京阪杯2014の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

東京競馬場でジャパンカップが開催される影響で、京阪杯は京都の最終レース、12Rで発走時刻は16:20となっています。マークカード、PAT共に、買い間違えないのように気を付けたいですね。危うく自分はミスりそうになった、というか、投票画面でオッズがあまりにかけ離れててビビって気づいたって感じですが。汗

投票レースを選択する画面で”東京競馬場のメインレースは11Rです”はしっかりと読んだんですけど、京都競馬場は素通りして11Rを選択し、私はまず一通り各馬の単勝と複勝のボタンを押していくんですが、馬番1を押したら14.8倍くらいだったかな。エピセアロームのオッズが10倍台!!こりゃ買わないとダメでしょー!!って思ったんですけど、よくよく考えてみるとさすがにないだろうと思ってたら案の定ですね。出走表とのオッズもかけ離れてるし。大口か!?って一瞬思ったんですけど、本当に一瞬で気づいてよかった、危なかったです。笑

ということもありましたが、それでは予想をご覧ください。

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

アンバルブライベンが颯爽とハナを主張する展開となりそう。サカジロロイヤルとニザエモンも前々で競馬をするので、かなりやり合いそうとみた。サクラアドニスとスマートオリオンが外枠に入りましたが、基本的に内枠に先行馬が固まった印象です。エピセアローム、レッドオーヴァル、ワキノブレイブ、ヘニーハウンドも先行していくと見ています。

結構やりあっちゃいそうだなというのが私の見解ではあるのですが、京都開催の最後の最後という馬場状態も気になります。昨日のレースを見ていると、午前中のレースは逃げてそのままという感じではありましたが、条件が上がっていくと後方寄りの競走馬が活躍をみせていましたね。差し追い込みを中心に見ていくのも1つの手かなという感じで組み立てていきましょう。

さらっと傾向を載せておくと、昨年のこのレースは1枠2枠3枠の競走馬で決まりましたが、1枠の勝率が6.7%も2枠18.8%、3枠12.5%と2枠3枠が活躍中。連対率では1枠が20.0%と1枠2枠3枠が活躍する内枠有利の傾向が出ているとみて良さそう。8枠は来ないので枠で切っていいレベル。

ここは迷いどころではありますが、脚質的に見ると逃げ馬の勝率が12.5%、先行馬が17.2%、差し馬が1.7%、追い込み馬は2.4%と前が有利。連対率では逃げ馬が勝り、基本的には前での決着が目立つレースです。ただ、今年は前が流れていきそうで、ピタッと止まってしまうんじゃないかなと見ているんですが、どうなるんでしょうか。

予想の印はコチラ

第59回京阪杯(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 エピセアローム
対抗 レッドオーヴァル
単穴 アースソニック
連下 ローブティサージュ
セイコーライコウ

印を付け終えて

というところで、上でもチラッと書いていましたが、最内1番のエピセアロームを本命に。今回乗り慣れた浜中騎手ではありませんが、ここ2戦のエピセアロームの末勝負なら面白いんじゃないかなと思います。

単穴にはレッドオーヴァルを。キーンランドカップ2着、そしてスプリンターズS3着の実績ですから本命でもよかったのですが、最後の最後の辛くなりそうなポジションにいると思うので評価を1つ下げて。

単穴には、単なる穴狙いの1頭アースソニックを推奨します。今年のスプリンターズSは15着ではありましたが着差は0.6秒。横に広がって追い込み馬は外々を回された結果なので度外視。前走室町ステークスはダートで追いこんで6着。芝の方が向いていると思うので、アタマはないだろうけど、2着3着なら十分にあるんじゃないかなと見ています。

連下には好走続くローブティサージュ、内枠なら評価を上げていたところ。もう1頭セイコーライコウは押さえておいた方が良さそうだなと感じたので。と、かなり枠を気にして組み立てました。ピンクの帽子が駆け上がってきたら諦めます。

というところで、京阪杯2014の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)

タイトルとURLをコピーしました