かしわ記念2018の予想はゴールドドリームから【船橋1600m発走20:10】

第30回かしわ記念(jpnⅠ) 船橋競馬

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2018年5月2日に船橋競馬場で開催される第30回かしわ記念の展開から導く競馬予想です。かしわ記念は、距離1600m、出走頭数は12頭、発走時刻は20:10となっています。
発走時間が20:10ということで、ナイター競馬ですね。かしわ記念としては初のナイターです。

昨年一昨年とコパノリッキーが優勝し連覇達成。
コパノリッキー自体は、このレースを3勝しているんですよね。やっぱり強かったなと改めて思いますね。

JRAから、オールブラッシュとモーニン、ゴールドドリーム、ベストウォーリア、インカンテーション、ノンコノユメと6頭とフル参戦。地方馬は8頭まで出走できるのですが、6頭しか参戦してきませんでした。
まぁ今年のフェブラリーステークスの勝ち馬ノンコノユメだけでなく、2着馬ゴールドドリームと3着馬のインカンテーションまで参戦してきたら、まぁ参戦を諦めますよね。
他にも、昨年の川崎記念を制しているオールブラッシュに、2016年のフェブラリーステークス優勝馬で、昨年のこのレースの3着馬のモーニンも参戦となると、まぁ自己条件でも走りましょうやってなっちゃいます。

それでも地方馬の代表としてはヒガシウィルウィンが参戦。まだ4歳馬なんですけど、このメンバーにどこまで通用するのかというのは楽しみですね。ジャパンダートダービーの時に書きましたが、ヒガシウィルウィンは大井競馬場2000mでこその競走馬だと思うので、今回の船橋競馬場1600mでどこまでできるのかというのも楽しみです。
帝王賞へ進むと思っているんですけど、その点ではどうなるでしょうか。

前書きが長くなってもツマンナイので、早速印を打っていきたいと思います。

スポンサードリンク

かしわ記念の展開と印はこう組み立てました

今回のメンバーを見て感じるのは、明確な逃げ馬らしい逃げ馬が不在だということです。
オールブラッシュは恐らく逃げてくることは考えにくいのかなと思いますし、可能性があるとすればベストウォーリアでしょうか。
インカンテーションは逃げたくはないでしょうし、2番手は死守してきそうですよね。

となると、コーナーが4つあることも含めても、ハイペースになることは想定しづらいです。

ノンコノユメは大外からのスタートなんですけど、脚質的には特に問題はないのかなと感じますね。
レースが動くのは3角手前からくらいだと思うので、そこから末脚を活かした競馬を見せてくるのではないかと見ています。

ゴールドドリームはこの距離でこそとは言いませんけど、ノンコノユメよりも前でレースを進めそうだし、まだ適応しやすいのかなとも見ています。

過去のかしわ記念の結果と映像をちょろっと見ていて気付いたというか、気にしておきたいのが、1番人気が勝ててないということ。
2010年のエスポワールシチーが優勝したのが最後で、この10年では【 1- 4- 3- 2】という成績です。

前日オッズの段階とは言え、ノンコノユメには少々逆風が吹いているんじゃないかとは思います。

かしわ記念の予想の印はコチラ

第30回 かしわ記念(JpnⅠ)
馬番 競走馬名
本命 ゴールドドリーム
対抗 インカンテーション
単穴 ヒガシウィルウィン
連下 ノンコノユメ

印を付け終えて

ということで、今回は4頭に印を打って終わりたいと思います。

本命に推奨したのはゴールドドリームです。記事のタイトルにも書いていますけど、前走までの走りを見て、直線が長いところだけが得意ってわけではないのかなと感じましたので。
盛岡競馬場で実施されたマイルチャンピオンシップ南部杯では負け過ぎた印象を受ける敗戦ではあったものの、デキ落ちのときでしたので見直していいのでは。
今年はドバイに行きませんでしたので、順調に調整が進んでいる点もプラスに加味して。

一方で、連下に推奨したノンコノユメなんですけど、大外は大した問題ではないと思うものの、地方の小回りがどうなのかなと。
まだ調子のよかった時期である2016年のかしわ記念では、4着と好走は見せたものの勝ち馬のコパノリッキーからは1.0秒差と負け過ぎな印象を受けました。
地方の競馬場だと、馬券に絡んでいるのが大井競馬場の2000mだけなので、その点ではヒガシウィルウィン同様にちょっと怖いのかなと思ったので、思い切って連下までとしています。

基本的には前にいきそうなメンバーに重い印を回しています。
ヒガシウィルウィンが頑張ってくれたら嬉しいですね。

ってなところで、かしわ記念の予想を終わりたいと思います。


さて、私事ですけど、ちょっとブログ記事を盗用されたのではないかと思うことがありまして、ちょっと消耗しております。
詳しいことは先方の出方というか、どのような対処をしてくるのかという部分ではあるんですけど、ちょっと酷いなと思っています。

とまぁこんな感じです。
本当は『KAUZのチラ裏ブログ』に書こうかなと思ったんですけど、なんかそういう気にもならなくて。

どのような返信をいただけるのかは分かりませんけど、Twitterでも呟いている通りで『法律のプロ』が運営しているっぽいんですよね。そこがどうなのかなと思う部分はありました。
検索順位が下がってて、機会損失はたしかにあるんだけど、希望としては謝罪と記事の消去で十分かな。もちろん、損害は実際に被ってるから微妙っちゃ微妙なんだけど。

すっごく微妙なところでさ、予想記事とかデータとかが盗用されててもあまりなんとも思わないんだけど、ガチンコで書いた記事を盗用されたんじゃないかって思うと、大事に育てたコンテンツが雑に扱われたようで悲しいです。

一言、この部分引用しますとかなら、全然喜んで引用していただいていいんですけどね。
割とガチで大手サイトっぽいから、外注さんに丸投げしているのかなぁとも思うんだけど、どうなのかな。

ハァ、早く解決して欲しいです。

ってなところで、最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました(●´ω`●)

コメント

  1. くーちゃん より:

    おろ~パクられたんですか!?
    イロイロと過去データーを記載されているブログはありますからね
    いくらでも引用できますし・・・

    昔カキコしたことですがここはAAが面白くて続けて訪れるようになった次第です。
    イロイロと問題あると思いますが継続をお願いします。

    一ファンとして。

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんにちは、コメントありがとうございます。

      パクりは、データとかじゃなく、とある記事の文章です。
      相手方の出方にもよりますが、その部分の公開はしない予定です。

      ただ、記事の構成や内容はまるっとパクられたような感じになっています。

      辞める気はないのであれですけど、ちょっとバタバタ忙しくしているので、ホント、やる気をなくしたという感じではないのですが、忙しくておざなりになりそうです(^_^;)

      また遊びに来てください!

  2. マル より:

      KAUZさん、こんにちは。世間は連休ですが、仕事中です。
     盗用又は無断引用ですか。マスコミでも過去に問題になりましたね。私も自社記事のT本式、時々引用しますが、コピーはしません。主語や熟語、接続詞など微妙に変えています(本来はそれでもまずいのですけど)。
     話しは変わりまして、今回もGⅠヘッドラインが面白いです。
    「マイルの寵児、未来を変革」と短い。
    「寵児」などという難しい漢字。意味は立派な人、他人とかけ離れた実力者?もう一つ2世にもてはやされる人?なんて意味もあり。要は「親がマイルの巧者だった」とでも変換。すると
    ・タワーオブロンドン
    ・テトラドラクマ
    ・パクスアメリカーナ
    ・フロンティア
    ・レッドヴィイロン
    ・ファーストアプローチ
    あたりですね。特にキングカメカメハ、クロフネの仔
    、孫に注意です。また来ますね。

  3. マル より:

     追伸。
    2001年宇宙の旅。2001年NHK・MCの勝ち馬は2-④クロフネです。カレンダーと枠一致ですね。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんにちは、コメントありがとうございます。

      WELQが問題になりましたよね。
      いわゆる まとめサイト が問題になりましたが、今回はそれに巻き込まれた形かなと。

      だけど、弁護士事務所が監修してるところがやってるまとめサイトがパクリは考えにくいし、ちょっと微妙っちゃ微妙。
      外部の人が書いたのか、それとも自社のライターが書いたのかによって、対処の方法が変わるんですけどね。

      さて、サインの件。

      ・タワーオブロンドン
      ・テトラドラクマ
      ・パクスアメリカーナ
      ・フロンティア
      ・レッドヴィイロン
      ・ファーストアプローチ

      これは面白いですね。
      たしかに、2世と読むこともできます。
      クロフネ産駒はよく来るレースですので、その辺りのことはしっかりと考察していかなくてはいけませんね。

      また遊びに来てください!