エリ女の予想は当日の朝に更新すると言ったな。寝とったわ(〃´・ω・`)

フジノウェーブ記念 結果 動画 回顧 勝馬ジェネラルグラント

スポンサードリンク

フジノウェーブ記念 2014-動画

フジノウェーブ記念 2014-結果

第5回 フジノウェーブ記念 結果
着順 馬番 馬名 騎手
1着 13 ジェネラルグラント 石崎駿
2着 3 ソルテ 和田譲治
3着 16 サイオン 川島正太郎
4着 8 ジョーメテオ 坂井英光
5着 9 ガンマーバースト 森泰斗
6着 5 コアレスピューマ 吉原寛人
7着 7 アイディンパワー 的場文男
8着 14 コウギョウダグラス 柏木健宏
9着 11 マニエリスム 本橋孝太
10着 6 ハードデイズナイト 山崎誠士
11着 12 トシギャングスター 矢野貴之
12着 15 ヤサカファイン 有年淳
13着 1 スマイルジャック 町田直希
14着 10 ピエールタイガー 真島大輔
15着 2 ブルーデインヒル 高橋利幸
除外 4 エーシンジェイワン 御神本訓史

フジノウェーブ記念 2014-払い戻し金額

フジノウェーブ記念 2014-払い戻し金額
種類 番号 払戻金
単勝 13 670円
複勝 13 250円
3 210円
16 480円
ワイド 3-13 600円
13-16 2,490円
3-16 1,630円
枠複 2-7 1,260円
馬複 3-13 1,470円
枠単 7-2 2,610円
馬単 13-3 2,820円
3連複 3-13-16 9,390円
3連単 13-3-16 38,240円

フジノウェーブ記念 2014-回顧並びに予想の振り返り

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

残念ながら、予想は不的中となってしまいました……。

優勝したジェネラルグラント、2着のソルテの4歳馬が揃っての活躍でしたね。3着以下を4馬身差離している点をみるに、この2頭は結構強いなぁと感じさせる走りでしたね。

エーシンジェイワンが放馬して体力の消耗を考慮して発走除外となったので15頭立てとなってスタート。展開面はピエールタイガーが押してハナを主張してきていましたが、2番手にはジェネラルグラントがつけていました。3番手には2番人気に支持されていたガンマーバーストが、4番手には2着のソルテが追走していました。やや縦長の展開になって、前にいる馬には厳しいかなぁと思ったんですけどね。4着のジョーメテオ以外は先行勢が上位を独占していましたね。やや縦に長い感じを受けますが、最初の3Fが36.4秒、前半1000mが60.9秒ということでしたので、特段に速い流れということではなかったのかもしれませんね。最後の3Fが36.7秒でした。

なかなか評価し難いレースという見方もできますが、上にも書きましたがジェネラルグラントとソルテが3着以下を4馬身離してのワンツーということで、この2頭には今後も注目しておいて良さそう。ソルテは出走馬最速の上がり3F36.0秒ということで、こちらは2着ですけど次走もそこそこ注目しておいて良いんじゃないかなと思いますね。昨年のクラシックシーズンを盛り上げた4頭の内2頭が全力でぶつかってワンツーということで、今後の行方が楽しみですね!!

3着にはサイオンが入りました。前走の川崎記念、勝ち馬のホッコータルマエには随分と離されてしまいましたが5着。地方馬では最先着ということで、この辺りを意識していれば獲れた人も多かったんじゃないかと思います。自分は大外枠ということで、真っ先に消してしまいましたが…。

気になるのは1番人気に支持されていながら4着のジョーメテオ、2番人気に押されながら5着と敗れたガンマーバースト。人気の2頭が届かないあるいは粘れなかったということが次走から迷うところ。ガンマーバーストは休み明けという点を考慮しても負け過ぎた印象を抱いていしまいます。ただ、どちらの馬も地力はある馬なので、簡単には軽視できませんが、ジョーメテオは上がり2位の脚を使っていますのであとは展開次第で重賞を勝ってもおかしくないかなと思うのですが、ガンマーバーストはどうしたんでしょうね。ジェネラルグラントでの優勝調教師のインタビューで出川克己調教師がチラッと触れていましたけど、想定外の失速だったようで納得していない様でしたね。次走は叩き2戦目にあたるので、良化はしてくると思いますけどね…。

熱烈応援馬のスマイルジャックはスタートの反応とムチを入れてからの反応がキリッとしませんね。あれだけムチを入れられても反応しないってのは、気持ちの問題だと思うんですけどね。それか町田騎手とトコトン相性が悪いか。なかなか復調気配は見えてこないですね。

話を戻して、勝ったジェネラルグラントの次走は未定とのこと。一応、ここを勝ったことで東京スプリント(2014年4月2日開催)の優先出走権は手に入れましたので、JRA馬との対決も観てみたい気がするにはするんですけど、うーん、1200mのスピードがどうなんだろうと思うところですね。やや忙しくなりそうな気がするんですけどね。

ソルテは一瞬の脚は光るものがあるんですけど、タイミングと後はコースでしょうかね。大井競馬場の外回りだとやや厳しいのかなと感じてしまいますね。直線短いコースの方が適性なのかなと思うところです。

まぁでも4歳馬の活躍が見れて、昨年のクラシックを賑わせた馬が活躍したことでも今後も楽しみが増えるなと感じるレースでした。

タイトルとURLをコピーしました