日本ダービーの全着順結果、配当、映像はこちらから

フェブラリーステークス2015の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

【朗報】KAUZ氏、長引くインフルエンザの高熱から解き放たれる【あとは咳だけ】

いやぁ、本当に大変でした。思い返してみれば、高校2年生の時にインフルエンザにかかってからこっちと考えると、実に12年ぶりのインフルエンザだったのでした。元々体は弱い方で扁桃腺が腫れて39℃の熱を4年前くらいに出したことはあるものの、1日で回復するなど、まだまだ体力は衰えていないなぁなんて自分で感心していたんですが、まさかインフルエンザで37℃越えを5日間、内3日間は38℃以上の熱を3日間、初期症状を含めて1週間強を寝込んでしまうなど、本当に大変な1週間でした…。まだ辛うじて20歳代なのに…。デブったんで、ダイエットしなきゃなと思ってたんですけど、今回の件でちゃんと”運動”をしなくちゃダメだなと思わされました。明日、ジャージとシューズを買うことを決意。

せっかく遊びにきてくれる方が多くいらっしゃるGⅠウィークにも関わらず、満足のいく更新が出来なかったことが本当に悔やまれます。

そして、ダイヤモンドステークスの予想も、体調を優先して更新をお休みすることになりましたが、そのダイヤモンドステークスをついさっき観たのですが、後藤騎手が落馬…。

リキサンステルスはレース動画を観ているだけでも、もうダメだなと思えるような状態ではあったのですが、その後予後不良の診断が下ったようです。ご冥福をお祈りいたします。

リキサンステルスも残念なんですけど、後藤騎手の方はどうなったんだろ、落ち方も危険な落ち方だなと思ったのですが、その後のニュースでは頸椎(けいつい)捻挫の診断だったようで、大事を取ってその後に行われた第12レースは乗り替わったようですが、22日の騎乗予定の京都へと向かったようですね。明日、もしかしたら乗り替わりがあるかもしれませんが、命に関わる怪我ではないようで良かったです。

動画の中でも、かなり動揺する観客の悲鳴のようなものが入っていましたが、後藤騎手が落馬なら悲鳴も出ちゃいますよね。自分も絶句しちゃいました。

何事もなくレースが終わるのが一番いいですよね。

さてさて、どこで区切ろうか迷いましたが、ここで無理やりフェブラリーステークスの予想に入っていきたいと思います。笑

2015年2月22日に東京競馬場で開催される第32回フェブラリーステークス。今週、頑張って更新したフェブラリーステークスの関連記事「フェブラリーステークス2015の過去10年のデータと傾向」や「フェブラリーステークス2015の枠順出走表を見て思ったこと」も読んで頂けると大変幸いです。

実はひっそりと思いを寄せていたローマンレジェンドが最内枠に入ったことで、私の頭の中はまっしろ。低視聴率で喘ぐあのドラマのように、数字に悩まされることになるとは…。

さすがにこの枠は少々買いづらい。コーリンベリー次第とも言えるのでしょうが、先行馬が内枠に寄ったことで、荒れる要素は十分にあると思うんですよね。

それでは、予想を組み立てていきたいと思います。

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張するのは、私はコーリンベリーではないかと読んでいます。勿論、コパノリッキーもハナに立つ競馬をしてくると思うのですが、前走のレースぶりを見ていると2番手の外、砂を被らない位置で競馬が出来るのであれば問題ないとも言えますからね。そうなると、3番手にはローマンレジェンドが積極策で、その外にグレープブランデー、5番手辺りにレッドアルヴィスがつけてくるのではないかと思います。

その後ろ6番手にはベストウォーリア、7番手辺りにサトノタイガーやキョウワダッフィー、アドマイヤロイヤルといった面々じゃないかと見ています。

気になるのはやはりペースですが、スローの流れというのは少々考えにくいのかなと思います。コパノリッキーだけが逃げるレースならばスロー、というより自分のペースに合わせてくると思うのですが、どうしてもハナに立ちたいコーリンベリーがいることで、少々ペースが上がるはず。

ただ、極端なハイペースは考えにくいですし、ここは平均ペースで組み立てるのが無難なんじゃないかなと私はみた。家政婦もびっくりなくらいガン見して。

問題は枠ですよね。過去10年間で8枠が4勝を挙げるなど、連対率ベースで見ても7枠と8枠をハズせません。

が、しかし、過去のデータはあくまでも過去のデータ。これから先、そうなるとは限りません。漢とあらば、過去を振り返ってはいけないのです!

予想の印はコチラ

第32回フェブラリーステークス(GⅠ)
馬番 競走馬名
本命 サンビスタ
対抗 カゼノコ
単穴 ハッピースプリント
連下 コパノリッキー
ローマンレジェンド

名付けて「馬番二桁が入った時点で終わり予想」

本命にはサンビスタを推奨します。牝馬なんであまり買える材料がないとも言えるのですが、結構強い1頭だと思うんですけどね。チャンピオンズカップでは4着でしたが、ホッコータルマエと0.4秒差ですからね。今回、恐らくはその時よりもう少し前め、9番手辺りを追走してくるんじゃないかなと見ているんですが、末脚自慢の1頭ですからね。この辺りで大きなところを獲れるのではないか、と見ています。

対抗にはカゼノコを。勿論、優勝も有り得るんじゃないかと見ているのは見ているので対抗ではあるのですが、ちょっと展開面の手助けが薄いのかなととも。ただ、川崎記念ではホッコータルマエに0.1秒差と最後はかなり迫っていますし、川崎競馬場と東京競馬場を比べると、コースが向きそうなのはやはり東京競馬場の方だろうと判断できますし、4歳馬とまだ若いですけど、若さゆえに頑張ってくれるんじゃないかと見ています。

単穴にはハッピースプリントを指名してみた。実際、カゼノコを選んだからには選びたい1頭ですよね。追い切りを見ると、今回はやや下げて東京大賞典のような乗り方をしてくるんじゃないかなと見ているんですが、まぁその追い切りが薄暗くてなんだかわかんないと言えばそこまでなんですけど、だけどよく動けていたなとは思いました。ジャパンダートダービーで最後までもつれ込んだ2頭が、ここでワンツーなんてあったら感動ですよね。

連下にはコパノリッキーとローマンレジェンドを。コパノリッキーはまぁ押さえておいていいんじゃないかなという点、ローマンレジェンドは今週ずっと狙っていて、追い切りもバッチリでさぁ枠順!ってとこでガックリ。だけど、枠で消したくても、1枠は3着には良く来るし…ってことで、連下です。

回復した嬉しさなのか、文字数が2600文字越えとなりましたが、頑張って予想したので是非とも当たってくれぃm(゚▽゚* )って感じです。

というところで、フェブラリーステークスの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)

タイトルとURLをコピーしました