フェブラリーステークス2015の出走予定馬と想定騎乗予定騎手

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2015年2月22日に東京競馬場で開催される第32回フェブラリーステークスの出走予定馬と想定騎乗予定騎手の掲載です。

いよいよ今週末には、JRAのその年で一番最初に行われるGⅠ競走のフェブラリーステークスが行われます。有名どころで言えば、コパノリッキーには前走と同じく武豊騎手が騎乗予定となっています。エアハリファには三浦皇成騎手。初のGⅠ勝利へ手が届くところにいると思うので、頑張ってほしいですね。

出走予定馬と想定騎乗予定騎手

登録馬は21頭、フルゲートは16頭となっています。

馬名斤量騎乗予定
優先エアハリファ57.0kg三浦皇成
コパノリッキー57.0kg武豊
出走馬
決定
賞金順
ワンダーアキュート57.0kgF.ベリー
ハッピースプリント57.0kg吉原寛人
グレープブランデー57.0kg北村宏司
サンビスタ55.0kgC.デムーロ
ベストウォーリア57.0kg戸崎圭太
ローマンレジェンド57.0kg岩田康誠
カゼノコ57.0kg浜中俊
インカンテーション57.0kg内田博幸
ワイドバッハ57.0kg蛯名正義
シルクフォーチュン57.0kg
サトノタイガー57.0kg御神本訓史
キョウワダッフィー57.0kg福永祐一
レッドアルヴィス57.0kg勝浦正樹
コーリンベリー55.0kg松山弘平
除外
対象
アドマイヤロイヤル57.0kg横山典弘
アドマイヤサガス57.0kg
ゴールスキー57.0kg
キョウエイアシュラ57.0kg石橋脩
ベルゲンクライ57.0kg吉田豊

騎乗予定騎手はあくまで予定です。変更になる場合がございますのでご注意ください。

コパノリッキーは東海ステークスを、エアハリファは根岸ステークスをそれぞれ優勝し優先出走権を持っています。

それとは別に、レーティング上位5頭にも優先出走権が与えられ、コパノリッキー、ワンダーアキュート、ローマンレジェンド、ベストウォーリア、カゼノコは優先出走権を持っています。

2月17日追記…エアハリファは右前脚に傷腫れがみられるため、フェブラリーステークスを回避することになりました。

有力馬の考察でも

あ、書くこと終わったなと思ったのですが、文字数を稼ぐために少し有力馬の考察を行ってみたいと思います。あまりに文字数が少ないと、検索が評価してくれないの(。-`ω-)

コパノリッキー

昨年のフェブラリーステークスの優勝馬。前走東海ステークスでは、2着のグランドシチーに4馬身突き放す好内容でした。ホッコータルマエが川崎記念からドバイへ直行するので、恐らく1番人気はこのコパノリッキーだろうと思いますが、武豊騎手はダートの逃げ馬は本当に上手いですね。東海ステークスの4角でのコパノリッキーを見ていたらやはりそう思いますね。スマートファルコンを見ているような気持ちになりますね。馬主のDr.コパさんも思い入れのある1頭らしく、東海ステークスの前日の夜に長文ツイートを数回に分けて思いを綴っていましたし、陣営の思いもあるでしょう。田辺騎手から武豊騎手に乗り替わったのも、そういうところがあるからだろうと思います。ホッコータルマエと次やるときまでは負けていられないという気持ちの方が強いんじゃないかなと思います。

エアハリファ

三浦皇成騎手の初のGⅠ勝利へ、エアハリファはしかしながら手が届くところにいるかと思うんですよね。ただ、こんな時の三浦皇成騎手は3着固定が相場と決まっている(ような気がする)ので、その辺りは最後の最後まで悩みそうな気がする。前走根岸ステークスでは、武豊騎手が騎乗したワイドバッハの猛追を凌ぎ、優勝することができました。かなり狭いところをついて来ていましたけど、しっかし、なんか三浦皇成騎手の騎乗スタイルが変わってきたのかなと思える1戦でしたね。それが前向きに働くといいのですが、スマイルジャックの安田記念2年連続3着と、スマイルジャックをGⅠ馬に出来なかった反省を、そろそろ結果で示してほしいと、私なんかは思ってしまうのです。

※回避となりました。

4歳馬

昨年のコパノリッキーもそうでしたが、3歳のダート路線で活躍してきた競走馬は決まって夏以降古馬と対峙して跳ね返されるんですよね。ただ、年を跨ぐと急成長するのか、明けて4歳となると強くなるんですよね。その点で言えば、川崎記念で2着に入ったカゼノコ、同4着のハッピースプリント、昨年のユニコーンステークスの覇者レッドアルヴィス、同2着のコーリンベリー。この4頭は十分に警戒したいと思いますね。

というところで、フェブラリーステークスの出走予定馬と想定騎乗予定騎手を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)

タイトルとURLをコピーしました