観覧できない状況(404エラー)は解除できました。ご迷惑をおかけしました。

フラワーカップとファルコンステークス2018の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2018年3月17日に中山競馬場で開催される第32回フラワーカップと、中京競馬場で開催される第32回中日スポーツ賞ファルコンステークスの展開から導く競馬予想です。

どちらも3歳馬の重賞競走で、注目度は明日のスプリングステークスと比べて少ないかなぁと思うんですけど、どうですかね。

もっとも、フラワーカップは牝馬3冠とは無縁の1戦と言ってしまって過言ではないというか、今年もラッキーライラックが優勝したチューリップ賞の方がハイレベルだと思いますので、どうなのかなぁと思ったり思わなかったり。

とりまフラワーカップの予想から行っていきたいと思います。

スポンサードリンク

フラワーカップの予想

フラワーカップは、距離1800m、出走頭数は13頭、発走時刻は15:45となっています。

注目は未勝利を勝ったばかりのカンタービレでしょうか。阪神ジュベナイルフィリーズで9着のロックディスタウンなどもいますし、ノームコアは2戦2勝の素質馬。その為、メンバー的には面白いなぁと思うんですけどね。

発売間もないときの人気を見ると、1番人気はカンタービレで3.2倍、2番人気は3.4倍のロックディスタウン、3番人気は5.9倍のトーセンブレス、4番人気は7.3倍のノームコア、5番人気は7.6倍のメサルティムとなっていて、上位5頭が10倍を切るメンバーとなっています。

ってなところで、印を打っていきたいと思います。

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張するのはモルフェオルフェと見ていいでしょう。ここまで3戦連続で逃げていますので、ここでいきなり脚質を変えてくるということは考えにくいでしょう。変えるとすれば、ここの結果次第ではないかと思います。

先行馬が多数揃った1戦ではないかなと思います。内から見ていくとメサルティムとバケットリスト、ノームコア、ロックディスタウン、ノーブルカリナン、インヴィジブルワン、カンタービレ、キープシークレット、カラリエーヴァなど、まぁ揃ったなと。

ペースは前半上がりそうな気がしています。というか、個人的にはハイペースで進んで、最後は前が止まるのではないかなと見ています。となると、後方勢のメンバーが楽しみかなと見ています。

あとはデータですかね。基本的に前が優勢のデータが残っています。

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 4- 0- 1- 4 44.4% 44.4% 55.6%
先行 4- 3- 1- 24 12.5% 21.9% 25.0%
差し 1- 5- 4- 45 1.8% 10.9% 18.2%
追い込み 0- 2- 2- 39 0.0% 4.7% 9.3%

この部分は意識するべきかどうか…。だけど、今年は前が速く流れると見ていますので、その点ではあまりこのデータは意識しなくていいのかも…と思います。

あとは、あまり差があるデータがあるということもないんですよね。あまり差のない部分が並んでいて、内外のデータも特に差がないものになっていますし、前走クラスを見ても昇級馬が若干成績がいい程度で、前走重賞馬も活躍していると言えば活躍しています。

こういうレースは、予想力勝負(笑)になるので、思う存分頑張りたいなと思います。

あ、俺、予想力無かったは。笑

予想の印はコチラ

第32回 フラワーカップ(Ⅲ)
馬番 競走馬名
本命 トーセンブレス
対抗 ロックディスタウン
単穴 ノーブルカリナン
連下 メサルティム
ノームコア

印を付け終えて

ということで、本命にはトーセンブレスとしました。展開考えればチャンスは多く訪れると思うんですよね。まぁこれで来なかったらしゃーないって感じで考えるべきかなと。チューリップ賞では阪神ジュベナイルフィリーズのメンバーが上位を独占しましたので、こちらも同レース4着ですからね。今回は優勝の2文字に期待したいところです。

対抗にはロックディスタウンとしました。まぁ前走で見限るのは早いのかなと。まぁ札幌2歳ステークスが出世レースとは言い切れないレースではあるんですけど、一応は重賞馬ですからね。できれば新馬戦や札幌2歳ステークスでの位置くらいまで下げてくれるといいのかなと思うんですが…。

個人的には単穴のノーブルカリナンです。個人的には一発もあるんじゃないかなーと思って特別登録のときからチェックしていましたが、先行勢が多いことからも重い印を打っていいのではないかと感じたんで、思い切りました。まぁ6番人気なんであれですけど、一発あってもと思っています。

引き続き、ファルコンステークスの予想をご覧ください。

ファルコンステークスの予想

ファルコンステークスは、距離1400m、出走頭数は16頭、発走時刻は15:25となっています。

こちらも発売開始間もない時間ですけど、1番人気は2.3倍のダノンスマッシュとなっていて、2番人気は5.9倍のテンクウ、3番人気は8.8倍のアサクサゲンキ、4番人気は9.4倍のタイセイプライドで、ここまでの4頭が単勝オッズ10倍を切っているメンバーとなります。

こちらはNHKマイルカップを狙うような1戦となるわけですけど、優勝すれば賞金を得られるわけで、皐月賞にも当然出走できることになるレース。

まぁなかなか皐月賞で結果を残す…どころか、NHKマイルカップでも活躍できていない部分はありますけど。

土曜日はなんだかツマンナイと感じる重賞が固まっていますけど、こちらもこの中に勝ち馬がいるわけで、もっと言えば狙いたい1頭がいますので、ここはその競走馬を狙っていきたいかなと思っています。

展開と印はこう組み立てました

逃げて勝ち星を挙げたモズスーパーフレアがここも果敢に逃げるレースを見せてくれるはずです。内枠に入れましたし、前走からの距離延長ですので、自ずとハナに立ってしまうのではないでしょうか。

そのほかだと、お隣のアシャカデュシュやアサクサゲンキなども先行していきますし、テンクウやフロンティアなど、こちらのレースも先行勢が揃ったなと思うところです。

前半と後半は一緒くらいのペースで進むのではないかと見ているんですけど、ハイペースでぶっ飛ばしていくということはないのかなと見ています。スローの流れも考えにくいし、ここは平均ペースで組み立てていきましょうか。

予想の印はコチラ

第32回 中日スポーツ賞ファルコンステークス(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 フロンティア
対抗 ムスコローソ
単穴 ダノンスマッシュ
連下 テンクウ
アンブロジオ

印を付け終えて

ということで、今年のファルコンステークスに関しては小波乱含みで組み立てていきました。

本命にはフロンティアを。前走は1.1秒も遅れる8着ではありましたが、出世レースの新潟2歳ステークスを制しているように能力は高い1頭です。前走と前々走は敗れていますけど、展開が合わなかったと見ることもできますし、距離を縮めて今回どうかというところで見ていきたいと思います。結局、どのメンバーもこの距離の適正があまり見えてきていない中での1400mの重賞ですので、ダイワメジャー産駒というのであれば、この距離でこそ買いたいかなということで思い切って本命を打ちました。

基本的には重い印を打ったメンバーは、中団前目で考えています。先に抜け出したミスターメロディやアサクサゲンキなどを目掛けて突っ込んでこれるのではないかなと見ています。

ってなところで、ファルコンステークス及びフラワーカップの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

コメント

  1. マル より:

      KAUZさん、こんにちは。
     先週はお近づきになりたくて、3泊4日で京都、大阪観光を楽しんできました(笑)。でもって競馬は一休み。今日はフラワーが④-⑩から全頭11点。ファルコンはKAUZさんと同じ選択で10点です。外すと来週のGⅠに響きますので、楽しんでもいられません…。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんばんは、コメントありがとうございます。

      お近づきになりたくて…京都は遠いなぁ笑

      スミマセン、ファルコンステークスはもうね…。
      人気馬が飛んだメイン競走ばかりでしたので、ちょっとこれは…って感じですね。

      何とか早く月末が来てほしいこの頃です(´・ω・`)

      また遊びに来てください!