エンプレス杯2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年3月1日に川崎競馬場で開催される第63回エンプレス杯の展開から導く競馬予想です。

エンプレス杯は、距離2100mで行われる牝馬限定ダートグレード競走で、出走頭数は13頭、発走時刻は16:30です。

JRAからは、ブランシェクールとタマノブリュネット、ヴィータアレグリア、ワンミリオンス、タイニーダンサーの5頭が参戦してきました。

人気の中心はJRA馬、特に前走TCK女王盃を優勝したワンミリオンス中心となり、その他もオッズ上位馬もJRA馬占めるのかなと思っていたんですが、リンダリンダが7.2倍で3番人気なんですね。

もう少し詳しく前日オッズを見ていくと、1番人気は2.2倍のワンミリオンス。2番人気はブランシェクールで4.9倍。3番人気は上記の通りリンダリンダ。4番人気はタマノブリュネットで7.3倍。5番人気はヴィータアレグリアで9.1倍。そして6番人気が9.5倍のタイニーダンサーという形になっていますね。

このメンバーであれば、やはり前走のTCK女王盃で優勝したワンミリオンスを中心視したいところではあるんですが、先行力があるリンダリンダも侮れない存在だと思いますね。

直線が短い川崎競馬場でのレースですので、先行力が必要不可欠になるんですが、距離適性も必要になってきます。

1600mを中心に活躍していたメンバーが、追走で一杯になることもあるので、その点を考慮して、中距離適性の高い先行馬を狙うのがベターなのかな、そんな風に思っとります。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

逃げ馬ってどれ? 逆にみなさんに質問したくなるメンバーですね。笑

うーん、恐らくはヴィータアレグリアが押し出されるような形で前々に行くんじゃないかなと思うんですが、騎手が船橋所属の森泰斗騎手なんですね。

恐らくは、ある程度出していってくれというような指示が出るんじゃないかなと思うんですが、先手に立つとなると手綱を引きそうな、そんな気もしないでもないです。

代打騎乗なので、そこまで調教師との関係を気にしなくていいとは思うんですが、どうでしょうか。

結局は、逃げ馬不在で、尚且つ先行馬も手薄な印象を受ける今回のレースは、どスローの流れになるのは間違いないんじゃないかなと思います。最初の直線から一団となって進むと思います。

例外は地方馬。ペースが落ち着くと思うんですが、2週目に入るくらいになると脱落していく競走馬もいそうな気がします。

瞬発力勝負になると思うんですが、仕掛けどころも難しいレースになりそうで、騎手の手腕も問われるレースになりそうですね。

予想の印はコチラ

第63回 エンプレス杯(JpnⅡ)
馬番 競走馬名
本命 ワンミリオンス
対抗 ブランシェクール
単穴 タマノブリュネット

印を付け終えて

ということで、本命にはワンミリオンスを選択しました。

特にこれという理由もないんですが、比較的前でレースを進める1頭ですので展開的にもそこまで劣勢になることはないのかなと思います。

ただ、瞬発力という点で言えばどうなのかなと思ってしまいますよね。前走も並んで突き放すまで時間が掛かったのが多少気になる部分です。

対抗にはブランシェクールを。

前走は1000万条件を勝っているので、今回は格上挑戦という形でしょうか。

その前走は200mを切ったところでさらに加速していく走りを披露し、後続に3馬身半の差をつける内容。

今回は、そこまで時計は出ないと思うので、持ち時計よりも展開面を強く意識したいなと思うので、今回は選択することにしました。

単穴にはタマノブリュネットを。

先行力には疑問が残るものの、今回のメンバーであれば3着には入っているんじゃないかなと思うので。

直感を信じてみたいと思います。

今回は、当てるだけである程度の配当が付きそうなので、少し手広く買ってもよさそうではあるんですが、まぁあと個人的に買うとすればリンダリンダくらいかなと思います。

その他の競走馬で3着以内を考えると、イメージが沸かなかったです。

ってなところで、エンプレス杯の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. くーちゃん より:

    ワンミリオンス4連勝
    頭は固かったがひも荒れでしたね。
    ホワイトフーガとどっちが強いんだろう???

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      ワンミリオンスの強さは本物ですねー。
      ホワイトフーガよりも、もしかしたら強いんじゃないかなと思っています。

      それよりも、リンダリンダの安定感の方が凄いですね。
      南関重賞で2着に敗れていますが、相手なりに走る典型例という感じがします。

      また遊びに来てください!