阪神カップ2017の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2017年12月23日に阪神競馬場で開催される第12回阪神カップの展開から導く競馬予想です。阪神カップは、GⅡクラス距離1400m、出走頭数は18頭、発走時刻は15:45となっています。

暮れの風物詩というとまだそこまで日が経っているわけではないですけど、12月と言えばというようなレースかなと思います。

イスラボニータは引退レースですね。なんだかんだ皐月賞の1冠のみとなりましたけど、マイラーズカップを優勝したり、マイルチャンピオンシップでは2年連続で馬券内に入るなど高いレベルで実績を残してきました。引退後は社台スタリオンステーションにて種牡馬となることが決定しています。

前脚をガバッと前に踏み出すちょっと独特な走りでしたけど、体が柔らかい証拠でもありますよね。皐月賞馬として種牡馬入りするわけですけど、仔に期待したいですね。

まぁだけど、まずは阪神カップを勝って有終の美を飾れるかでしょうか。

前日オッズ(金曜20:00時点)のオッズを見ると、2.8倍で1番人気になっています。2番人気はモズアスコットで3.3倍、3番人気はサングレーザーで5.7倍となっていて、上位3頭が単勝オッズ10倍を切る人気です。

有馬記念の資金獲得となるか、それとも有馬記念前に資金を減らしてしまうのか…。ここはなんとかして当てて有馬記念に挑みたい、そんなレースです。

ってなところで、印を打っていきたいと思います。

展開と印はこう組み立てました

自分の競馬を貫くなけのアポロノシンザンが積極果敢にハナを主張していくでしょう。1400mのスペシャリストみたいなところを感じますけど、今回はレベルがガッツリと上がりましたのでどこまでやれるかなぁ程度で見ていていいのではないでしょうか。

ただ、アポロシンザンが楽な競馬ができるかどうかはトウショウピストの動向次第となりそうですね。こちらは番手からでもという走りをしていますけど、今回は外枠からのスタート。無理にハナに拘って走るよりも、番手にあっさりと付けそうな、そんな1戦になるんじゃないかなと思います。

先行勢を形成しそうなのは、ムーンクレストやレーヌミノル、キャンベルジュニアなどがいますけど、基本的には手薄感がある1戦ですね。イスラボニータやオールザゴーは、先行勢というよりも、先行勢の底辺りでレースを進めますので、あまりペースを作るようなポジションにはいないのではないかなと見ちょります。

そんなところで考えると、アポロシンザンのペースでレースが進むのではないかなと思うんですけどね。トウショウピストが絡みまくっていくと、それでも前2頭だけペースが上がっていく、そんな感じになりそうかなと読んでいます。

平均ペースくらいで考えて、ハイペースは考えなくていいんかなぁと思いますけど、どうでしょうか。

阪神カップの過去の簡単なデータのおさらい

阪神カップのデータを掲載しておきますので、気になるデータや使ってみたい傾向などがございましたら、各自ご自由にお持ち帰りください。なお、今年の有馬記念のデータ記事のように、細かくは見ていきませんので悪しからず。ってか、スミマセン。

【人気】1番人気の信頼度が低いレース

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 1- 1- 6 20.0% 30.0% 40.0%
2番人気 1- 1- 1- 7 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 2- 1- 0- 7 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 1- 0- 0- 9 10.0% 10.0% 10.0%
5番人気 0- 3- 3- 4 0.0% 30.0% 60.0%
6番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 1- 1- 2- 6 10.0% 20.0% 40.0%
8番人気 3- 0- 0- 7 30.0% 30.0% 30.0%
9番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 2- 0- 8 0.0% 20.0% 20.0%
11番人気 0- 1- 0- 9 0.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 1- 9 0.0% 0.0% 10.0%
14番人気 0- 1- 0- 9 0.0% 10.0% 10.0%
15番人気 0- 0- 1- 9 0.0% 0.0% 10.0%
16番人気 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 7 0.0% 0.0% 0.0%

みなさんはもうご存知かもしれませんけど、阪神カップはとにかく上位人気馬がことごとく負けていくレース。1番人気の競走馬が、7年連続で敗れているレースです。一昨年の1番人気だったビッグアーサーが3着に入りましたけど、5年連続で馬券外へ飛んでいたほどです。

2番人気、3番人気馬も連対率が低く上位人気馬が本当にヤバいくらい凡走しています。

しかし、なぜか5番人気の複勝圏内率が60.0%ですから、この10年では半数が馬券になっています。勝ち星は挙げていないけれど、馬券内には突っ込んできているのかなと思いますね。

【年齢】若いものには任しちゃいられないと高齢馬が息巻くレース

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 1- 3- 1- 25 3.3% 13.3% 16.7%
4歳 2- 2- 4- 26 5.9% 11.8% 23.5%
5歳 3- 3- 2- 40 6.3% 12.5% 16.7%
6歳 3- 3- 1- 33 7.5% 15.0% 17.5%
7歳 1- 0- 1- 14 6.3% 6.3% 12.5%
8歳 0- 0- 0- 6 0.0% 0.0% 0.0%

基本的に、秋以降のレースでは、斤量差のある3歳馬が活躍することも多いのですが、このレースはそういうこともなく。走らないというわけではないですけど、その他の年代の競走馬も十分に活躍しています。

回収値的には、4歳馬と6歳馬の競走馬の複勝を握りしてめていたら、この10年間ではプラスになっていた数値ですので、その点でも暮れの6歳馬ですからね。1月になると7歳馬ですから、高齢っちゃ高齢です。

【枠番】高連対率の7枠に対し、単勝回収値の高い内枠

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 0- 1-17 10.0% 10.0% 15.0%
2枠 1- 1- 2-16 5.0% 10.0% 20.0%
3枠 0- 1- 0-19 0.0% 5.0% 5.0%
4枠 1- 0- 2-16 5.3% 5.3% 15.8%
5枠 1- 1- 0-18 5.0% 10.0% 10.0%
6枠 0- 0- 0-20 0.0% 0.0% 0.0%
7枠 4- 4- 2-17 14.8% 29.6% 37.0%
8枠 1- 4- 2-22 3.4% 17.2% 24.1%

まぁご覧の通りって感じですけど、7枠が異常に高い数値を出しています。6枠が未勝利、8枠が3.4%の勝率を考えると、外枠が優勢というよりも、7枠だけが高い数字なのかなと思いますね。

ちなみに、単勝回収値を見ると、1枠103円、2枠110円、7枠110円の3つの枠しかプラスになっていません。複勝回収値では、2枠171円、4枠125円、7枠130円ですから、逆に見れば、2枠は人気薄の激走馬が多いということですね。

ちなみに、馬番の成績は載せませんが、大外18番は【 0- 1- 0- 6】という成績。どうかな、ちょっと判断が難しいですけど、大外限定だと【 0- 1- 0- 9】という成績ですから、そこまで優勢でもないんだろうなくらいには見ておいていいのかも。

【性別】牝馬は基本的には軽視しても良さそう

性別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
牡・セン 10- 10- 8-124 6.6% 13.2% 18.4%
0- 1- 1- 21 0.0% 4.3% 8.7%

上記の通りですね。牝馬は未勝利で、連対率も4.3%と低いです。

【前走クラス】シェアの上では前走GⅠ組も、勝率では前走GⅡ組

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1600万下 0- 0- 0- 8 0.0% 0.0% 0.0%
オープン 2- 0- 2- 42 4.3% 4.3% 8.7%
1- 3- 2- 32 2.6% 10.5% 15.8%
2- 0- 1- 11 14.3% 14.3% 21.4%
5- 7- 4- 51 7.5% 17.9% 23.9%
地方 0- 1- 0- 1 0.0% 50.0% 50.0%

12連対で3着以内のシェアの半分を前走GⅠ組が走っていますが、勝率では前走GⅡ組が優勢。複勝圏内率でもほとんど数値的には変わりません。

ちなみに、マイルチャンピオンシップ組【 4- 6- 4- 37】に対し、スワンステークス組【 2- 0- 1- 7】という成績です。

もう1つ、マイルチャンピオンシップ組は、前走2桁着順からも巻き返す競走馬が多いです。十分に逆転できると思えるデータが揃っているので、前走2桁着順やからと簡単に切ると痛い目を見るかも。

【前走人気】前走1番人気馬は未勝利で連対率も低い

前走人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1人気 0- 1- 2- 13 0.0% 6.3% 18.8%
前走2人気 1- 1- 0- 13 6.7% 13.3% 13.3%
前走3人気 1- 3- 1- 8 7.7% 30.8% 38.5%
前走4人気 2- 0- 1- 12 13.3% 13.3% 20.0%
前走5人気 4- 0- 1- 11 25.0% 25.0% 31.3%
前走6~9人 0- 2- 2- 37 0.0% 4.9% 9.8%
前走10人~ 2- 4- 2- 51 3.4% 10.2% 13.6%

前走のクラスやレース別ではなく、単純に前走レースでの人気を見ています。

なぜか前走1番人気だった競走馬が未勝利となっています。しかも、連対率も低いというオマケ付きで。

前走1番人気だったのは、イスラボニータとモズアスコット、アポロシンザンの3頭です。ちょっとどうかなと思えるデータが出てきました。今年も荒れるんかな?


では印を打っていきたいと思います。

予想の印はコチラ

第12回 阪神カップ(GⅡ)
馬番 競走馬名
本命 サングレーザー
対抗 レーヌミノル
単穴 キャンベルジュニア
連下 ビップライブリー
トウショウピスト

俺氏、完全に高配当を狙いにいく

さて、印を付け終えましたが、本命にはサングレーザーを選択しました。

どうですかね、3歳馬なんでどうかなーと思うんですけど、56.0kgの斤量でも古馬と走れることを示した前走。前走は、古馬が58.0kgを背負っているのであれば2.0kg差やからと言えたんですけど、斤量差は変わらず。ここまで順調に使われていることだけが心配材料ではありますけど、そんなにひっ迫したスケジュールでもないので、ここまでは持ってくれないかなぁと。

対抗には、牝馬ですけどレーヌミノルを。こちらも3歳馬ではありますけど、比較的内の枠に入れたのは、レーヌミノルからしたら前向きに評価できるのでは。前走から引き続き和田騎手が騎乗しますので、頑張って欲しいですね。

単穴には単なる穴狙いのキャンベルジュニアを。まぁね、R.ムーア騎手が騎乗しますので、押さえておいていいのではないでしょうかね。

連下には、人気薄の2頭を選択。欲に目を眩ませて。笑 ビップライブリーはスワンステークスで4着と好走を見せました。十分にあると思うんですよね。トウショウピストはスワンステークスで6着やったけど、サングレーザーから0.4秒差の6着なら、着順以上に負けた印象はないです。最後まで粘っていますので、十分にやれるんじゃないかなと。番手からになると思うんですけど、古川騎手が上手く内へ潜り込ませたらいいなぁと思うんですけどね。

まぁご覧の通りというか、基本的にはスワンステークスで好走した競走馬を上位指名しています。物差しとしては良いレースだったのではないかなと見ていますので。

ってなところで、阪神カップの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)

コメント

  1. マル より:

      KAUZさん、こんにちは。
     久しぶりの祝日休みです。
    阪神Cは予想というよりは、今日の結果を見ながら、先行残りが多く穴も出ていますね。
    ◎イスラ
    〇アポロ
    ▲モズ
    △レーヌ
    △サング
    穴ってほどではありませんが…。中山障害もとりあえず1、2番人気からの全頭流しを買ってます。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんにちは、コメントありがとうございます!

      祝日がお休みというのは嬉しいですよねー。
      カレンダー通り土日が休みじゃない人は、こういう時じゃないと休めませんもんね。

      イスラボニータは、有終の美を飾りましたねー。
      最後は捕まえに行って、見事な走りでした。
      来年もまだまだできそうな気がしますけどね。こればかりは仕方がないですね。
      子ども達に期待しましょう!

      また遊びに来てください!

タイトルとURLをコピーしました