北海道2歳優駿2014の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

今日は門別競馬場で北海道2歳優駿が行われます。2歳のこの時期はホッカイドウ所属馬が強い…はずなんですけど、今年はなんだか様相が違う気もしますね。昨日のローレル賞の結果もホッカイドウ所属馬は奮いませんでした。

なかなか難しいメンバーが揃った印象ではありますが、頑張って予想を組み立てましたので、是非ご覧ください。

スポンサードリンク

第41回北海道2歳優駿

2014年11月6日に門別競馬場で行われる第41回北海道2歳優駿。このレースは距離1800m、出走頭数は12頭、発走時刻は20:05となっております。JRAからはディアドムス、トウケイファルコン、デヴァスタシオン、カラパナビーチが出走します。

展開予想・予想はこう組み立てました

2歳のこの時期は脚質がコロコロ変わるところがあるんですけど、今回出走するメンバーで逃げの経験が少ないですね。ヘブンズゲートがハナを切りそうな雰囲気はありますが、出脚で言えばオヤコダカの方は速そうですが、こちらは好位から早め抜け出してという競馬をしてくるはず。ともなれば、スローの流れを意識して、上り瞬発力勝負になる可能性が高いですね。

とは言ったものの、好位で競馬をしたがる競走馬が多く、先行争いのポジション取りが激しくなる可能性も。ただ、団子状態で競馬が進むんじゃいかという部分は変わりがないので、先行力があり、やはりある程度の瞬発力を求めていきたいと思います。

予想はこうなりました

第41回北海道2歳優駿(JpnⅢ)
馬番 競走馬名
本命 デヴァスタシオン
対抗 オヤコダカ
単穴 タケルオウジ
連下 ディアドムス
サダムリスペクト

予想印を付け終えて

ということで、本命にデヴァスタシオンを指名。デビュー戦を芝1800mで7着も、続く2戦目はダートの1800mで行われた未勝利戦を快勝。前走は東京競馬場で行われたプラタナス賞では0.1秒差及ばずの2着でした。そのせいもあってか、ここを勝たないと全日本2歳優駿は厳しい状況ですので、ここは勝ちに拘ってくると読みました。

対抗はオヤコダカ。ここまでのパフォーマンスを考えるに、抜けて強いのかなと思うんですけど、前々走は大差の負け。そこがやや気になり1つ評価を落としました。

単穴にタケルオウジ。ここまでダートでは3戦3勝。負けたのはいずれもJRAの芝のレースでした。ダートではまだ負け知らずなので、ここでも期待したいと思います。特に前走のサンライズカップの勝ちっぷりは素晴らしいものがあったと思います。ダメかなと思ったところで、もう1伸びしてきましたからね。勝負根性がある1頭だと思います。

連下はディアドムスサダムリスペクトを指名して終わりたいと思います。

9号馬サクセスストーリーの父モエレプルトスって聞いたことがないなぁと思ったんですけど、モエレプルトス自体川崎競馬場でデビューしてから、南関競馬で6戦して5勝2着1回の連対率100%だったんですね。ただ、Cクラスで終わっているので主な勝ち星はありません。その後種牡馬入りをして、種付け料は無料だそうです。少し調べると2010年から2012年までの間に、17頭程に種付けを行い生産数は7頭。その中の1頭がこのサクセスストーリーなんですね。前走、前々走を見る限り、ホッカイドウでの活躍に限界があるのかなぁと思ったんですけど、父モエレプルトスはマイルを中心に走っていたので、距離が伸びる方がいいのかもしれませんね。

というところで、第41回北海道2歳優駿の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました(#^^#)

コメント

  1. 北海道2歳優駿2014 予想

    にほんブログ村トラコミュ北海道2歳優駿(2014)地方交流重賞(2014) 地方競馬重賞競走◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 第5回 みやこS(G3)  京 …