JBCクラシック2017とスプリントの予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年11月3日に大井競馬場で開催される第17回JBCスプリントとJBCクラシックの予想を一緒に行っていきたいと思います。

まぁ完全にフラグを立てていたわけですけど、全くスケジュール通りに進まず…だけど、色々な出会いもあったスケジュールだったので、それはそれでいいのかなと思うことにします。

今週に重賞が重なるのは止めて欲しいな。(とか言ってるけど、数日前に、2歳馬の重賞もやるべきなんて呟いていたっけ。)

まぁ競馬は楽しいからいいし、このブログもやりたいときに更新している感じなので、そこまで大変ってわけじゃないんだけどさ。

と、前書きはこのくらいにして、まずはスプリントから印を打っていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

まずはJBCスプリントの予想から!

JBCスプリントは、距離1200m、出走頭数は16頭、発走時刻は16:25となっています。

前日オッズを見ると、1番人気は、前走東京盃で3着に入ったニシケンモノノフで1.9倍。2番人気は6.2倍で並んでいるコパノリッキーとコーリンベリー。4番人気に、前走東京盃を制したキタサンミカヅキで6.7倍。5番人気が東京盃で2着だったブルドックボスで9.3倍となっています。

やはり注目を集めたのは、コパノリッキーの参戦ですね。コパノリッキーは、現在G(Jpn)Ⅰ10勝を挙げる活躍を見せていて、11勝となるかどうか。しかし、武豊騎手が騎乗馬いないスプリントを選択したものの、鞍上は森泰斗騎手です。この辺は、どういう話でそうなったんでしょうか。これまで1200mの短距離路線は出走したことがないので、リズムよく流れに乗れるのかがカギを握るでしょう。

ただ、今のダート短距離界は、ちょっとメンバーが見劣りする部分もあって、中央では天保山ステークス12着のキタサンミカヅキが、前走の東京盃を制しています。2着のブルドックボスも、中央の天王山ステークスで5着で、南関重賞ですら勝てていません。今年の8月に行われた1200mのクラスターカップ(JpnⅢ)を優勝はしているものの、メンバーがメンバーだったのでなんとも言えないというかなんというかって感じですね。

そこを考えるとやれるようなやれないような…という印象です。ちょっと適性がなくても、勝っちゃいそうなところがあるのが難しい選択を迫られる部分です。

適正的には、中京競馬場1800mのチャンピオンズカップの方がよかったんじゃないかと思いながらも、だけど、チャンピオンズカップは大敗ばかりなので、ここに矛先を向けてきたのだろうと思います。怪我をしなければいいなと思うんですけど、無事に完走してくれれば。

あとは、過去にダートを1回だけ試してダメだったものの、挑戦してきたネロ。中央の重賞戦線では大敗続きで、調子を落としているだけに、ここではどうかなと思う部分もありますが、坂路で抜群な動きをしているので怖い存在ではありますね。

とりま、印を打っていきたいと思います。

展開と印はこう組み立てました

前走、逃げて結果を残したノボバカラが果敢に逃げていく展開となるでしょう。ただ、最内のニシケンモノノフも、中途半端な先行をするなら、思い切った騎乗も考えられるだけに、ここは少々難しい選択となりそう。

外枠に配置されたネロも、基本的には前々でレースをしますので、外から行くつもりで出ていくのではないかと思います。

あとは、コパノリッキーですね。基本的に、コパノリッキー自身も前々でレースを進める競走馬ですが、1200mのスピードに乗れるのかどうか。

前走前々で早め抜け出して敗れたコーリンベリーも、基本的に先行勢の一角で、なんだかスタート直後はゴチャゴチャするような感じがしちゃいます。ここは、ややペースが上がることも想定しておきたいメンバーなのかなと思います。

JBCクラシックの追い切り動画

大井競馬場で開催される重賞は、追い切り映像が公式YouTubeから配信されていますので、共有しておきたいと思います。


動きが良かったかなと思うのは、やはりニシケンモノノフでしょうか。すばしっこい脚捌きは好感が持てます。それ以上に、キタサンミカヅキは走ってるような印象もありますね。

追い切りを見たりすると、どの競走馬もよく見えちゃう。これはパドックも同じですね(;´・ω・)

スノードラゴンは、真っ白になってしまいましたね(; ・`д・´)

しかし、ネロの栗東坂路時計、4F48.8秒は凄すぎ。まぁ坂路を苦にしない競走馬なので、この時計をそのまま受け取ると痛い目に合うんですけど、栗東坂路ステークスでも作れば、全然勝てると思うの(/・ω・)/

JBCスプリントの予想の印はコチラ

第17回 JBCスプリント(GⅠ)
馬番 競走馬名
本命 キタサンミカヅキ
対抗 ニシケンモノノフ
単穴 コーリンベリー
連下 ブルドッグボス
ドリームバレンチノ

印を付け終えて

ということで、キタサンミカヅキを本命に推奨したいと思います。

追い切りの動きも軽快だし、ここを本気で考えているのではないかなと思います。恐らく、コパノリッキー陣営以上には本気モードだと思います。

前走の東京盃は、10番手追走のキタサンミカヅキが勝ったレースでした。逃げたシゲルカガが飛ばしていく展開。前半3F35.2秒で後半3F36.9秒と、前半の流れが速かったことが挙げられますが、勝因はまさにでしょう。

ニシケンモノノフは、ブルドッグボスと同じような位置取りとなりましたが、終始内々を進んでのレースで、上積みの見込みが…という内容でした。

それに対し、本命に挙げたキタサンミカヅキは、ドリームバレンチノの後ろからさらに外に持ち出した4角。外々を回りながら、最後は36.3秒の脚を使って追い込んできました。

展開的には、前走程度、もしくはもう少し速く流れそうな1戦。後方勢の方がチャンスが多くあるのではないでしょうか。そう読む方が妥当かなと思いました。

あとは、先行勢の中から、早め抜け出す競馬をしていきそうなコーリンベリーが残れるかどうかで、オッズは分かりませんけど、面白いところではないでしょうか。

10歳馬のドリームバレンチノ、だけど、前走を見る限りでは侮れない可能性も。前走使われているので、ある程度の良化は見込めるのではないかなと思いますし、面白い穴馬候補かなと思います。ただ、現実的には3着争いっぽいかなってことで、連下評価です。

コパノリッキーは、ここで新たな引出しを用意する必要もないですから、回ってくるだけのような気がするんですけどね。新たにスプリント力があっても、まぁ種牡馬としてはいいかもしれませんけど、自身のレースはチャンピオンズカップが最後のはずなので、意味がないとは言わないけど、ここでガチガチに作ってチャンピオンズカップを大惨敗の方が、痛いと思うんですけどね。まぁ消しました。フラグです!

ここまで、JBCスプリントの予想を行いました。引き続き、JBCクラシックの予想をお伝えします。

JBCクラシックの予想を!

JBCクラシックは、距離2000m、出走頭数は13頭、発走時刻は17:10となっています。

さすがに中央馬が7頭も出走している中に、挑む地方馬はいないのかなという感じの出走頭数ですかね。

前日の1番人気は、前走帝王賞3着だったアウォーディーで2.4倍。2番人気が3.4倍のアポロケンタッキー。3番人気が、5.0倍のケイティブレイブ。4番人気が5.6倍のサウンドトゥルーで、ここまでが単勝10倍を切るオッズとなっています。

一時、大きなレースでは、ピンク帽ばかりだった武豊騎手ですが、最近は白帽を被る機会が多いような印象があります。

まぁだけど、今のダート競走で中距離のレースは豪華というか、メンバーが揃いますね。ここにコパノリッキーがいれば、どれだけ楽しくなるレースだったのだろうかと思うんですけどね。

ってなところで、印を打っていきたいと思います。

展開と印はこう組み立てました

ハナを叩くのはオールブラッシュと見ていいでしょう。ほかの先行勢で言えば、最内のアウォーディーとなりますけど、番手以下を死守してくるので、競りかけていくこともないでしょう。

帝王賞では、ダッシュが付かなかったケイティブレイブ。大きく出遅れることが功を奏した形になりましたが、いつもは前々でレースを進める競走馬だけに、今回どちらを選択してくるでしょか。前走の日本テレビ盃では、先行して3着だったので、思い切って帝王賞の再現を狙ってくるか。

どちらにしても、スローの流れは変わりないんじゃないかと思っています。たしかに先行勢が多いのは多いですけど、後方から脚を溜めて最後に突き抜けていくレースを得意としているメンバーもいますので、その点では後方勢に警戒して序盤から引き離して逃げて目標になるようなメンバーはいないはずです。

しかし、アポロケンタッキーも、脚質がバラバラな印象を受けますので、展開予想泣かせのメンバーが揃っているとも言えそうです。

JBCクラシックの追い切り動画

JBCクラシックも共有しておきますね。


腹は決まった!!

予想の印はコチラ

第17回 JBCクラシック(JpnⅠ)
馬番 競走馬名
本命 ケイティブレイブ
対抗 アポロケンタッキー
単穴 アウォーディー
連下 サウンドトゥルー

印を付け終えて

ということで、本命にはケイティブレイブとしました。ただし、後方から競馬をするならばかなと感じるところもあるにはありますね。ペースは落ち着くような気もしないでもないけど、前走を見る限りでは、先行しても最後の脚が鈍るだけではないかなと思いました。

対抗にはアポロケンタッキーとしました。ドバイ帰りの帝王賞でしたが、さすがに厳しかったのではないでしょうか。1.4秒差は負け過ぎな印象もありますが、前走は日本テレビ盃でしっかりと巻き返す活躍を見せました。日本テレビ盃は、ガチガチ前哨戦でした。仕上がりがよかっただけの可能性もありますが、今回も仕上がりは十分に良さそう。ならば重い印で。

単穴には、アウォーディーを。連下扱いですが、4頭目にサウンドトゥルーとしました。サウンドトゥルーは、2015年の東京大賞典を制した1頭で、このコースの実績もありますが、安定感がイマイチかなぁという判断で連下までとしました。ただ、ここまでの好走歴を考えると無視するのも怖いですね。

ってなところで、JBCスプリントとJBCクラシックの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ