鎌倉記念2014の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

今日は川崎競馬場で全日本2歳優駿トライアル競走、第13回鎌倉記念が行われますね。発走は20:15となっております。

予想を組み立てましたので、是非ご覧くださーい!!

スポンサードリンク

鎌倉記念2014

前日オッズでは圧倒的人気を集めているのが、ラッキープリンス。ここまでデビューから4戦負けなしの実績馬。これまで先行しての競馬でここまでの4戦は1秒以上の差をつけたのが3回、もう1つは0.9秒差とほぼ1秒に近い差をつけて、もう圧勝状態。小久保智厩舎所属ですが、なんといっても小久保厩舎は南関競馬で圧倒的なリーディング1位を爆走中。賞金順でも1位を爆走しているんですよね。そういうことも含めるとこれからが楽しみな1頭ですよね、ラッキープリンス。

この鎌倉記念の優勝馬には12月17日に行われる全日本2歳優駿への優先出走権が、また3着までに入った牝馬には11月5日に川崎競馬場で行われるローレル賞への優先出走権が付与される大事なトライアルレースとなっています。

では、予想へと参りたいと思います。

展開予想・予想はこう組み立てました

ハナを主張するのは大外ティープリーズじゃないかなと思います。ラッキープリンスも前々で競馬をしますが、こちらは番手で競馬が出来るので、ティープリーズ直ぐ後ろを追走していくのではないかと思います。オウマタイムが3番手、4番手にシュンアリキが追走していくのかな。

5番手にJRAから謎の転厩馬ウインバローラス。この時期、JRAの2歳のダート路線の番組が少なくこの転厩は既定路線だったということですが、前走は芝のクローバー賞3着で、芝でもやれるところを見せているんで、気になる転厩ですねって話を、ゆたぽんの日々是競馬~重賞予想ブログ~のゆたぽんさんとやり取りをする時にお話させていただきました。ということは、暫くするとJRAに戻るのかな。

展開は平均ペースで組み立てて良さそうですね。スタート直後はごちゃついた形でスタートを切りそうですが、隊列はすんなりときまるんじゃないかなと思います。思い思いの位置取りをキープできそうなので、そこまで激しい争いとまではなりそうもないなという判断です。

2歳のこの時期は、圧倒的に強いなって思うホッカイドウ所属の馬が走ってくるわけではないですが、今年もホッカイドウ競馬からタイセイスウォードサダムリスペクトプレミアムトークの3頭が、また、元ホッカイドウ所属馬はオウマタイムティープリーズの2頭。合計5頭がホッカイドウ競馬のデビュー馬なんですよね。ホッカイドウ所属馬、元ホッカイドウ所属馬はこの時期でも完成度が違うので、人気がなくてもやはり注視していかないといけませんね。

余談的な話になりますが、本当に気を付けたいのは今年は11月6日に門別競馬場で行われる第41回北海道2歳優駿や、12月17日に川崎競馬場で行われる第65回全日本2歳優駿などの成績次第で転厩してくるホッカイドウ所属馬は、春の南関クラシックを賑わせるだけの力を持った馬達なので、そちらには十分に注視していきたいですね。特に北海道2歳優駿の昨年の勝ち馬はハッピースプリント。一昨年の同レース地方馬最先着はカイカヨソウの3着、4着アウトジェネラル、5着ジェネラルグラントと、例年高レベルのレースが行われていますから、特に気を付けたいレースと言えるでしょう。

予想はこうなりました

第13回鎌倉記念(SⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ウインバローラス
対抗 ラッキープリンス
単穴 オウマタイム
連下 プレミアムトーク
ブルーマイスキー

予想印を付け終えて

このレースは、基本的に5番人気以内の決着が多く、また荒れた3年前のレースも二桁人気の馬は馬券に絡んでおらず、大穴を狙うべきではない1戦。

本命にはウインバローラス。いずれのレースも中団やや前で先行する競馬ですが、川崎競馬場という先行有利なコースならばこの脚質が面白いと思う。4角では前を走るのはラッキープリンスとティープリーズだけじゃないかなと思うのですが、最後も鋭く伸びてくるタイプなので、展開的には申し分なく合いそうだなってことで選ばせていただきました。まぁ、初ナイターという点だけはやってみて、という感じですね。

対抗にラッキープリンスで勝負。ここまで4戦4勝。いずれも圧勝。俺適当。イエーッ!!と、韻を踏むのはこれくらいにして、適当に評価を1つ下げたのは、この5年の傾向を見ると、1番人気の最高成績は2位となっているんですよね。まぁ2007年に勝っているし、その2年前も勝っているんだけど、あんまし信頼度が高くないレースとも言えると思います。圧倒的人気なんで、2着固定辺りで勝負するのも面白いのかもしれませんね。

単穴にオウマタイムを。2走前まではホッカイドウ所属で、前走は転厩初戦をあっさりと1.3秒後続を突き放す圧勝劇。最後も持ったままで1分28秒0のタイムは結構やれるんじゃないかなと思うんですよね。

連下にプレミアムトークとブルーマイスキーの2頭を推奨して終わりたいと思います。最内クールテゾーロと迷ったのですが、前走出遅れていながら勝てたのは大井の直線のお陰だと思うんですよね。段々と出の推進力が弱くなってきているような気がするので、今回は見送りました。

これとは別に、上に名前を出した、ホッカイドウ所属馬と元ホッカイドウ所属馬5頭の3連複BOXを買っておこうかなって思いました。

タイトルとURLをコピーしました