船橋記念2018の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2018年1月17日に船橋競馬場で開催される第62回船橋記念の展開から導く競馬予想です。船橋記念は、距離1000m、出走頭数は10頭、発走時刻は16:15となっております。

まさに電光石火という言葉がピッタリな1戦になりそうですね。大体、ここ2年は60.5秒とか60.8秒とかの決着ですけど、60秒を切る年がほとんどなので、今年もあっという間に終わることでしょうね。

前日オッズをみると、1番人気はモダンウーマンの1.2倍。2番人気がスアデラで6.8倍。3番人気はアピアの7.2倍、そして9.8倍のフラットライナーズまでが単勝オッズ10倍を切るメンバーとなっています。

4番人気がサトノタイガーなんですけど、60.2倍のオッズになっていますので、上位4頭が人気を吸いまくりって感じですけど、まぁあくまで前日オッズですからね。ここから差は縮まってくるのではないかなぁと思っています。

スプリント戦でも1000m以下の極端なレースは持ち時計勝負って気がしていて、その点ではスアデラの59.0秒はメンバー最速。前日オッズ1番人気のモダンウーマンは船橋競馬場1000mは未出走なので、今回時計が持ち時計となるわけですけど、1000mになると本当にスピードで押し切れる距離でもあるので、どの程度で走破できるのかには注目ですね。

ほんでは印を打っていきたいと思います。

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張していくのはラスパジャサーダスではないかなと思うんですけど、下級条件馬ですのでどこまで通用するかでしょう。斤量がその分軽いので、その軽さを活かしていきたいところだとは思うのですが。

仮にもハナを叩けないということになれば、内枠のフラットライナーズやシークロムもいますし、アピアもハナを切って競馬ができるので、その点では先行勢がきっちりと決まっている印象を受けます。

いつだったか、めちゃくちゃハナ争いが4角付近まで続いて、めちゃくちゃ飛ばすなーってことになったんですけど、直線入って前が大きく失速したレースなんかもありました。今回はそこまではいかないのではないかなぁと思いつつも、ある程度は前のペースが上がりそうです。

だからと言って、後方勢が優勢とも言い切れないのが1000mという距離だと思いますので、最短距離を通れる内枠優勢から、まぁだけどスパイラルカーブだし、そこまで内外気にしなくてもって程度で見ていっていいのではないでしょうか。

予想の印はコチラ

第62回 船橋記念(SⅢ)
馬番 競走馬名
本命 スアデラ
対抗 モダンウーマン
単穴 アピア
連下 フラットライナーズ

印を付け終えて

ということで、本命にはスアデラとしました。恐らく、スアデラが1番人気になるのではないかなぁと思いつつも、もしそうなってもスアデラから入るのがベターなのかなと。

恐らく前半の入りの部分はペースが上がると思いますし、最悪3角から4角にかけてまでペースが上がったままで向かうと思います。そうなると、最後はパタリと止まる可能性も視野に入れておいていいのではないでしょうか。持ち時計もいいですし、ここはスアデラから入るべきなのかなぁと。

以下、前日オッズで上位勢となりますけど、うちは買い方でどうこうはやってないので、とりあえずはこの4頭の3連複で勝負したいと思います。

ってなところで、船橋記念の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ