ホープフルステークス2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年12月28日に中山競馬場で開催される第34回ホープフルステークスの展開から導く競馬予想です。ホープフルステークスは2歳のGⅠ競走で、距離2000m、出走頭数は17頭、発走時刻は15:30となっています。

中山競馬場の2000mとなったのが2014年からで、それまでは阪神競馬場の2000mのオープン特別戦でした。

重賞格上げとなったわけですけど、今年からGⅠ開催ということもあって、やっぱりデータを使うには難しいかなと思いますね。

今回は、予想力で勝負(笑)していきたいと思います。

今年のホープフルステークスですが、注目馬はジャンダルムでしょう。モーリスの全弟のルーカスも出走を決めてきましたが、順調に追い切りが消化できなかったのはどうなのかなと思います。

水曜日の早い段階ですけど、1番人気はジャンダルムで4.4倍。2番人気はルーカスの4.9倍の人気も拮抗しています。3番人気はタイムフライヤーで5.1倍で、4番人気は6.4倍のフラットレー、5番人気が8.2倍のサンリヴァル、9.9倍のトラインが6番人気で続いています。上位6頭が単勝オッズ10倍を切っているわけですが、スタート直前オッズでは、上位5頭が1桁オッズなのかなと思うんですが、どうでしょうか。

上位人気馬が拮抗している今年のホープフルステークスですけど、残念なのがここにワグネリアンがいないこと。弥生賞からのスタートということで、現在休養に入っているし、藤沢厩舎の期待の2歳馬であるオブセッションともに弥生賞のメンバーが楽しみという人もいるかもしれませんね。前走のシクラメン賞では、イスラボニータが当時作った2歳レコードを0.3秒更新する走りを披露しているだけに、素質の高さを伺わせます。

昨年はレイデオロがここを走って、後のダービー馬となりました。ホープフルステークスならぬ、ホープレスステークスなんて言葉も重賞格上げ以降は言われていましたが、ようやくレース名に相応しい結果を残す競走馬が現れたところでGⅠなので、今年もここからクラシック1冠くらいは獲れる競走馬が現れるかにも注目ですね。

では、印を打っていきたいと思います。

展開と印はこう組み立てました

2歳戦ということもあり、やはり先行力がある競走馬が比較的多いですね。2歳戦独特と言いますか。

前走逃げた競走馬だけで、リュヌルージュとトライン、ジュンヴァルロ、シャフトオブライトの4頭。

前走4番手以内で競馬を行った競走馬を見ると、トーセンクリーガーとウォーターパルフェ、ロードアクシス、タイムフライヤー、シャルルマーニュ、サンリヴァル、フラットレー、ステイフーリッシュと8頭で、5番手追走だったジャンダルム等々を含めると、こりゃ結構な先行馬が揃ったなと思うところです。

中には少頭数のレースもありますので、一概に前々だから先行したってわけではないですけど、ある程度はポジションは取りにいくということなので、その点ではポジション争いは激しくなりそうな雰囲気はありますね。

必然的にペースは上がりそうかなと思うんで、後ろが伸びることも考えてもよさそうですね。

去年のメンバーで前半ペースが上がって、後半は脚が止まったようになりましたけど、今年も去年と同じくらいの入り、もしくは35秒台前半で入っていって、後半は36秒後半で上がってくるのかなという見立てで組み立てていいような気がするんですよね。1000m通過60秒フラットとか、その辺にならんやろうか。

ホープフルステークスの予想の印はこうなりました

第34回 ホープフルステークス(GⅠ)
馬番 競走馬名
本命 ジャンダルム
対抗 ステイフーリッシュ
単穴 マイハートビート
連下 タイムフライヤー
ナスノシンフォニー

今年のホープフルSの予想の印を付け終えて

ということで、本命には1番人気となりそうなジャンダルムを選択しました。

ポジション的には、今回は中団で脚を溜めるのではないかなと思います。これまでは少頭数での中団より前での競馬でしたけど、多頭数となりましたし、メンバー的には先行勢が揃いましたので、今までの感じを見ていると、スッと下げていきそうです。

皐月賞を見据えたレースをしてくるのではないかなと思うのですが、3角からポジションを上げていき、4角で外を回って突き抜けてきてくれるのではないかなと思います。

単穴にはマイハートビートを選択しました。記事更新時の人気が13番人気と評価が低いですけど、個人的には面白いんじゃないかなと思うんですよね。前走は出遅れも影響していると思うし、その点では、スタートを五分に出れたらという条件は付くんですけど、末は伸びるものを持っているので。中山競馬場が合うのかという疑問は浮かびましたけど、前走は展開が向かなかったというのもあるし、ここはチャンスはあると思うんですよね。

連下の1頭、ナスノシンフォニーなんですけど、大外からのスタートとなりましたが、ナスノシンフォニー自身は外枠方が競馬がやり易いのではないかと思うので、その点で選びました。

比較的人気薄のところも織り交ぜながらの印となりましたが、ルーカスをどうしようかなと思ったんですけど、みなさんはどうしますか?笑

能力は高いと思うし、展開も向きそうだけど…。追い切りが追い切りだからなぁと思います。ここは無理させないで春からの始動とか、1週遅らせてシンザン記念でも良かったと思うんですよね。不安が大きいのでパスしました。

ってなところで、ホープフルステークスの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)