メンヘラ発動しているので、桜花賞の予想はありません。

フェアリーステークス2015の過去6年のデータと傾向

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2015年1月12日に中山競馬場で開催される第31回フェアリーステークスの過去10年のデータと、データから見えてきた傾向を記載しておきたいと思います。

スポンサードリンク

過去6年のデータと傾向

2009年のこのレースから施行時期が変更となり、施行距離が1600mとなったり12月から1月へと変更となった関係上、過去6年のものを利用しています。

いつものようにダーッと羅列していますので、気になった点や必要だと思う部分は各自ご自由にお持ち帰りくださいな。

所属

騎手

騎手分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦 4- 4- 3-645.3%10.7%14.7%
栗東 1- 1- 3-106.7%13.3%33.3%
外国 1- 1- 0- 416.7%33.3%33.3%

外国人騎手の活躍が目立つレース。日本人だとシェア率では美浦所属騎手が高いものの、率の上では大差なし。複勝圏内率では栗東所属騎手が好走している点は押さえておきたいポイントでしょうか。

調教師

調教師分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦 5- 6- 3-656.3%13.9%17.7%
栗東 1- 0- 3-135.9%5.9%23.5%

調教師別で見ていくと、連対率までは美浦所属が上回るものの、複勝圏内率では栗東所属が上回る結果に。ただ、シェア率では美浦所属が上回っているので、美浦がやや有利な傾向という形で押さえておけば良さそうです。

馬体重

馬体重着別度数勝率連対率複勝率
400~419kg 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
420~439kg 0- 2- 3-160.0%9.5%23.8%
440~459kg 6- 1- 1-2021.4%25.0%28.6%
460~479kg 0- 1- 2-240.0%3.7%11.1%
480~499kg 0- 2- 0-110.0%15.4%15.4%
500~519kg 0- 0- 0- 10.0%0.0%0.0%

恐らくこれが一番出ていた傾向だと思いますが、優勝馬に関しては当日の馬体重が440kg~459kgの間だった競走馬が6勝を挙げている点は見逃せないですね。

前走の時点で、この馬体重だったのは、アドマイヤピンク、オーミアリス、コートシャルマン、トラストレイカ、ヤマタケマツリ、ローデッドの6頭。

また、過去6年で当日1番人気で尚且つ440kg~459kgだった競走馬は【 3- 0- 0- 0】で勝率100%。上記の中で1番人気になるようであれば、積極的に狙っていきたい項目ですね。

枠番・馬番

枠番

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠 1- 0- 1-108.3%8.3%16.7%
2枠 1- 1- 3- 78.3%16.7%41.7%
3枠 0- 1- 0-110.0%8.3%8.3%
4枠 3- 0- 0- 925.0%25.0%25.0%
5枠 1- 0- 0-118.3%8.3%8.3%
6枠 0- 1- 0-110.0%8.3%8.3%
7枠 0- 2- 1- 90.0%16.7%25.0%
8枠 0- 1- 1-100.0%8.3%16.7%

4枠が3勝を挙げていてトップも、複勝圏内率では2枠が優勢。7枠とも複勝圏内率では並ぶ点を考えれば、アタマ以外では買いにくい枠とも言えそう。

6枠から外枠は未勝利と、中枠から内枠が優勢とみて良さそう。

馬番

馬番着別度数勝率連対率複勝率
1番 1- 0- 1- 416.7%16.7%33.3%
2番 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
3番 0- 1- 1- 40.0%16.7%33.3%
4番 1- 0- 2- 316.7%16.7%50.0%
5番 0- 1- 0- 50.0%16.7%16.7%
6番 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
7番 1- 0- 0- 516.7%16.7%16.7%
8番 2- 0- 0- 433.3%33.3%33.3%
9番 1- 0- 0- 516.7%16.7%16.7%
10番 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
11番 0- 1- 0- 50.0%16.7%16.7%
12番 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
13番 0- 2- 0- 40.0%33.3%33.3%
14番 0- 0- 1- 50.0%0.0%16.7%
15番 0- 1- 0- 50.0%16.7%16.7%
16番 0- 0- 1- 50.0%0.0%16.7%

まぁ、こんな感じに。

人気

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気 3- 0- 1- 250.0%50.0%66.7%
2番人気 0- 1- 2- 30.0%16.7%50.0%
3番人気 1- 0- 0- 516.7%16.7%16.7%
4番人気 0- 1- 1- 40.0%16.7%33.3%
5番人気 0- 1- 1- 40.0%16.7%33.3%
6番人気 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
7番人気 0- 1- 0- 50.0%16.7%16.7%
8番人気 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
9番人気 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
10番人気 1- 1- 1- 316.7%33.3%50.0%
11番人気 1- 0- 0- 516.7%16.7%16.7%
12番人気 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
13番人気 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
14番人気 0- 1- 0- 50.0%16.7%16.7%
15番人気 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
16番人気 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%

上位人気でも、可もなく不可もなくという成績と言えるのではないでしょうか。ただ、人気薄の競走馬も突っ込んでくることが多々あるので、あまり人気に拘らずに組み立てていって良さそうです。

前走レース格

前走クラス着別度数勝率連対率複勝率
新馬 2- 3- 0-1410.5%26.3%26.3%
未勝利 1- 1- 1-165.3%10.5%15.8%
500万下 0- 2- 3-320.0%5.4%13.5%
オープン 0- 0- 1- 60.0%0.0%14.3%
GⅢ 0- 0- 0- 10.0%0.0%0.0%
GⅡ 0- 0- 0- 20.0%0.0%0.0%
GⅠ 3- 0- 1- 630.0%30.0%40.0%

優勝馬の半数は前走阪神JF組なのに対し、2着馬は昇級組が活躍中。

前走クラス着別度数勝率連対率複勝率
同クラス 3- 0- 2-1515.0%15.0%25.0%
昇級戦 3- 6- 4-624.0%12.0%17.3%

まとめると以上のような結果ではありますが、率の上では前走阪神JF組は軽視できない項目も、2着3着には昇級組を気にしたいところですね。

前走着順

前確定着順着別度数勝率連対率複勝率
前走1着 3- 4- 2-347.0%16.3%20.9%
前走2着 0- 0- 1- 20.0%0.0%33.3%
前走3着 0- 1- 0- 20.0%33.3%33.3%
前走4着 0- 0- 0- 50.0%0.0%0.0%
前走5着 0- 0- 0- 40.0%0.0%0.0%
前走6~9着 2- 0- 2-1610.0%10.0%20.0%
前走10着~ 1- 1- 1-155.6%11.1%16.7%

前走6着以下の競走馬計38頭の中から巻き返して優勝したのは前走阪神JF組のみ。逆に言えば、阪神JF以外で6着以下となった場合は、アタマは難しいというところですね。

まとめ的なもの

過度な期待は禁物ではありますが、推奨馬としては前走阪神JF組のオーミアリス、コートシャルマン、トーセンラーク。馬体重を考慮すると、オーミアリスとコートシャルマンかなと思いますね。

当日の馬体重を見て決めてもいいのかなと思いますよ。このブログは前日の時点で組み立てちゃうので難しいですけど、あそこまで馬体重で偏りが出ていると、少しは気にしたいんですけどね。

というところで、フェアリーステークスの過去10年のデータと傾向を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます(●´ω`●)

もし参考になったよーなどと思われた方は、シェアして頂けると当方大変嬉しいです(*’ω’*)

タイトルとURLをコピーしました