感じです。

前日記事更新時(11月11日23:00)の1番人気はヴィブロスで3.0倍。2番人気にはルージュバックで5.9倍。以下、3番人気は7.0倍でディアドラ、4番人気8.0倍でモズカッチャン、5番人気が8.2倍でミッキークイーンとなっていますね。

前走2着に敗れたヴィブロス、休み明け、最後は内で包まれて自由に動けなかった等々で、度外視して考える人が多いってことなんですかね。

個人的にではあるんですけど、ヴィブロスって2200mってどうなのかなと思う部分もあるんですよね。前走は前が開いた最後の部分は加速していきましたから、1800mの距離は問題ないのかなと思います。だけど、最後の部分だけ走ったので、その点では距離延長も十分に良さそうと思うんですけど、前が開いて追い出しがもっと早かった場合は、距離が持つのかなと思う部分はあるんですよね。今回、2200mという距離自体は初めてなので、未知数ではあるのにここまで人気になるのかぁという気はしています。

だけど、エリザベス女王杯の過去10年のデータと傾向では、1番人気の競走馬は、勝率20.0%ではあるものの、連対率60.0%、複勝圏内率80.0%となっていますので、押さえておいていいのかなと思いますね。また、最終オッズで単勝2.9倍以下の人気――と書くと難しいですが、1.0倍~2.9倍までになると、複勝圏内率100%という安定感……と、ここまで書いて思ったんですけど、2.9倍までの人気に支持されれば複勝圏内率100%なんですけど、3.0倍以上の数字のオッズになった場合は、過去の傾向的には【 0- 2- 0- 2】。要は、1番人気でも3.0倍以上となった競走馬は、勝率0%、連対率50.0%ってことになるんですよね。

記事更新時は3.0倍なんですけど、データ的にはちょっと不吉なのかなと思う部分もあるんですよね。んー、ちょっと難しい取捨選択です。

んー、個人的にダメだなと思うのが、断然という競走馬は疑いたくなるし、ヤバいって感じの競走馬は応援したくなる…プロ野球でも万年Bクラスのチームを応援したくなるような、そんな気持ちですね。今年の日本シリーズ、福岡県民の願いはソフトバンクホークスの日本一なんですけど、3連勝したあとは、どこか横浜を応援していた自分もいましたからねぇ。それが、マイナス要因ばかりを書いてしまったら、逆にヴィブロスを応援したくなる、そんな気持ちですかね。

過去のデータ的にも、これッという競走馬もいなくて、今年のエリザベス女王杯はとても難しいなぁと思うのだけれど。

ってな感じではありますけど、印を打っていこうと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

エリ女の展開と印はこう組み立てました

ハナを主張していくのはクロコスミアでしょう。前走と前々走は逃げて勝っていますので、ここは思い切った騎乗をしてくるでしょう。

クロコスミアを追う形で、マキシマムドパリやエテルナミノル、ジュールポレールが外から、トーセンビクトリーやクインズミラーグロが内から追いかけていくものと思われます。

先行勢はある程度揃った印象で、その他脚質がよく見えてこないクイーンズリング、いつも先行しているルージュバック辺りが、先行勢の底の方で競馬をしてくるのかなと見ています。ルージュバックはエテルナミノルが大外から内へ切り込みながらとなると、その影響を受けそうな気がするんですけど、どうですかね。なんかゴチャゴチャしてやや出遅れつつポジションを取りにいったら前半で脚を使ってしまったというのも考えられるだけに、難しい選択なのかなと思います。前走はオールカマーを勝ったとは言え、多頭数の内枠スタートでしたからね。今回は外枠スタートだけに、外は走りたくないと思うので、どうR.ムーア騎手が内へ入れていくのかに注目ですね。

末脚一騎とまではいきませんが、後方勢も揃いましたね。クロコスミアはガンガン逃げるタイプではないし、どちらかというと引き付けて逃げるタイプなので、ペースがグッと上がることはないのかなと思います。

スローの流れっぽいなってのが直感的な読みなんですけど、前半のペースが上がる要素がないというと早計な答えなんですけど、隊列決まればややゆったりと流れていくのかなと見ています。上り勝負になりそうなのかなと思うんですけど、いかがでしょうか。

エリザベス女王杯の予想の印はディアドラ本命視!

第42回 エリザベス女王杯(GⅠ)
馬番 競走馬名
本命 ディアドラ
対抗 ミッキークイーン
単穴 ヴィブロス
連下 スマートレイアー
リスグラシュー

印を付け終えて

ということで、本命にはディアドラを選択しました。基本的には、秋華賞1着馬はフォローしておいていいレース。今回は単穴としましたけど、ヴィブロスも押さえておいていい競走馬です。

ディアドラは追い込み一辺倒というよりも、4角までには10番手以内に順位を上げているので、そこまで後方勢という意識はありません。ポジションを上げていけるというのは前向きに評価していいのでは。

対抗にはミッキークイーンを。前走が宝塚記念というのが怖いんですけど、昨年もヴィクトリアマイルから直行で3着を確保しています。宝塚記念で結果を残せているので、オークスと秋華賞に続くGⅠ3勝目があってもおかしくないのかなと思います。

んで、単穴にヴィブロスを。記事を書いているあいだに、3.1倍になってしまって、前書きに書いた部分がいよいよ心配になってきたんですけど、勝ちはどうなのかなぁと思うんですよね。距離不安というか、ベストは1800mだと思うんですけどね。秋華賞を制していますけど、そのときの2着馬パールコードは、その後迷走中。3着カイバザールは1000万条件で足踏みという状況。どうも手薄なメンバーに勝ったのかなと思うだけに、この距離がいいとは言い切れないのかなと見ています。

連下の2頭は、それなりのところを選んだのかなと思います。スマートレイアーは年齢的にどうなのかなと思ったんですが、距離短縮組は買えるしなぁという感じだし、今年は京都記念2着、京都大賞典1着と、京都を舞台に活躍中。押さえておいていいのでは。もう1頭のリスグラシューと、連下の2頭は前走武豊騎手が跨った2頭ではあるんですけど、今回乗り替わった福永騎手は、トーセンビクトリーを下ろされてのことだと思います。みな思ったと思いますよ。武豊騎手が怪我して、福永騎手になりましたって発表があった時に、いやいやお前空いてたんかいッ!って。トーセンビクトリーには勝ちたいはずだし、ってことを選びました。展開的にはどうかなと思ったんですけどね。それこそトーセンビクトリーの買い時やろとは思ったんですけど、意地の走りに期待したいと思います。

あまりに負け過ぎて、そろそろおまんまが食べれなくなる…とまでは言いすぎですけど、そろそろマジでJRA貯金をおろしたい。

ってなところで、エリザベス女王杯の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. マル より:

      こんにちは。
     サインでは「赤」「紅」「4」が出てくるのですが、3歳馬の感じもあり、赤枠ならモズの方が上かな?とりあえず⑦⑩⑫も少しだけ組み合わせに入れることにしました。

  2. マル より:

     こんにちは。
    ⑩入れて正解でした。それにしてもサイン通りの決着。クロコスミアちゃん頑張ってくれました。
    来週も楽しみましょう!

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんばんは!コメントありがとうございます!

      サイン通りの決着でしたか…凄いですね!嬉しいという感じが、文字を通して伝わってきます笑

      私はちんぷいかんぷいでしたので、次のGⅠこそはと思っております。
      また遊びに来てください!