川崎記念2018の予想

スポンサードリンク

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2018年1月31日に川崎競馬場で開催される第67回川崎記念の展開から導く競馬予想です。川崎記念は、距離2100m、出走頭数は10頭、発走時刻は16:10となっています。

2018年1発目のJpnⅠ競走ですね。毎年恒例というか、1月末から2月1週目に必ず開催されているので、覚えやすいというか、これがあって、そうか、もうフェブラリーステークスの季節か、なんて思うワケです。

さて、川崎記念の予想を行っていく前に、どうでもいいことですけど、今日は最近ハマっていることについて。

あ、前書きがめちゃくちゃ長くなった&どうでもいいので、予想だけをご覧になりたいと言う方は、本命アウォーディー、対抗サウンドトゥルー、単穴ケイティブレイブです。前もってお知らせしておきます。笑


最近、パチスロはほぼ引退に近いというか、全然出玉がなくて、そういえば2017年に3,000枚を超えたのってどのくらいあるのかなと思って思い出してみても、まぁ1回くらいしかないわけです。

そんなこともあり、今年に入ってからはよくパチンコを打つことが増えました。ブログの更新もせずに。苦笑

最近、ひたすら回しているのがCRF機動戦士ZガンダムRです。MAX2400発ってやつですね。SANKYOの台は相性が悪いとばかり思っていたんですけど、そうでもないようです。

さて、私の通う店は、このガンダムの釘をいじっているのか、基本的にボーダーを下回ります。今って、いじったらいけないはずだよね?

まぁだけど、向こうも商売なので、恐らく風車回りをマイナス調整しているのかなと思うんですけど、なぜか左から2番目と3番目、右から2番目の台だけが、安定して24回転くらい回るんです。マジで。

だけど、人がいなさ過ぎて、昼頃に行っても、夕方に行ってもその台を確保できるので、とりあえず回すんですけど、まぁ当たらない。パチンコってそんなもんよねって思いながら、そういえば、昔パチンコ店の店長が、赤字営業しようと釘を開けても、余裕の黒字でビビった的な発言していたのを思い出しながら、吸い込まれる銀玉を見ながら無の境地で回しています。

保留変化で百式が出てきてお尻が浮いたり、レバーがぶるぶる震えて頷いたり、一人楽しく打っているわけです。

しかし、その台だけに拘ればいいものを、養分打ちしたくなるもので、1,000円で10回回れば御の字のまどマギや、同じく15回すれば御の字のエヴァ2018年バージョンなど打ち散らかしてしまいます。

まぁ回らないと保留切れ、そしてちょっと長い変動後に保留が無ければ変動が止まって静かになるわけですけど、こういう全然回らない台を打っているとき、私はリーチ中の間に保留をなんとしても4つ(MAX8機種なら保留8個)を溜めたいわけです。

保留が全部溜まったらストップボタンを押すか、ハンドルから手を離すのですが、たまに、そういう時に限って…ってことが、稀によくありますよね。ホント、稀によくある。

この前、甘デジの戦国乙女 花を打っていたとき、本当に回らなくて結構イライラしていたんですけど、こういう性格のため、とりあえずリーチ中に保留をガンガン溜めようと打ち出していたんですけど、3つ溜まっている状況から、1個溜まってストップボタンを押したら、

玉1「入るやで」
玉2「続くやで」
玉3「ワイもいくで<゜)))彡」
ぼく「ヒエッ…(ドン引き)」

ってことになりました。3回転分を無駄にしたわけですけど、こういうことって回らない台にこそ多いというか、まぁぼろ負けしているときに多いなと思います。上手くいかないというか。

甘デジに20,000円ぶっこんだところで我に返り、冷静に…涙目で席を立ったわけですけど、あと思ったのが、甘デジを0回転から300回転まで回した時の悲しさですよね。今の普通のパチンコ台の確率が319分の1くらいで当たりを拝める確率なわけですよ。まぁ大体確変にいくのが50%強くらいではあるんですけど。

だけど、その確率で甘デジなら多くても1000発程度、最悪300発とかも有り得るわけで。その点では、普通のパチンコ台なら800発くらいの可能性はありますけど、だけど、確変に入ればデカいリターンが有りますが、甘デジはそうはいかない。続いてもまた1000発、最悪450発とかもあるわけで。

甘デジを300回転回したとき、うわー、俺はなにをやってるんだろって真顔でスランプグラフを眺めていました。

パチンカーあるあるというか、まぁ競馬をされる方は、パチスロもパチンコもするんだろうなと思っているので、前書きに書かせていただきました。

ちなみに、私が1番に相性が悪い台は、断トツでルパン三世シリーズです。もう6桁は突っ込んでいますが、当たりを観たことがありません。決まって私の右側の人が爆発しているという点だけ付け加えさせていただきます。

だけど、エヴァと今ならガンダムはプラスですかねー。エヴァは負ける気がしない。絶対に暴走してくれる。あと、意外とまどマギは勝ってますねー。まぁ奇跡だと思いますね。ホント、なんでこんなに回らないのに、よく勝ててるなと思います。試行回数を増やしたら負けるんだろうけど。笑

あと、Twitterで呟いたけど、パチスロの喰霊零には大変お世話になったんだけど、パチンコは本当に本当に当たらない。出ない。続かない。マジで、確率以上回しているんですけどねー。4回以上続いたためしがないというか、好きなアニメなので、いつかを信じているんですけど、どうですかね。

2018年はガンダムとエヴァのお陰でプラスをキープしているけど、とにかく養分打ちの回数を減らさなきゃ…と思います。


閑話休題――


さて、川崎記念の予想ですね。前書きだけで軽く1時間半、約2500文字を投入してしまう体たらく。もうどっちが本文か分からない事態になっていますけど、まぁ少しでも、「コイツ終わってんな」と思っていただければ幸いです。笑

10頭立てということですけど、JRAからは、アウォーディーとサウンドトゥルー、ケイティブレイブ、アポロケンタッキー、グレンツェント、メイショウスミトモの6頭が参戦。残り4頭のイッシンドウタイとコスモカット、キャッスルクラウン、ディアドムスが地方馬として参戦ということですね。

メンバー的には豪華だなぁとは思ったんですけど、まぁJBCクラシックや東京大賞典をされた方からすれば、代わり映えしないメンバーだなと思うのではないかなと思います。もちろん、私もその一人であるわけです。

前日単勝オッズをみると、武豊騎手騎乗のアウォーディーが2.5倍の1番人気に支持されています。2番人気が5.0倍のケイティブレイブ、3番人気が6.2倍のアポロケンタッキー、4番人気が6.3倍のサウンドトゥルー、5番人気が7.0倍でメイショウスミトモが続きます。ここまでが前日最終オッズで10倍を切るメンバーですね。

断言はできませんけど、明日になればメイショウスミトモは10倍越えしてくるのかなと思うんですけど、どうですかね。さすがに、このメンバーでは厳しいのではないかと思ってしまうんですけどね。チャンピオンズカップでも14着でしたし、その他のメンバーが比較的上位に食い込んでいるところを見ると、JpnⅠでは買いづらいよなと思ってしまいます。

とりあえず印を打っていきたいと思います。

川崎記念の展開と印はこう組み立てました

ハナを積極的に主張していく競走馬は不在ですが、恐らくはケイティブレイブが逃げる形になるのではないかと想定しています。

積極的にポジションを取りにいきますし、気付いたらハナに立っていたということは十分に考えられるメンバー構成です。

好位の番手を取りにいくのは、外枠からですけどメイショウスミトモ。このメンバーなら3番手にはアウォーディーが付けていきそうなところではないかとみています。

今年の川崎記念は、どう考えてもスローペースは必至。前半速く流れるところは全く想像できません。

時計自体は遅いですけど、ペース的には平均ペースになることもありますけど、今年のメンバーは積極的な競走馬がいませんので、前半1000m通過が65秒に近づきそうな気もしないでもないって感じで見ていいのではないでしょうか。64秒台後半で入って、最後は64秒を切るペースで上がってくるのではないでしょうか

後半のペースがガツンと上がりそうな気もしますので、その辺りで組み立てていければ当てるチャンスは多くありそうです。

意外と地方馬の活躍が見込めるレースではあるんですけど、今年はノーチャンスっぽいですよね。そういえば、ハッピースプリントはどこでなにをしているんだろう。

川崎記念の予想は、本命アウォーディーから

第67回 川崎記念(JpnⅠ)
馬番 競走馬名
本命 アウォーディー
対抗 サウンドトゥルー
単穴 ケイティブレイブ

印を付け終えて

ということで、今回は3連複1本勝負でいきたいと思います!

本命に指名したのはアウォーディーです。今年8歳となりましたのでどうかなと思ったんですけど、追い切りの時計を見るとちょっと微妙と言えば微妙かも。ラスト1Fの時計が良いときの方が好走している印象なんですけど、今回は時計を要しましたよね。そこがきになったのは気になったんですけど、展開的には恵まれそうだし、本命でいいのではないでしょうか。3着内は堅いと思うのだけれど。

対抗にはサウンドトゥルーとしました。安定して走れているんですけど、こちらも8歳となりどうなのかなと思う部分も出てきましたね。だけど、前走の東京大賞典では、勝ち馬コパノリッキーが逃げ、3着のケイティブレイブが2番手を追走した中で、後ろから猛然と突っ込んできて2着はなかなかではないかと見ていいと思います。展開に恵まれなくても、突っ込んでこれる力は持ち合わせているので、今回もペース的に、コース的には微妙ですけど、十分にやれるのかなと見ています。

単穴のケイティブレイブは、展開の利が一番ありそうだけど、アウォーディーには交わされるだろうなと思っているので、3番手まで評価を落としています。ただ、単なる穴狙いではないですけど、勝つとすればアウォーディーかケイティブレイブか、ではないかなとも思っている自分もいます。まぁだけど、今回は3番手評価まで。

予想を終えたあとにこんなことを書くのはナンセンスなのかもしれませんけど、川崎記念って微妙というか、フェブラリーステークスとドバイの前哨戦、壮行試合みたいなところもあって、有力馬が8割くらいのデキまでで出走してくるってことは考えていいと思うんです。

昨年の勝ち馬はオールブラッシュ。浦和記念で3着はありますけど、その後の連対はなし。3着のコスモカナディアンは、先週かな、東海ステークスで2着好走はありましたけど、オープン競走で凡走しているところを見ると、そうでもないのかなと思う1頭であるのは間違いありません。

今回で言えば、メイショウスミトモとグレンツェントの2頭が、その位置にいると思うんですけどね。うーんって感じで、あるとすればメイショウスミトモが怖いなぁとは思うんですけど、如何せん、今回のメンバーの追い切りが悪いと言えば悪い内容ばかりだったんですよねー。本当は、メイショウスミトモとグレンツェントの2頭が、ばっちりの究極仕上げを施して万全の状態を作っていたら面白いかなと思っていたんですけど、どうなんだろうかって感じではあります。

そうなっちゃうと、これまで結果を残してきた競走馬を中心に狙うのがベターなのかなと思いましたので、上記の3頭で終わりたいと思いました。

ってなところで、川崎記念の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)

コメント

  1. くーちゃん より:

    レース実況でアナウンサーが”ケイティブレイブ今日は逃げます”この前も逃げろよ
    アポロは手応えが悪かったですね。(´;ω;`)
    完全な前残り戦でしたが、それにしてもサウンドトゥルーは小頭数にも拘らず負け過ぎ

    このメンツであれば ケイティブレイブの複に百万単位で勝負した人には安心して観ていられたのではないでしょうか。ま~人間が走るのでは無いので絶対はありませんが(爆)

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      おはようございます、コメントありがとうございます。

      人間が走るものでも、ボルト選手は足を怪我して危険でしたし、レースというものは終わるまではなにが起こるかわかりませんね。

      前残り展開でしたねー。それにしても、サウンドトゥルーはダメダメでしたね。走り時が難しい競走馬です。

      また遊びに来てください!