安田記念の予想を公開中(〃´・ω・`)ゞ

京王杯2歳ステークスとファンタジーステークス2014の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

今日更新するこの記事は、明日2014年11月8日に東京競馬場で開催される第50回京王杯2歳ステークスと、京都競馬場で行われる第19回ファンタジーステークスの予想記事です。

2歳戦は難しいのですが、なんと2つもあるんですねー。どちらのレースも荒れることが多々あるレースですので、じっくりと予想を組み立てていきたいと思います。

スポンサードリンク

京王杯2歳ステークス

まずは京王杯2歳ステークスから組み立てていきたいと思います。このレースは東京競馬場芝1400mで行われます。12頭が出走してきました。発走は15:35となっております。

それでは予想へと参りたいと思います。

簡単なデータ・傾向分析

簡単にデータを見ながら、傾向を探っていたいと思います。

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 2- 2- 7 8.3% 25.0% 41.7%
2枠 2- 2- 1-10 13.3% 26.7% 33.3%
3枠 0- 2- 1-16 0.0% 10.5% 15.8%
4枠 2- 2- 3-12 10.5% 21.1% 36.8%
5枠 1- 2- 0-16 5.3% 15.8% 15.8%
6枠 2- 0- 0-17 10.5% 10.5% 10.5%
7枠 0- 0- 2-18 0.0% 0.0% 10.0%
8枠 2- 0- 1-18 9.5% 9.5% 14.3%

勝率は内も外も差が対してないのかなという印象ではありますが、連対率と複勝圏内率は顕著に内枠有利と出ています。迷ったら、内枠を狙うのがベターなレースと言えるでしょう。

脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 0- 3- 6 10.0% 10.0% 40.0%
先行 3- 5- 5- 24 8.1% 21.6% 35.1%
差し 5- 3- 1- 52 8.2% 13.1% 14.8%
追い込み 1- 2- 1- 32 2.8% 8.3% 11.1%

逃げ馬はフォローしておいて損はなさそうなデータですね。基本的に逃げ先行馬の扱いに注意したい、そんなレースだろうと思います。

前走クラス

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新馬 1- 2- 0- 14 5.9% 17.6% 17.6%
未勝利 0- 3- 2- 22 0.0% 11.1% 18.5%
500万下 1- 1- 3- 29 2.9% 5.9% 14.7%
OPEN特別 4- 3- 3- 24 11.8% 20.6% 29.4%
G3 2- 1- 1- 14 11.1% 16.7% 22.2%
G2 2- 0- 1- 7 20.0% 20.0% 30.0%

前走が未勝利だった競走馬の優勝がないんですよねー。そこだけが気になりました。基本的に格が上がればそれなりに走ってくるということで、前走はオープン競争以上のレースを使われた競走馬を狙うべきかなと思います。

展開予想・予想はこう組み立てました

ハナを主張するのはアクティブミノルと見て良さそう。ここまで2戦ともハナに立ってからの競馬でしたからね。それにしても絶好枠を引けました。

先行勢を見ていくと、ウォリアーズソウル、ニシノラッシュ、アポロノシンザン、サフィロス、コウソクコーナーと揃った印象です。

アポロノシンザンがハナに立とうとするならば混戦って感じですけど、大外だし先手が奪えなかったら番手に控えると思うんですよね。ウォリアーズソウルの出方も気になりますが、ムーア騎手なんで、そこまで積極的に行くことは考えにくい、ということで展開は平均ペースで組み立てて良さそうだなと感じます。

上の傾向でも書きましたが、内枠の逃げ馬はフォローしておきたいレース。あ、意外と簡単に本命馬が見つかりました。

予想はこうなりました

第50回 京王杯2歳ステークス(GⅡ)
馬番 競走馬名
本命 アクティブミノル
対抗 ワキノヒビキ
単穴 サフィロス
連下 ニシノラッシュ
オープンザウェイ

予想印を付け終えて

というところで落ち着きました。内枠・逃げ馬・前走重賞ということで、この馬を軸本命に置いて勝負したいと思います。唯一の重賞ウィナーではありますが、1番人気には支持されそうな雰囲気を感じないのは逃げ馬だからかな??だけど、やれると思うんだけどなぁ。

ファンタジーステークス

それでは続いて、ファンタジーステークスの予想へと参りたいと思います。このレースは京都競馬場芝1400mで行われる牝馬限定の重賞競走です。14頭が出走します。発走時刻は15:45となっております。

それでは予想へと参りたいと思います。

簡単なデータ・傾向分析

サラッとこちらもデータを見ながら、傾向を探っていきたいと思います。

調教師の所属

所属別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 1- 2- 2- 14 5.3% 15.8% 26.3%
栗東 9- 8- 8-107 6.8% 12.9% 18.9%

京都競馬場で開催されるレースだけあって、調教師の所属別を見ると意外と関東馬の方が連対率と複勝圏内率が高いレース。勿論シェア率で言えば関西馬が圧倒的ではありますが、関東馬の2着3着には気を付けたいですね。と思ったら、今年はいなかった件(´・ω・`)

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 1- 0-13 0.0% 7.1% 7.1%
2枠 1- 3- 0-12 6.3% 25.0% 25.0%
3枠 3- 1- 3-12 15.8% 21.1% 36.8%
4枠 2- 0- 2-16 10.0% 10.0% 20.0%
5枠 1- 1- 3-15 5.0% 10.0% 25.0%
6枠 1- 1- 0-17 5.3% 10.5% 10.5%
7枠 2- 0- 0-19 9.5% 9.5% 9.5%
8枠 0- 3- 2-18 0.0% 13.0% 21.7%

1枠と8枠からの優勝馬が出ていないという点に加え、1枠は過去10年で1頭しか馬券に絡んでいない不毛な枠。対して、8枠は優勝こそないものの、2着3着が多く、見ていくならば中枠>外枠>内枠という構図が出来上がるかなと。

脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
先行 6- 4- 4- 20/ 34 17.6% 29.4% 41.2%
差し 2- 5- 3- 58/ 68 2.9% 10.3% 14.7%
追い込み 1- 0- 3- 36/ 40 2.5% 2.5% 10.0%

こちらも京王杯2歳ステークスと同じように、逃げ・先行馬有利と見て良さそう。先行馬の凡そ半分が馬券になっている点からしても先行馬有利のレースと言えると思います。

展開予想・予想はこう組み立てました

シゲルチャグチャグが積極的にハナに立ちそう。先行勢は内からエフェクト、ムーンエクスプレス、クールホタルビ、ルアンジュ、シンフォニア、ウインソワレ、タガノヴェルリー、オールオブユー、レオパルディナ、ニューエディションとまぁ大半が先行していきそう、先行したいメンバーが集まりました。特にエフェクトは前々で競馬を行い、デビューから2戦ともハナを奪っての競馬。ここでも自分の競馬に徹しそうですが、外からシゲルチャグチャグが果敢にいくと思うんです。

となれば、持久力勝負になり兼ねないなと予想します。先行勢が多いので、縦長にはなりそうもないのですが、先行勢の中でも持久力がありそうで、また後方からでも脚が伸ばせる馬にチャンスが多く巡ってきそう。

予想はこうなりました

第19回ファンタジーステークス(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 エフェクト
対抗 ムーンエクスプレス
単穴 ニューエディション
連下 ペルフィカ
シゲルチャグチャグ

予想印を付け終えて

というところで、上記の通りとなりました。やや人気薄も絡めているのかなと思いますが、こっちのほうが荒れる気配がしますね。こちらも逃げるだろうシゲルチャグチャグをフォローしておきたいと思います。

こちらの印上位は前走上がり最速だった馬をフォローしておきました。前走上がり最速馬は【6-4-4-24】ということで、この辺りが攻略のポイントかなと思ったり思わなかったり。

というところで、京王杯2歳ステークスの予想とファンタジーステークスの予想を終わりたいと思います。最後まで読んでいただきまして、誠にありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました