ジャパンカップ2017の結果と動画、配当

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年11月26日に東京競馬場で開催された第37回ジャパンカップの着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはシュヴァルグランでした。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

ジャパンカップの全着順結果

着順 馬番 馬名 騎手 タイム 体重 人気
1 1 シュヴァルグラン H.ボウマン 2:23.7 470 -2 5
2 2 レイデオロ C.ルメール 2:23.9 1 1/4 484 +8 2
3 4 キタサンブラック 武豊 2:23.9 クビ 542 0 1
4 11 マカヒキ 内田博幸 2:24.6 500 -4 6
5 14 アイダホ R.ムーア 2:24.7 クビ 480 前計不 10
6 9 レインボーライン 岩田康誠 2:24.7 クビ 448 -4 8
7 8 ソウルスターリング C.デムーロ 2:24.9 480 0 4
8 16 ヤマカツエース 池添謙一 2:25.0 1/2 506 +2 12
9 3 ギニョール F.ミナリク 2:25.0 クビ 468 前計不 9
10 12 サトノクラウン M.デムーロ 2:25.2 1 1/4 496 -2 3
11 13 シャケトラ 福永祐一 2:25.2 クビ 524 -2 7
12 5 サウンズオブアース 田辺裕信 2:25.2 アタマ 502 +2 11
12 10 ブームタイム C.パリッシュ 2:25.2 同着 528 前計不 16
14 17 ラストインパクト 戸崎圭太 2:25.3 クビ 482 -6 14
15 6 イキートス D.ポルク 2:25.5 1 1/4 424 前計不 13
16 15 ワンアンドオンリー 横山典弘 2:25.7 1 1/4 490 -4 15
17 7 ディサイファ 柴山雄一 2:26.0 508 0 17

映像動画

配当払い戻し

組番 金額 人気
単勝 1 1,330円 5番人気
複勝 1 190円 4番人気
2 140円 2番人気
4 120円 1番人気
枠連 1-1 1,780円 6番人気
馬連 1-2 1,770円 7番人気
ワイド 1-2 460円 5番人気
1-4 350円 3番人気
2-4 230円 1番人気
馬単 1-2 5,250円 19番人気
3連複 1-2-4 1,300円 2番人気
3連単 1-2-4 13,340円 36番人気

簡単な回顧

私のジャパンカップの予想はコチラから、どうぞ。

優勝したのはシュヴァルグランでした。H.ボウマン騎手の好騎乗が光りました。2着に本命に挙げていたレイデオロ、3着にキタサンブラックで決まりました。単穴・本命・対抗で決まりました(*‘ω‘ *)

キタサンブラックが悠々と逃げる中でも、1000m通過時計が60.2秒で、昨年の61.7秒と比べるとやや速い時計となりました。昨年も逃げたのはキタサンブラックでしたが、昨年は今回と比べると1000m通過時点で、約7馬身ほど後方を走っていたことになります。

最後に脚が鈍ったのは仕方がないのかなと思います。

昨年のジャパンカップの勝ち時計は2:25.8でしたが、今年の勝ち時計は2:23.7でした。キタサンブラック自身は、昨年の競馬以上のものを見せていました。最後にキタサンブラック自身が鈍ったように見えますが、キタサンブラック自身も2:23.9で駆け抜けていますので、前年以上の強さを見せてのものでしたね。

悔しいのはM.デムーロ騎手でしょうか。これまで連続GⅠ勝利や複勝圏内と堅調な走りをしていました。1週前のシュヴァルグランに騎乗していましたが、直前でサトノクラウンへの騎乗となりました。サトノクラウンは10着に敗れていますが、距離と前走の疲労などがあったのかなと思います。

優勝したシュヴァルグランは、最内の地の利を活かしての競馬。内々で脚を溜めて、じっと我慢していました。直線コースに入ったところで、狭いところを突いて伸びてきましたね。キタサンブラックをきっちりと視界に入れると、残り300mのところで捕らえそうな勢いで伸びてきました。外からはレイデオロが伸びてきていますが、シュヴァルグランの手応えが良かったですね。

どうやらキタサンブラックは、落鉄していたみたいですね。左前脚の落鉄という速報が入ってきています。

さて、ラップも発表されましたので、掲載しておきます。

前半3F36.3秒 4F48.4秒 5F60.2秒 後半5F59.1秒 4F46.9秒 3F35.1秒でした。

そこまでペースが前半緩いとは感じませんね。平均的なペースだと考えていいのではないでしょうか。その点で見れば、先行策のキタサンブラックと5番手辺りを追走していたシュヴァルグランが3着と1着ということからも、レイデオロの強さが逆に光るかなとも思います。レイデオロは、11番手から4角で7番手追走でしたので、最後は良く伸びてきました。上り3F34.6秒で1位タイの末脚を見せての2着に粘り込みでした。

4着にはマカヒキで、こちらも4角で11番手、5着アイダホも4角で13番手追走でしたので、その点では、先行策の競走馬も後方待機策の競走馬も、どちらの優勢劣勢ということはなかったのかなという見方もできますね。

まぁ強い競走馬がそのまま勝ったレースという見方もできますし、上位勢はそれなりの成績を残してきたメンバーですから、まぁ久々に面白いレースを観たと思えればよかったのかなと思います。

競馬やってりゃあるあるやね…(´;ω;`)ブワッ

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. くーちゃん より:

    おめでとうございます\(^_^)/

    キタサンは昨年より早いラップで逃げての小差の3着ですから負けて強しですね。
    下手したら前走の反動で惨敗の目もあったわけですから
    有馬でリベンジあるのみ。

    どの位遡ればあるのか分かりませんが前走GⅡ戦負け馬の兆冠!!
    急遽の乗り替りによる大魔神の怒りが笑顔に\(^_^)/
    やはり持っている方は持っていますね。

    最後京阪杯で惨敗でした(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

    来週のチャンピオンズは今からオッズ割れ(でも1人気はテイエムか!?)の予感がします。
    当たればデカい・・・当たればですが(笑)(笑)

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      ありがとうございます(*‘ω‘ *)
      ようやく秋のGⅠで的中することができました(●´ω`●)

      キタサンブラックは負けて強しでしたね。
      最後まで見せ場は十分でしたから、なかなかできることではないですね。

      >>やはり持っている方は持っていますね。

      まさにですね。
      それに比べて、F永騎手は…。

      チャンピオンズカップは、当てるだけでオッズは付きそうなので、すっごく楽しみですねー。
      2週連続を目指します!!

      また遊びに来てください!