今週はジャパンCなんだけど、データ記事はちまちま書いてます。もうしばらくお待ちをば。

JBCクラシック2018の予想はオメガパフュームに期待して3連複勝負しようかな

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2018年11月4日に京都競馬場で開催される第18回JBCクラシックの展開から導く競馬予想をお届けしていきたいと思います。
今年のJBCクラシックは、京都ダート1900m、出走頭数は16頭、発走時刻は15:40となっています。

そんなことよりも福岡県民は大歓喜ですよ。今頃、那珂川にダイブしとるきゃつらもいるんやろうなぁ…。
仕事に追われてて9回表からしか観れていないけれど、福岡ソフトバンクホークスが日本一になりました!

2位からの下克上だったし、日シリ1戦目2戦目を観た感じだと、うわぁ厳しいなぁと思ったんですけど、なんかやんか福岡に戻ってきてから4連勝で決めてくれましたね。
松田の不振など、どこかベテラン勢があまり勢いに乗れていないのかなぁと思いましたけど、終わり良ければ総て良しってやつですよ。

明日からソフトバンクホークスのセールが始まる我が街福岡。天神に行く予定は残念ながらないのですが、イオン九州内ではセールが行われるので、月曜日にでも出かけようかなと思います。
ってか、Yahoo!ショッピングに繋がりにくいですねー。
自分は書籍なら楽天市場、そのほかのショッピングはAmazonを主に使っているので、その点では楽天にも頑張って欲しいみたいなところがあるので、そういう意味では非常にまぁなんというか、うん、まぁあれだ、頑張れって感じがしちゃうんですけどね。笑

ってか、Yahoo!ショッピングは有料会員かソフトバンクユーザーじゃないとおトクに買い物ができない感じですかね?ちょっと調べたけれど、なんか有料会員じゃないと意味がないっぽいな。

とまぁそんな感じではありますけど、話題を戻してJBCクラシックの話題へと。

過去のデータが全く使えないJBCシリーズ。
JBCとやなんぞやという方のために簡単にJBCの解説ではないですけど、まぁ軽く触れておくと、今年で18回目の開催ということですが、過去17回は全国にある地方競馬場の持ち回りで開催されていました。
持ち回りとは言っても、大井競馬場が7回、名古屋競馬場が2回、川崎競馬場が2回、盛岡競馬場2回、船橋競馬場と園田競馬場、金沢競馬場が1回ずつで計17回(足しても17にならんけど気にするな)なんで、門別競馬場や水沢競馬場、姫路競馬場、高知競馬場、姫路競馬場では行われていませんけれども。地方競馬場でも人が集まるイベント日なので、やはり人が集まりますので、しっかりとした交通網があることや施設の規模などが条件になるので、まぁ私の家から1番近い佐賀競馬場でJBCが開催されることはまずないのではないでしょうかね。マジで小さいしへき地だし。

今年はもっと知名度をあげるためにJRAとコラボして京都競馬場で開催されますが、来年はまた地方競馬場に戻り、初めて浦和競馬場で開催が予定されています。

個人的には浦和競馬場でできるなら、佐賀競馬場でもとは思っちゃうんですけどね。難しいのかな。笑

JBCは、ジャパンブリーディングファームズカップの略。

アメリカのBCと言われているブリダーズカップを模して創設されたのですが、ジャパンブリダーズカップを略してJBCや!って言ってたら本家BCからガチクレームが入って『いやいや、ジャパンブリーディングファームズカップなんですよねてへぺろ☆(・ω<)』ということになり現在の形となっています。

だけど、本家BCと同じように持ち回り開催だし、地方競馬場を盛り上げようというレースであることは間違いありません。その為、JRAでは行っていませんが、複数レースのG(Jpn)Ⅰが1日で行われます。

という感じで、JRAしかやらない人は、JBCってなんやねん、JRAのWEBページには格付けが載ってないけど、新聞観たらGⅠって書いてあるし、なにが本当なん?みたいに思われるかもしれませんね。

まぁ詳しいことは知らんけど、パートⅠなんですよね、日本は。なので勝手にレースの格付けができない(国際セリ名簿基準委員会(ICSC)が勧告して始めて格付けを得られる)から、地方競馬協会(NAR)や日本軽種馬協会(JBBA)などが独自の格付けを行ったものが、G=Jpn(読み方も『ジー』)と名乗ってるという感じですかね。(間違ってたらスマソ)
JBCは2013年からJpnⅠレースとなり、現在までの形となっています。

だからかなのか、例えばGⅠ最多勝利馬は7勝のテイエムオペラオーやキタサンブラック、ジェンティルドンナ、ディープインパクトなど6頭います。

しかし、Jpnを含めると、昨年まで現役だったコパノリッキーがG(Jpn)Ⅰ11勝となるので、日本で1番GⅠを制しているのはコパノリッキーということになるわけです。

だけど、この辺は、競馬ファンの中でも意見が分かれるんですよね。笑
某大手掲示板では大体この話題になると、ダートは芝で通用しなかったいわば2軍が行きつくところだから価値なしみたいな意見だったり、ダートは種牡馬としての価値がないからノーカン、みたいな意見もあったりもして、あんまし評価されてないんやなぁという感じですかね。

自分としては、地方のダートグレード競走もやってるし、南関競馬は好きなので、えー、数に含めてあげなよって思っちゃうんですけどね。

色々な勢力がいるのであれですけど、まぁだけど、JRA的にも正直認めてないですよね。笑

そんな感じなのがJBCという感じです。

脱線しまくりましたが、ほんでは予想です。
(あれ、結局、なにが言いたかったんやろう笑)

スポンサードリンク

JBCクラシックの予想の印はオメガパフュームから

第18回 JBCクラシック(JpnⅠ)
馬番 競走馬名
本命 オメガパフューム
対抗 アポロケンタッキー
単穴 センチュリオン
連下 ケイティブレイブ
サンライズソア

印を付け終えて

まず、今年のJBCクラシックの展開を考えると、まぁドが付くほどのスローはないと思います。
先行勢が揃っているのが1点と、恐らく外からクリソライトがハナを主張しつつ突っ込んでくるんだろうけど、テイエムジンソクが制していきそうですからね。

さすがに地方馬が活躍できるほどのメンバーではないので厳しいのかなと思うんですけど、JRA馬のみをみていけばいいんじゃないですかね。

平均ペースからややスローくらいで、前後半はあまりラップが変わらずに進むのではないかなと思います。

ということで、本命はオメガパフュームとしました。
ここまでのレースをチェックしていたら、中団で構えて末脚勝負みたいな競走馬ですけど、平均ペースならば十分にあるんじゃないでしょうか。
京都競馬場のダート1900mは1枠がやったらめったら強いんですけど、まぁだけど、データはあくまでデータなんで。笑

中心はオメガパフュームでいいんじゃないでしょうか。

その他はそれっぽいところを選んだ感じですかね。
単穴のセンチュリオンは、データを気にして。笑

まぁオメガパフュームを選んだらノンコノユメは選ぶ方がいいんじゃないかなと思うんですけど、もうここは私の意地。
とにかく相性が悪い競走馬なので、買ったら来ないし、買わなかったら来るしで、もう嫌になってくるんよね。だからもう買わへん。笑

ってなところで、JBCクラシックの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただき誠にありがとうございました(●´ω`●)

コメント

  1. くーちゃん より:

    ブログ更新は拝見しておりましたが、ゲームばかりしてカキコしておらず失礼しました。

    さてこのレース、地力上位ながら地方でしか大きなタイトルが無かったケイティブレイブが貫録勝ち
    レースはハナを取ったサンライズソアですが4コーナーまでジンソクに絡まれて最後は力尽き・・・
    それでも前に行った馬では唯一でしたので負けて強しの内容。
    ま~私は勝ち馬ケイティ買う予定が色気を持ちすぎてしまいジンソクで勝負しましたが往年の強さは有りませんでした・・・(´;ω;`)(´;ω;`)

    この前の10Rスプリントも、スプリンターズに続きドンキから勝負で(´;ω;`)
    あ、最終レディスクラシックは枠入りをごね続けたプリンシアコメータで撃沈したのは言うまでもなく(´;ω;`)(´;ω;`)

    負の連鎖が止まりません(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)