チャンピオンズCの予想を更新しました!人気馬で固め打ちしました笑

ハイセイコー記念2014の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

テニスの錦織選手とフェデラー選手の試合を観てたら、更新が遅くなってしまいました。すんましぇん(´・ω・`)

結果は残念ですが、13日にミロシュ・ラオニッチ戦が控えていますからね。勝って準決勝へと進んでほしいと思います。ただ、あまり詳しくないのですが、どうやら苦手としている選手とのことで、この辺りは今年の錦織選手の成長した姿を見せてほしいなと思いますね。

そして、勝負が終わった頃に、地上波では矢作芳人調教師の特集が「林先生の痛快!生きざま大辞典」にてあっていましたね。録画しているので後で観ようかなって思っていますけど、チラッと観た感じだと、開成式麻雀の話をしていました。どんな関係があるのか気になりますね。あと、調教師の試験をやっていました。物凄くレアなものらしいですね、調教師の試験をテレビで放映するっていうのは。ゆっくりと後で観ようかな。楽しみです。

それと、やっぱり林修さんは話が面白いですね。自分の中で頭のいい人は総じて話が面白いって思っているんですけど、まさに私の描くTHE・頭のいい人って感じです。”今でしょ”で消えていくのかなぁと思っていたら、トークもできる。今や司会者としてテレビに出演されていますからね。凄い方だなと思いました。

この”林先生の痛快!生きざま大辞典”みたいな、その世界で結果を残している人の特集番組、例えばプロジェクトXとかプロフェッショナルとか、葉加瀬太郎の音楽のやつ……ちと度忘れしたけど、ああ言うのが好きなんですよね。「林先生の痛快!生きざま大辞典」でこの前”てんぷらの職人”として早乙女哲哉氏が取り上げられていたんですけど、この方はその前の2012年6月にプロフェッショナルでも取り上げられていたんですよね。へぇー、世の中にはこんな人もいるのかと思って食い入るように見ていたのを覚えています。その道を究めるっていうのは、やっぱりスゴイことなんだなぁと、なぜかこの早乙女氏が強烈に残っているんですよね。天ぷらが大好きなので、一度は食べてみたいと思いますね。

そういえば、福岡で有名かどうかはわかりませんが、福岡空港近くにある”天ぷらのひらお“はお勧めかな。天ぷら繋がりで紹介してみました。

では、競馬には関係ない話はこれくらいにして、日付変わって本日2014年11月12日に大井競馬場で行われます第47回ハイセイコー記念の予想をお伝えしていこうと思います。

このレースは2歳の重賞競走。距離1600m、出走頭数は14頭、発走時刻は20:15となっています。上位2頭には全日本2歳優駿への優先出走権が付与されるトライアルレースとなっています。

スポンサードリンク

展開予想・予想はこう組み立てました

それではいつものように、展開を組み立てながら、予想印を回していきたいと思います。

ルックスザットキルがハナを主張していくのでしょうが、その後直ぐのところをラッキープリンス、オウマタイム、大外カイトフレイバーが追走していきそう。他の先行馬を見てもジャジャウマナラシ、ルコンポゼとここまでが恐らく先行してくるだろう競走馬たち。

控える競走馬も揃っているので、この辺りは悩みそうではありますが、ややペースが上がるのではないかなと思います。

ルックスザットキルは4角辺りで飲み込まれて、あとは短いですけど、直線勝負って感じですかね。ただ、早め抜け出してくる競走馬は目標にされそうな気がするので、ちょっと評価を下げたいなと思います。

あと、このレースは船橋所属馬がよく突っ込んでくるので、その辺りは覚えておきたいところですね。船橋所属馬はクールテゾーロ、オウマタイム、ストゥディウムと人気どころが集まりましたね。

追い切り動画とインタビュー動画

第47回 ハイセイコー記念(SII)の調教追い切り動画
第47回 ハイセイコー記念(SII)の調教インタビュー動画

さっすがTCKやで!追い切りの動画があるなんて素敵やね!!

予想はこうなりました

第47回 ハイセイコー記念(SⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ストゥディウム
対抗 オウマタイム
単穴 クールテゾーロ
連下 ヴェスヴィオ
ラッキープリンス

予想印を付け終えて

というところで予想はこんな感じに。印上位3頭はこんなところじゃないかなと思います。ストゥディウムも調子が良さそうですし、オウマタイムも転厩後2連勝で重賞制覇。捲り気味で上がってくるのは迫力がありますね。クールデゾーロもよく脚を伸ばしてきましたし、この辺りは固そうな印象。そして、船橋所属馬で固めてみました。

ラッキープリンスの取捨に困ったんですけど、フォローしておけばいいのかなって印象です。前走の鎌倉記念では、3角入る辺りでバランスを崩したのか、外から来たオウマタイムに進路をカットされたのか、ビックリしたのかなんなのかよくこちらからは確認できませんが、3角直前でオウマタイムと馬体を併せた時に急にスピードが落ちるタイミングがあるんですよね。ただ、後ろからきたクールテゾーロに馬体を併せると4角を捲ってまた走ったので問題はないのでしょう。また、鎌倉記念では落鉄があったそうなので、その辺りを考慮すると、だけどやっぱり走るのかなぁ。距離が少しばかり長い印象も受けるんですけどね。ということで、フォローする形で、3着くらいのイメージで選びたいと思いました。

昨日の記事にコメントを頂きまして、返信した一部に”レーザーが良さそうですよね”って返信を入れたんですけど、リプレイを観て気になったのがヴェスヴィオ。乗り替わりがやや気になるのは気になるんですけど、前走のゴールドジュニアーから1F延長されるのはプラス材料になりそう。展開が1つの鍵となりそうですが、クールデゾーロと共に上がってくるんじゃないだろうかと思っています。勿論、レーザーもかなり良い脚をもっているので、狙えるっちゃ狙えるんですけどね。こちらの方がいいんじゃないかなと判断しました。5頭にしか印を回さないマイルールがあるからね。これでレーザーが来たら仕方がないね。

というところで、ハイセイコー記念の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました