JBCレディスクラシック2014の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

今日は地方競馬の祭典、JBC!!先ほど、第14回JBCスプリントの予想記事を更新しましたが、この記事では第4回JBCレディスクラシックの予想記事を更新していきたいと思います。

第4回JBCレディスクラシック

出走メンバーを簡単に見ていくと、JRA勢はコーリンベリーワイルドフラッパートロワボヌールアクティビューティサンビスタブルーチッパーと実力馬が集まりましたね。これだけでもかなり混戦かなと思います。牝馬戦線ではメーデイアが絶対女王として君臨していましたが、引退後は混戦。一歩抜け出したかなと思ったワイルドフラッパーは前走レディスプレリュードを勝ったものの、その時の2着馬サンビスタには8月に門別競馬場で行われたブリーダーズゴールドカップで千切られてしまいました。この2頭の力は拮抗していると見て良さそう。

アクティビューティはレディスプレリュードで4着、スパーキングレディーカップ5着と一息。ただ、その前もことごとくワイルドフラッパーに千切られてはいますが、2着を確保しており、昨年のJBCレディスクラシックではメーデイアの2着に入るなど、高いレベルでの好走が続いています。ダートグレード競走だけで言えば、ここまで9戦連続掲示板を確保しており、安易に切るのは危険でしょうね。

コーリンベリーは前走プロキオンステークス9着も、勝ち馬ベストウォーリアから0.4秒差。ベストウォーリアはJBCクラシック前哨戦のマイルチャンピオンシップ南部杯を制しており、斤量差の恩恵はあったものの0.4秒差ならば期待が持てる。

更に混戦に拍車をかけるのが、牝馬は地方所属の馬でもJRA馬に十分に通用するメンバーが揃いました。地方所属馬を見ていくと、まずは愛知所属のピッチシフター。佐賀競馬場で行われたダートグレード競走サマーチャンピオンでは牡馬に混じっても通用するスピードを兼ね備えています。前走レディスプレリュードでは5着と掲示板が一杯一杯でしたが、地力は兼ね備えているので好勝負に期待したいですね。浦和所属のマイネエレーナは前走埼玉新聞栄冠賞を後続に1.9秒差つける圧勝劇。同じく南関は船橋所属のカイカヨソウは牝馬限定戦では好走している競走馬。前走スパーキングレディーカップでは、優勝したサウンドガガには1.9秒差つけられたものの4着と掲示板は確保。

JBC3競走の中でも1番難しいんじゃないかなと思う1戦。きっちりと的中目指して頑張りたいと思います。いつものように展開を考察しながら組み立てていきたいと思います。

展開予想・予想はこう組み立てました

ハナを切るのはどの競走馬でしょうか。最内コーリンベリー、外に入ったブルーチッパー、前走南関重賞を圧勝したマイネエレーナは前走の再現を狙ってくるはず。この3頭が自分の競馬をしようと前々に突っ込んでいくと思いますが、ただ、出脚のダッシュ力はブルーチッパーが上手かなというところで、ブルーチッパーがハナに立って競馬を進めるでしょう。

先行勢も揃いましたね。ワイルドフラッパーは直後の4番手、サンビスタ、アクティビューティが5番手6番手辺り、トロワボヌールはそのあとくらいじゃないかなと思います。

地方馬でもダッシュ力のある競走馬が数頭いますので、かなり混戦で速い流れのままでレースが進みそう。そうなると早い流れに対応できるJRA勢が優勢となりそうで、地方馬では厳しいか。マイネエレーナがハナを奪えれば違った展開もありそうだが、ちょっと考えにくいかな。

予想はこうなりました

第4回JBCレディスクラシック(JpnⅠ)
馬番 競走馬名
本命 ワイルドフラッパー
対抗 サンビスタ
単穴 ブルーチッパー
連下 トロワボヌール
ピッチシフター

予想印を付け終えて

ということで、予想は好位で競馬が出来るワイルドフラッパーを本命に。ブリーダーズゴールドカップでは2着に負けてしまいましたが、サンビスタとの対戦成績ではこちらの方が上。前が速くなりそうではありますが、4番手辺りの内々を進んでくれれば問題ないでしょう。

ということで、対抗にはサンビスタ。この2頭は力は拮抗していると思うんですけど、対戦成績で負けているので評価を1つ落としています。前走勝っていたらこちらを本命にしていたでしょうね。

3番手評価の単穴にはブルーチッパーを。スピードだけで乗り切ってしまいそうではありますが、序盤に脚を使いそう。他2頭が前々で競馬をしてくるはずで、マイネエレーナは自分の競馬に徹したいはず。そうなると最後余力がなくなり差されてしまうんじゃないかなというイメージ。

トロワボヌールは勝った時のイメージが地味で、負けた時のイメージも地味なんですよね。よく言えばがり勉タイプで、悪く言えば影の薄いタイプとも言えるかも。ただ。ここ4戦は安定して上がり最速、上り2位の脚を繰り出しており、ここでも展開向けば馬券に絡むことは十分に考えられます。ただ、古馬になってから初の重賞でどこまで出来るのだろうかと未知数で疑問。そういう部分で連下評価に。

そうそう、盛岡競馬場の3日の天気は曇り一時雨。馬場状態が心配ではありますが、仮にも馬場が荒れるならピッチシフターをお勧めしたいというところで連下に。良馬場なら中央勢かなという感じですね。馬場が渋ればサンビスタはちょっと怖いかな。ワイルドフラッパーは関係なく走ってしまうけど、エンプレス杯での大敗があるからね、サンビスタは。

それと今日は天気が悪いのもありますが、風が強いのだそう。防寒具をお持ちになって現地観戦されてください!!

では、JBCレディスクラシックの予想記事を終わりたいと思います。この後、JBCクラシックの記事を書いていきますので、お時間ある方はまた覗きにきてください(#^^#)

タイトルとURLをコピーしました