過去記事の見直し、また内部リンクの見直しを行っております。記事やカテゴリのURLが変更となる場合がございます。

阪神ジュベナイルフィリーズ2017の結果と動画、配当

スポンサードリンク

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2017年12月11日に阪神競馬場で開催された第69回阪神ジュベナイルフィリーズの着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。ラッキーライラックが叩き合いを制し優勝しました。無傷の3連勝となりました。

優勝したラッキーライラックは、父オルフェーヴル、母ライラックスアンドレース、母父Flower Alley(フラワーアレイ)。ノーザンファーム生産馬。

石橋脩騎手は、阪神ジュベナイルフィリーズ初参戦で初優勝。ビートブラックが優勝した2012年以来のGⅠ勝利。調教師の松永幹夫氏も初勝利となりました。

スポンサードリンク

着順結果

着順 馬番 馬名 騎手 タイム 体重 人気
1 11 ラッキーライラック 石橋脩 1:34.3 484 -2 2
2 7 リリーノーブル 川田将雅 1:34.4 3/4 494 -4 3
3 4 マウレア 戸崎圭太 1:34.5 1/2 446 -4 4
4 8 トーセンブレス 柴田善臣 1:34.9 2 1/2 454 -8 7
5 16 モルトアレグロ 吉田隼人 1:35.0 3/4 472 +2 10
6 2 ラテュロス 北村友一 1:35.2 1 1/4 430 +4 9
7 3 グリエルマ 小牧太 1:35.2 ハナ 452 -10 13
8 12 ソシアルクラブ 福永祐一 1:35.3 1/2 458 -12 5
9 18 ロックディスタウン C.ルメール 1:35.4 3/4 488 -2 1
10 6 マドモアゼル 松田大作 1:35.5 クビ 450 +10 11
11 14 ノーブルアース 鮫島良太 1:35.5 クビ 458 -10 15
12 13 トーセンアンバー 横山和生 1:35.6 1/2 456 -4 14
13 17 コーディエライト 和田竜二 1:35.8 458 +4 6
14 1 サヤカチャン 松岡正海 1:35.8 クビ 466 +12 8
15 9 レグルドール 高倉稜 1:36.0 460 -6 18
16 10 ハイヒール 藤岡佑介 1:36.0 クビ 434 -4 17
17 5 ラスエモーショネス 幸英明 1:36.2 466 +4 16
18 15 ナディア 四位洋文 1:36.5 404 -2 12

映像動画

配当払い戻し

組番 金額 人気
単勝 11 410円 2番人気
複勝 11 140円 1番人気
7 180円 3番人気
4 240円 4番人気
枠連 4-6 720円 2番人気
馬連 7-11 920円 2番人気
ワイド 7-11 390円 2番人気
4-11 560円 4番人気
4-7 800円 8番人気
馬単 11-7 1,820円 4番人気
3連複 4-7-11 2,160円 3番人気
3連単 11-7-4 8,560円 11番人気

簡単な回顧

私の予想は、今回は忙しくて更新していませんでした。

さて、優勝したのはラッキーライラックでした。2着にリリーノーブル、3着にマウレアが入りました。比較的堅い決着となりましたが、1番人気のロックディスタウンは9着に敗れました。

レースはラスエモーショネスが積極的に引っ張っていきました。2番手にコーディエライトがつけてレースが進みます。優勝したラッキーライラックは8番手追走、2着のリリーノーブルは6番手、マウレアもラッキーライラックと同じく8番手付近を追走していました。

前半3F35.3秒 4F47.7秒 – 後半4F46.6秒 3F34.4秒というラップ構成。1000m通過時計は59.0秒という流れでした。

前半ややスローの流れでありながらも、全体的には淀みなく流れたため、先行勢にはやや厳しいペースになったのかなと思いました。もう少し先行勢が頑張ってくれてもとは思う部分もありますけど、上位勢が中団以降の競走馬で固まっているので、仕方がないのかもしれません。

上り最速を出したラッキーライラックは優勝で、同1位タイのトーセンブレスも4着。2着3着の競走馬が3位タイの末脚を出していることからも、キレ勝負になったとも言えるのかもしれません。

1番人気だったロックディスタウンは9着でしたが、大外で流れも向かなかったということもあるのかもしれません。ただ、気になったのは、スタートからずっと手が動いていたんですよね。これが先行力が無くなって押せざるを得なかったのか、それとも他に何か理由があったのかではないかと思います。掛かっているようにも見えるんですけど、本当のところはどうかな。内枠で見てみたい気もしますけど、桜花賞で大外に入ることになれば、そもそも切ってもいいのかなとも思いました。

ラッキーライラックは、強い勝ち方を2戦続けて行っていますが、2着のリリーノーブルも強かったですね。ここまでの2戦は鞭も使わずの完勝でしたが、それに見合う走りは見せてくれたのかなと思いました。

マウレアまでの上位3頭は、4位以下に差を広げて決着していますので、この上位3頭は今後も注目が必要でしょうね。