過去記事の見直し、また内部リンクの見直しを行っております。記事やカテゴリのURLが変更となる場合がございます。

日本ダービー2018の予想はダノンプレミアム軸本命にて勝負する也【東京2400m発走15:40】

日本ダービー2018予想 JRA競馬予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)
2018年5月27日に東京競馬場で開催される第85回東京優駿(日本ダービー)の展開から導く競馬予想です。日本ダービーは、距離2400m、出走頭数は18頭、発走時刻は15:40となっています。

1年ってあっという間というか、去年のレイデオロが優勝したのをまだなんとなく覚えているんだけど、あれからもう1年が経ったのかなと思うとなんだかなぁ。30過ぎるとあっという間なんて言われてるけど、今年33歳を迎えるにあたり、ホント、1年の流れが早すぎる。

なんだかんだ平成最後の日本ダービーとなるということで、そういうサインとかも多いのかなと思ったりもしています。
となれば、平成最初の日本ダービーと同じになるのではと思って1989年の日本ダービーを見たら、1枠3番に違和感。そうやった、フルゲートが24頭の時代やったか。そのときの日本ダービーを制したのはウィーナーズサークル。2着に馬番20番のリアルバースデー、3着に馬番24番の大外中の大外サーペンアップという競走馬でした。ウィーナーズサークルは分かるんだけど、そのほか2頭は全然分かんないですね。まだ3歳9か月くらいの僕だったので、知る由もないんですけど。

今年はダノンプレミアムが1番人気となるでしょう。ここまでデビューから全勝無敗の日本ダービー馬となれるのか。記事更新時オッズでは2.1倍と支持を受けています。
2番人気には6.5倍のブラストワンピース、3番人気にはキタノコマンドールで7.9倍、4番人気にワグネリアンで9.5倍となっています。

キタノコマンドールがここでも人気していることに意外性を覚えるものの、うーん、うーん…。ブラストワンピースもOut of 眼中やったんで、その点ではやったぜ!って感じで考えていいのかなぁ。
データ的にはステルヴィオが面白いと思っていたんだけど、7枠15番に入ってしまいましたね。

/japan-derby-2018-data/

だけど、皐月賞4着のステルヴィオ、記事更新時は7番人気ですよ。スプリングステークスの覇者で、スマイルジャックのように2着に飛び込んできたりするので、侮れんなとは思っているんですけど、うーん、キタノコマンドールよりかは前向きに見たいと思うんだけど。重賞を勝っている競走馬と勝ってない競走馬って差があると思うんだけどなぁ。

まぁだけど、ディスった競走馬が好走されたら悲しいから、映画の賞を受賞された方がいましたので、映画監督繋がりでキタノが来るかもしれんなー(鼻ほじー)

と、前書きが長くなってもあれなんで、さっそく印を打っていきたいと思います。

スポンサードリンク

今年の日本ダービーの展開と印はこう組み立てました

ジェネラーレウーノがハナに立つことになるとは思うんですが、行かなければダノンプレミアムがハナに立つことになるんでしょうか。
大外のサンリヴァルも先行していく1頭ですので、内へ切り込みながら走ってると前々になってしまったということは想定しておいてもいいんじゃないかなと。

エタリオウやエポカドーロなども前々でレースを進めますので、その点では問題ないんじゃないかなと思うんですけど、外枠から内へ切り込みながらという感じになるので、スタート直後にややゴチャゴチャしそうかなという感じは受けます。

まぁ昨年ほどの超が付くドスローではないとは言え、やはりスローの流れは必至かなと。
日本ダービーとなるとテレビ馬と言って、大きく逃げて名前をたくさん呼ばれようとする陣営、馬主なのかな?もいますけど、今年はどうだろう。テーオーエナジーにはそういう部分は感じるけど、ないかなぁ。

大舞台でいきなり脚質を変えてくるってことはないと思うし、自分の競馬に徹してくるでしょう。

日本ダービーの予想の印はダノンプレミアムから3連複勝負だす

第85回 東京優駿(GⅠ)
馬番 競走馬名
本命 ダノンプレミアム
対抗 ジェネラーレウーノ
単穴 グレイル
連下 サンリヴァル
ステイフーリッシュ
ステルヴィオ

ダービーの印を付け終えて

やあ (´・ω・`)
ようこそ、コーラハウスへ。
このコーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、この予想を見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、この予想を作ったんだ。

じゃあ、予想の話をしようか。
(一部改変)

初志貫徹。そういうとカッコいいのかは分かんないけど、今回はまず当てたいということで6頭に印を回しました。
むかーーしからの読者の方は分かってると思うけど、欲を出して6頭に印を回したとき、それ即ちハズレるとき。分かってる、分かってるんだ。

本命にはダノンプレミアムを指名しました。やっぱり1枠1番だし買っとく方がいいよ。無理に切る選択こそナンセンス。信じるんだ、JRAの思惑とやらを。いや、知らんけども。
だけど、ステルヴィオを本命にするほどの勇気もない。皐月賞上位馬も同様。
となれば、消去法的にもダノンプレミアムを本命にするべきではなかろうか。いや、そうに違いない。

対抗にはジェネラーレウーノを。まず、皐月賞上位馬の中でエポカドーロは買わないつもりだったんだけど、2着馬ジェネラーレウーノと3着馬サンリヴァルの2頭は、展開が向いたのも事実。だけど、皐月賞を見直してて強かったんじゃないかなと、ここにきて成長を感じるだけのものは感じたから、もう日本ダービーでは買おうと思ってたんだよね。
この辺はホントに初志貫徹。皐月賞が終わって、動画を何度か見て、日本ダービーでも来るんじゃないかと思った。
サンリヴァルを連下1頭目にしているけど、大外だしなぁということで、今回は評価を下げた感じ。

単穴にはグレイルを。これはもう穴狙いだね。
まぁジェネラーレウーノも対抗にしては穴っぽいんだけど、9番人気のハーツクライ産駒でしょ。ハーツクライ産駒って人気薄でこそみたいなところない?
いや、ごめん。データとかなんも調べずに雰囲気だけで書いてるからあれだけど、前走の皐月賞では34.8秒で上り最速タイで駆けているからね。ステルヴィオとキタノコマンドールと同じ時なんだけど、皐月賞の上り最速は買っとけみたいなところがあるからね。
それでステルヴィオも選んだんだけど、ステルヴィオは連下までにしました。

連下もう1頭がステイフーリッシュ
こういう風になんかもう混戦みたいになったら、京都新聞杯からひょっこり優勝馬が出てしまう可能性だって無きにしも非ず。展開は向くと思うんですよね。共同通信杯くらいの位置取りでも届くんじゃないかな。キレるタイプではないから、東京競馬場がどうかなとは思うんだけど、前走の勝ち方はされどあっぱれ。買わなくて後悔するより、買って後悔しようかなと。

今年の日本ダービーはダノンプレミアムを本命視しているけれど、基本的には上位人気馬を嫌った形。
ってなところで、日本ダービーの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました(●´ω`●)

PS

こうしてみると2桁馬番ばかりで、なんか違うような気がしてきた(; ・`д・´)
掲示板が2桁馬番ばかりになりますように…(○ `人´ ○)

コメント

  1. マル より:

      KAUZさん、今晩は。
     難しい選択ですね。でも私も◎は漬け難いですが、ダノンが4着以下にはならないと思います。見解は違いますが、皐月賞1着馬が4着以下に落ちるのも?です。いずれにしても先行馬が残り、差し馬が最低3着。予想ではなく、確率に近い考えです。
    ◎ダノンプレミアム
    〇エポカドーロ
    ▲ステルヴィオ
    △キタノコマンドール
    △オーケンムーン
    ✖ブラストワンピース
    買われる方のご幸運を祈ります。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんばんは、コメントありがとうございます。

      昨年はドスローの流れで、時計も記録的に遅いレースでしたから、先行勢が優勢なのも今年も変わらないのではないでしょうかね。
      後方勢にも有力馬が揃っているし、ペースは流れないと考えるのが妥当かなと。

      となると、エポカドーロも来れるとは思うんですけど…。

      全部を買っていたら破産してしまうので、思い切って消しました。笑
      やっぱり2冠って難しいと思うんですよね。エポカドーロが達成する、もしくは惜しいところまで行くのかというと疑問符も浮かびますし…。

      とりあえず、ダノンプレミアムとステルヴィオは来てもらわないと、ですかねー。笑

      また遊びに来てください!