川崎マイラーズ2014 予想

スポンサードリンク

川崎マイラーズ2014 5月21日川崎競馬第10競走

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

明日は川崎競馬場で重賞競走川崎マイラーズが行われます。非常に楽しみな11頭が集まったわけですが、特に予想と結果に拘らずに見ていくとマズルブラストですよね。

12歳となったマズルブラストが前走隅田川オープンで後続を千切っての勝利だけに、12歳での重賞競走優勝に期待したいところ。先月4月16日に行われたクラウンカップで、ワタリキングオーで制した的場文男騎手が57歳7か月9日での重賞制覇ということで、地方競馬最高齢重賞勝利という記録の塗り替えました。

是非、マズルブラストには重賞でもドンドン好走していただいて、来年も重賞競走を走っていただき、オースミダイナー(道営)の持つ最高齢重賞勝利を記録を塗り替えてほしいなと思います。

川崎マイラーズ 気になるお天気は…

今日の福岡は酷い雨となりました。早朝から降り始めた雨は、そういえばこの時間まで止むことはありませんでした。ということで気になるのはお天気。私のこれは感覚なんですけど、福岡で雨が降るとその後24時間程度で関東で雨が降るという感じに思っているんですが、川崎競馬場の周辺天気予報はやはり今夜から雨みたいです。日本気象協会のピンポイント天気予報を使うYahoo!天気なんかだと15時頃、上記リンクのウェザーニュース社では18時頃まで雨が降るようです。降水量も各社バラバラな様子でいつも思うんだけど、どれが正しいのやら。ただ、自分の中ではウェザーニュース社の精度が高いように思うので、リンクはウェザーニュース社のものにしていますし、記事に書く場合の天気は大体ウェザーニュース社のものを見て書いています。

川崎マイラーズ2014 展開予想・予想はこう組み立てました

それでは重賞競走の川崎マイラーズの予想へと参りたいと思います。出走頭数は11頭、距離はレース名通り1600mですね。発走時刻は20時15分となっています。

昨年の優勝馬スマートジョーカーが今年も出走してきました。昨年は7連勝と勢いに乗ってここを勝ち初重賞初制覇となり、連続勝ち数を8と伸ばしましたが、その後重賞では低迷。ただ、この2戦はオープン競走を2連勝とここにきて調子を上げてきました。昨年の川崎マイラーズやここ2連勝の馬場状態が稍重ということで、馬場が渋っても今日の出走メンバーを見渡しても問題なさそうな雰囲気。ただ、不良馬場になると3走前に大敗していますから、その辺り気になるところです。不良馬場でも勝っているレースもあるんですけどね、地力の差で勝ったと思えば納得がいくような。

ただ、重馬場以上となると、気にしておきたいのがポイントプラス。今回昇級初戦が重賞となるわけですが、この馬の道悪男っぷりは半端ないです。まずデビュー戦は晴れの天気でしたが馬場状態は重馬場。デビュー2戦目も晴れの天気ながら馬場状態は重馬場。そんなこんなでここまで18戦して良馬場は7回のみ。それでも連体率が71.4%もあるんですが、注目すべきは重馬場と不良馬場の成績。合計して9戦7勝着外2回は立派。馬場が渋れば渋るほど、この馬の渋さが出る、そんなところでしょうか。

あとはロンドンアイも比較的道悪得意の馬なのでこの3頭は馬場が渋ったところで問題ないでしょう。

展開ですが、オキナワレッドが積極的にハナに立つでしょう。がしかし、ポイントプラスも逃げれなくとも逃げ馬に絡みながら、大外枠ですがサトノタイガーも同様なレース運び、ソルテとメイショウパーシー、マズルブラストやロンドンアイも先行していく馬なので、なんだかスタート直後はゴタゴタしそうな雰囲気をビシビシと感じとります。最内枠のブルロックも先行争いに加わるようなら、全11頭中9頭と大きな先行集団になりそう。

スマートジョーカーやウインペンタゴン、サイレントスタメン辺りが後方勢となるのかなと思います。

最初の直線は先行争いが激化しそうな雰囲気を感じますが、コーナーを4回回るので隊列決まれば道中はスムーズに競馬が進みそうですね。ただ、やはりペースは平均ペースよりややハイペース寄り、そんなところだろうと思います。

力関係も気にしておきたいところではございますが、差し馬を中心に先行馬でも瞬発力で抜け出せそうな馬に印を回して終わりたいと思います。

川崎マイラーズ2014 予想はこうなりました

第6回 川崎マイラーズ(SⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ソルテ
対抗 ロンドンアイ
単穴 スマートジョーカー
連下 ポイントプラス
サトノタイガー

川崎マイラーズ2014 予想印を付け終えて

ということで人気どころにグリグリ印を回して終わりたいと思います。自分の感覚なんですけど、印を回した上位4頭は固いかなという感じで、この4頭で決まりそうな気がしているんですが、「雨に強いキンカメ産駒」なんて言われているので、前走踏ん張って残したサトノタイガーをフォローしておきました。

南関競馬は現4歳牡馬が引っ張っていってくれると思っているんですが、こんなところで負けられないソルテを本命視。2走前のフジノウェーブ記念ではジェネラルグラントに負けはしたものの3着サイオンには4馬身差をつけていますから、能力は古馬に混じっても重賞でも叩けることを証明しました。前走も勝ちきれなかったのは不安ではありますけど、相手はスマートジョーカーということで、ここでの再戦は楽しみ。その前走は残り200mのところで一旦は先頭に立ったものの、ゴール前僅かのところで勝利を逃してしまいました。どこか同世代のジェネラルグラントと走りが似ているかなと思うんですが、期待の4歳馬ということで、ここでも好走してほしいと願いを込めての本命推奨です。

ま、他は順当かなと思いますし、このレース事態も荒れることなく終わるんじゃないかなと思っています。