府中牝馬ステークス2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年10月14日に東京競馬場で開催される第65回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークスの展開から導く競馬予想です。府中牝馬ステークスは、距離1800m、出走頭数は14頭、発走時刻は15:45となっています。

さて、今年はアイルランドトロフィーの冠がついての開催。恐らく今年だけのレース名になるのではないかと思うんですけど、どうなんですかね。

その影響というわけではないのですが、私はTargetを使っているんですけど、レース一覧から府中牝馬ステークスのレースを選択しようと思っていたんですけど、見つけられませんでした。

こりゃ見つけられんは、って感じですね。アイルランドトロフィーって、エイシンヒカリが外ラチ一杯に広がって優勝したレースというイメージでしたけど、今年は重賞レースということになる…んですかね。

その影響で、日曜日の東京競馬場のメイン競走オクトーバーステークスが、いつもは2400mの準オープン競走なんですけど、今年はオープンの2000mとなっています。昨年までのアイルランドトロフィーと同じ条件ですかね。

なるべくならば、レース名が同じであれば、一緒の施行条件にしてくれると大変ありがたいんですけどね。過去のデータを調べるとき、過去の記憶を遡るときに便利なんですけどね、一緒の方が。

さて、府中牝馬ステークスの話題に戻ります。

今年はドバイターフを制したヴィブロスや昨年のエリザベス女王杯を制したクイーンズリング、今年のヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードとメンバーが揃いましたね。予想も楽しみですけど、どの競走馬が勝つのかなと楽しみな1戦です。

伏兵馬、という言葉はあまり好きではないですけど、ある程度の人気以上の競走馬にもチャンスがありそうなので、荒れることにも期待したい1戦かなーと思っています。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張していくのはゲッカコウではないかと思っています。同型の競走馬としてはクロコスミアがいますけど、比較的内枠に入れたゲッカコウが先手を奪っていく可能性は高いと思います。

2番手のところにクロコスミア、だけどゲッカコウを突っつきながらのレース運びで、少し離れた3番手にワンズレスアウェイやトーセンビクトリー辺りが追走していく形でレースが進むのかなと思います。

有力馬のヴィブロスは中団やや下がった位置で、アドマイヤリードは後方勢の一角となるでしょうから、その点ではレース展開が左右しそうな位置取りかなと思いますね。クイーンズリングとヴィブロスは、同じような位置取りでのレース運びではないかなと思うので、こちらも一緒ですかね。

2011年にGⅠに格上げになったので、それ以降の6年のデータを見てみると、連対しているのは4歳馬と5歳馬だけで、4歳馬【 3- 2- 1- 24】5歳馬【 3- 4- 2- 33】となっています。

また、逃げ馬が馬券に絡めていないレースで、連対率で高いのは先行馬【2- 3- 2- 13】という成績で、4頭に1頭は連対している計算となります。ただ、追い込み馬も、連対率14.3%、複勝圏内率21.4%で高い数字。後方勢にもチャンスは十分にあるのではないかと思います。

あと、1番人気と2番人気は勝っていませんね。過去には、10番人気と11番人気の競走馬がそれぞれ優勝していることもありますので、広い視点で見ていいのではないでしょうか。

ローテーションを見てみると、前走GⅠ組は未連対。勝ち馬は、オープン特別かGⅢ組、GⅡ組のどれか。オープン特別組が、連対率33.3%【 2- 1- 0- 6】という数字を残しているのも注意が必要でしょう。

穴人気しそうな、前走1600万条件組は、【 0- 0- 1- 13】でこちらも未連対。今年は、クロコスミアとワンズレスアウェイ、バンゴール、キンキョーユキヒメ、ゲッカコウ、ハッピーユニバンスと揃っているので、そろそろ1600万組からでも好走馬が現れてもいいんかなと思いますけど、データ上では劣勢ですね。

と、こんな適当な感じではありますけど、印を打っていきたいと思います。

予想の印はコチラ

第65回 アイルランドトロフィー
府中牝馬ステークス(GⅡ)
馬番 競走馬名
本命 アドマイヤリード
対抗 トーセンビクトリー
単穴 クインズミラーグロ
連下 ワンブレスアウェイ
ヴィブロス

印を付け終えて

ということで、本命にはアドマイヤリードを選択しました。後方寄りからの競馬になると思うんですけど、個人的にはここで買って本番では消すまではしないものの、評価を落とそうかなと思っています。1番人気というのは人気になったなぁと思うんですが、明日になれば少しは人気落ちするかな。人気上位馬が勝てないレースになりつつあるので、頼む3番人気まで落ちてクレメンスって感じではあるんですけど。

前走が余計な1戦だったのかなと思ったのは思ったんですけど、マイル路線ではGⅠを獲れたので、あとは中距離で実績を残したいということではないかと思うんですけど、私はギリギリ1800mまでかなぁと思っているので、本番では消したいかなと思っているだけです。ここでぶっちぎるようなことになれば、考え直すかもですけどね。

対抗にはトーセンビクトリーを選択しました。個人的にはもう少しやれるんじゃないかって思っているんですけどね。それに明後日の秋華賞を占う上でも、トーセンビクトリーの走りに期待が掛かるわけですけど、もしも府中牝馬ステークスをトーセンビクトリーが制することになれば、前走のクイーンステークスを優勝したアエロリットの評価は爆上げしそうですね。そうなると、個人的にはアエロリットはあまり評価していないっちゃ評価していないので、個人的には嬉しいんですけど。いや、明日になったら悩むんかな…。

まぁあとは、中団よりやや後ろくらいから、先行勢で考えています。ワンズレスアウェイは、特別登録が発表された時点で狙っていたので、買うつもりだったんですけど、いやぁ、人気していますね。逆に買いたくないというと変ですけど、なんだかなぁという感じです。私が考えることは、みんなも考えているんだなぁと。

ってなところで、府中牝馬ステークスの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. くーちゃん より:

    おはようございます。
    ご推薦のアドマイヤは現在2番人気。
    本来であればここが始動戦になるはずでしたが・・・ここからエリかマイルか???
    もし雨が降ってくるようであればチャンス大か!?

    現時点では秋華賞もオッズ割れですね。
    この前スポーツ新聞見ていたらクロフネ産駒のG1成績で1200と1600㍍戦では勝利がありましたが2000㍍超えでは連対無し(;´Д`)

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      アドマイヤは、直前オッズでは4.4倍の2番人気…過去のデータ的には勝つのは難しいんやろうか…。

      クロフネ産駒は、そうなんですよねー。
      血統的には即切りでもいいんですけどね、アエロリット。
      だけど、最近はキタサンブラックのように、長距離は無理やろって思われていて、長距離でこそ活躍する競走馬もいますので、まずはその競走馬の特性が大事なんだろうと思いますね。

      また遊びに来てください!