白嶺ステークスとすばるステークス2015の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

今週はなかなか更新が思うように出来ませんでした。すみません。スケジュールがごちゃごちゃしだすとダメですね。心の余裕が無くなってカリカリしちゃったりと、いいことないですね。お金と時間には余裕を持ちたいものです。

それでは土曜日メインの東京競馬場と京都競馬場の予想をお届けしたいと思います。小倉競馬場のメインはお休みします。ちっともわからんメンバーだし、仕方がないよね。

白嶺ステークス

それではまず、東京競馬場で行われる白嶺ステークスの予想から組み立てていきたいと思います。このレースは1600万条件戦のレースで、ダート1600mで行われます。

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張するのはダンシングミッシーと見ていいでしょう。他に積極的に前にいく競走馬や先行していく競走馬も少ないなと思います。イースターパレードやオソレイユ、スズカヴィグラス、ティアップレーヴ辺りが先行していくと思いますが、そこまでポジション争いも激しくなりそうもないし、東京ダート1600mは前傾ペースになり易いのですが、今日はゆったりとした流れでレースが進むのではないかなと見ました。まぁ平均ペース辺りで組み立てたいところ。

簡単にデータ傾向を

利用するデータは過去10年、ハンデ戦で行われた4歳以上東京ダート1600mの1600万条件戦の11レースです。

年齢

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳 4- 6- 4- 2310.8%27.0%37.8%
5歳 3- 3- 6- 485.0%10.0%20.0%
6歳 2- 2- 1- 384.7%9.3%11.6%
7歳 2- 0- 0- 218.7%8.7%8.7%
8歳 0- 0- 0- 70.0%0.0%0.0%

まぁ4歳馬が強いよね。

枠番

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠 0- 1- 1-190.0%4.8%9.5%
2枠 2- 1- 1-189.1%13.6%18.2%
3枠 1- 2- 1-184.5%13.6%18.2%
4枠 1- 3- 1-174.5%18.2%22.7%
5枠 4- 1- 3-1319.0%23.8%38.1%
6枠 0- 1- 1-200.0%4.5%9.1%
7枠 0- 1- 1-190.0%4.8%9.5%
8枠 3- 1- 2-1613.6%18.2%27.3%

東京ダート1600mは芝スタートなので、スピードに乗ってダートに入れる外枠有利の傾向ですが、こうしてみると5枠が4勝を挙げてリード。外枠8枠も好成績を収めています。ただ、6枠7枠が苦戦気味となっています。1枠も割り引いていいのかなと思える傾向が出ていますね。

人気

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気 2- 2- 1- 618.2%36.4%45.5%
2番人気 2- 2- 0- 718.2%36.4%36.4%
3番人気 3- 0- 2- 627.3%27.3%45.5%
4番人気 2- 0- 1- 818.2%18.2%27.3%
5番人気 2- 0- 3- 618.2%18.2%45.5%
6番人気 0- 1- 1- 90.0%9.1%18.2%
7番人気 0- 3- 1- 70.0%27.3%36.4%
8番人気 0- 0- 0- 110.0%0.0%0.0%
9番人気 0- 0- 0- 110.0%0.0%0.0%
10番人気 0- 2- 2- 70.0%18.2%36.4%
11番人気 0- 0- 0- 110.0%0.0%0.0%
12番人気 0- 0- 0- 110.0%0.0%0.0%
13番人気 0- 0- 0- 110.0%0.0%0.0%
14番人気 0- 1- 0- 100.0%9.1%9.1%
15番人気 0- 0- 0- 110.0%0.0%0.0%
16番人気 0- 0- 0- 80.0%0.0%0.0%

上位人気が優勢かなと思える程度で、1番人気だから絶対と言うことも無さそう。さすがはハンデレースという感じもしますが、人気を気にし過ぎることはなくていいかと思います。

ただし、優勝馬を見ると、上位人気5位以内からしか出ていませんので、その辺りは気にしたほうがいいかもしれませんね。

前走クラス

前走クラス着別度数勝率連対率複勝率
1000万下 5- 3- 3- 1916.7%26.7%36.7%
1600万下 6- 8- 8-1204.2%9.9%15.5%

前走のクラス別成績を見ると、前走1000万条件戦から昇級してきた競走馬が率の上では全ての面で上回っています。ただ、シェアで言うとそこまで大差はないかなと思いますが、2着3着は1600万条件戦だった競走馬が多いので、アタマは勢いに勝る1000万条件戦を勝ちあがってきた競走馬を考えられるのが一番いいのかなと思ったり。

予想の印はコチラ

白嶺ステークス
馬番競走馬名
本命ダンシングミッシー
対抗ナンヨーマーク
単穴ブラインドサイド
連下サウンドトゥルー
ピンポン

印を付け終えて

んー、有力馬が後方から競馬をする競走馬ばかりで、いまいちピンと来ず。全くデータを利用しなかったけど、ここはダンシングミッシーに逃げ切りを期待したい1戦ですね。

すばるステークス

続いて京都競馬場で行われるすばるステークスの予想を組み立てていきたいと思います。このレースはオープン競走でダート1400mで行われます。

展開と印はこう組み立てました

グレイスフルリープがハナを主張していくでしょう。ただ内に先行馬が顔を揃えたと言った感じで、メイショウノーベルやレッドアルヴィス、フリートストリート、タイセイファントム、ブライトライン、デザートオアシスも出遅れなければ積極的な競馬をしてくるでしょう。それはジョヴァンニも一緒ですね。タールタンも先行していくレースをしてくるので、結構集まったなと感じるところ。

こうなると、最後は時計が掛かりそうな気がする。

こちらも上記同様芝スタートで、特にこっちは作り的に芝の部分が長く、最初のコーナーまでかなり長いこともあり、かなり前半は流れていくと思います。

簡単なデータ傾向でも

過去10年の1月と2月に行われたオープンレースの内、京都ダート1400mが舞台となった大和ステークスとすばるステークス、門松ステークスの12レースから見ていきたいと思います。

脚質

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率
逃げ 3- 2- 3- 425.0%41.7%66.7%
先行 2- 6- 3- 344.4%17.8%24.4%
差し 5- 4- 5- 586.9%12.5%19.4%
追い込み 2- 0- 1- 543.5%3.5%5.3%

うわぁ…後方から競馬をしそうな競走馬を中心に見ていこうと思ったのに…。しかもすばるステークスに限定すると、過去5年で3頭の逃げ馬が優勝、1頭が3着に逃げ粘るという、超逃げ馬有利の傾向も…。

枠番

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠 2- 2- 1-188.7%17.4%21.7%
2枠 3- 3- 0-1713.0%26.1%26.1%
3枠 3- 1- 0-1913.0%17.4%17.4%
4枠 0- 1- 1-220.0%4.2%8.3%
5枠 1- 1- 1-214.2%8.3%12.5%
6枠 2- 2- 2-188.3%16.7%25.0%
7枠 1- 1- 1-204.3%8.7%13.0%
8枠 0- 1- 6-160.0%4.3%30.4%

白嶺ステークスは芝スタートで外枠有利という話でしたが、こちらも芝スタート。にもかかわらず、外枠の方が不利。京都ダート1400mは全体的に見てもやや内枠が優勢かな程度で、東京1600m程内外の有利不利がきっちり分かれているわけではないので、十分に注意したいですね。ただ、上記の条件でソートをかけると内枠が有利な傾向が出ています。

ちなみに過去5年のすばるステークスだけを見ても、6枠から外の優勝馬はなし。連対率20.0%は1枠と2枠、5枠のみとなっています。

予想の印はコチラ

馬番競走馬名
本命フリートストリート
対抗レッドアルヴィス
単穴グレイスフルリープ
連下タールタン
キングヒーロー

印を付け終えて

フリートストリートを本命にしてみました。先行馬でも今日は先行差しのような競馬をしてきそうだなと感じます。隣にレッドアルヴィスがいますし、そこまでお互い牽制しあいながらレースをするとは考えにくいです。最近の岩田騎手の騎乗を見ても、やったらめったら下げるような気もするし、うんうん、7番手辺りを追走してくれないかなと期待。

単穴には逃げると予想したグレイスフルリープを。特にデータを見ると、前走1600万条件だった競走馬は3着率も高いし、まぁ3番手評価という部分もあるかな。

連下にはタールタンと、記事更新時15番人気ですがキングヒーローが気になりました。この人気では普通の私ならば選ばないのですが、ちと不安よりも興味が上回ったので。前走はもう少しスムーズに競馬が出来れば見せ場を十分に作れたと思うし、最後の最後で前に壁が出来て全く残り50m程度は手が止まってたから、最後までしっかりと追えていれば、2着3着は十分にあったように感じます。今回叩かれた後だし、休み明け数戦は接戦を演じる競走馬なので、ここは文字数にも表れていますが、期待したい1頭です。キングヒーローの複勝が15.3倍か…ゴクリ。

というところで、白嶺ステークスとすばるステークスの予想を終わります。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)

タイトルとURLをコピーしました