第81回 日本ダービー (東京優駿) 着順結果 動画

スポンサードリンク

第81回 日本ダービー

2011年生まれの頂点を決める戦い、日本ダービーが行われましたね。着順結果と動画のお知らせ。

第81回 日本ダービー 結果

第81回 日本ダービー
着順 馬番 馬名 騎手
1着 ワンアンドオンリー 横山典弘
2着 イスラボニータ 蛯名正義
3着 マイネルフロスト 松岡正海
4着 タガノグランパ 菱田裕二
5着 トゥザワールド 川田将雅
6着 ショウナンラグーン 吉田豊
7着 アドマイヤデウス 岩田康誠
8着 ベルキャニオン 戸崎圭太
9着 スズカデヴィアス 酒井学
10着 ワールドインパクト 内田博幸
11着 サウンズオブアース 浜中俊
12着 レッドリヴェール 福永祐一
13着 ハギノハイブリッド C.ウィリアムズ
14着 サトノルパン 小牧太
15着 アズマシャトル 松山弘平
16着 トーセンスターダム 武豊
中止 エキマエ 江田照男
取消 ウインフルブルーム 柴田大知

第81回 日本ダービー 払い戻し

 払い戻し一覧
種類 番号 払戻金
単勝 2 560円
複勝 2 200円
13 140円
3 1,220円
ワイド 2-13 420円
2-3 5,210円
3-13 3,580円
枠連 1-7 800円
馬連 2-13 850円
馬単 2-13 1,860円
3連複 2-3-13 27,470円
3連単 2-13-3 103,300円

第81回 日本ダービー 回顧

私の予想記事日本ダービー 2014 予想はこちらから、どうぞ。

やっちまったAA

予想で的中した部分と言えば、エキマエがかっ飛ばしてくる、という部分だけ。しかも故障したので、早々に展開がごちゃごちゃしてきました。トーセンスターダムは早め先頭に立つ、立たされたという雰囲気ではありますが、最後はどうしたんでしょうかね。内ラチに激突しながらの競馬でした。最後はもう単なる早歩きみたいな形となり、ゴールしたメンバーの中では殿負けとなりました。

勝ったのはワンアンドオンリー。今日は先行していく形での競馬となりましたが、メンバーを見て先行策を決めたようですね。道中はずっとイスラボニータを見ながら競馬出来たのも、勝因の一つではないかなと思います。

2着にイスラボニータ。直線向いて、早々に手ごたえが怪しく感じたのですが、それでも2着、最後はワンアンドオンリーに対し差し返そうと頑張る姿が印象的でした。しかしながら、蛯名正義騎手はダービーを勝つことはもうないんですかね。来年のことなんてわかんないですけど、最大のチャンスが目の前にあった、そういう気がしてなりません。

3着にマイネルフロストが入りました。気づいたら内側になんかいるなと思ったんですけど、こちらは道中ワンアンドオンリーの直ぐ後ろを走っていたんですね。

今回は先行し馬が強いパフォーマンスを見せることが出来ました。逆に本命に推したトゥザワールドは5着でした。スタートやや後手となり、そのまま道中も控える形となったのがやはり最大の敗因だろうと思います。

エキマエとトーセンスターダムのその後が気になるところです。無事であればいいのですが。

自分的には、物凄く時間をかけて予想記事を書いたんで、ハズレたことで寝込みそうです。マイネルフロストはフォローできないよ(ーー;)

競走中止したエキマエの故障とその後は

物凄くエキマエに関する単語での検索流入が増えているから、調べてみました。エキマエは日本ダービーの3コーナー手前で失速、競走中止していました。

答えから書くと右寛跛行(右寛ハ行)ということですね(ソースは「開催競馬場・今日の出来事」)。簡単に書くと右後脚の歩様が何らかの理由によりおかしくなった、ということですね。原因が関節の痛みなのか筋肉なのか、理由はわかんないけど、何やらおかしい、という状態をさします。人間でもマメが出来たり、打撲したりしたら歩き方がおかしくなるはず、そんな感じです。

その為、予後不良や引退ということは、今のところありません。今後はどこかに照準を絞っていくのでしょうが、ハ行は比較的早めに復帰できるはずです。

この情報を調べようと、まずはnetkeiba.comのエキマエの掲示板にいったらクソ荒れていてワロタwwダート馬が芝の、しかも日本ダービーに出ることを快く思わない人と権利があるんだから問題ない派の永遠の戦いですなぁ…。

追加情報が出ました

6月4日に追加の情報、詳細がわかりました。左第一指節種子骨々折ということで全治が未定となりました。ソースはエキマエ号が故障。

骨折場所が分かりにくく、どこだろうと思われる方も多いかと思いますが、株式会社 大樹レーシングクラブの データファイル(解説図「前脚の腱・靭帯 の名称」)が理解しやすいと思う。

あれって思ったのは予後については経過観察中と書かれているんだよね。一応は様子を見ながら放牧に出されるようですね。競走馬は骨折が致命傷となり、骨折していない脚に自身の体重の負担がかかって、違う部位を故障したり、ストレスなんかで大腸とかが異常となり、そのまま予後不良となることもありますからね。

無事に乗り越えられますように。