京成杯2015の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

さて、京成杯ですね。皐月賞までになんとか賞金を加算しておきたいという思惑がヒシヒシと伝わってくるメンバー構成ですが、後がなくなってきたのか、追い切りは殆どの競走馬が調子を上げてきたと見て取れる内容でした。

特に良いなと感じたのは記事更新時1番人気に支持されているブラックバゴ。15日に行った最終追い切り、美浦坂路【 54.4- 39.7- 25.3- 12.2】で好タイムなんですけど、更に1週前の追い切りで8日美浦坂路【 54.3- 39.1- 25.2- 12.5】とこちらも好タイム。その辺りでは1番人気に支持されてもおかしくないのかなと思います。かなり調子を上げている1頭ですね。

ということで早速ですが、京成杯の予想を組み立てていきたいと思います。

尚、京成杯の過去10年のデータと傾向はコチラのページに記載していますので、興味があればぜひ。

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

5枠の2頭マイネルシュバリエとフォワードカフェがハナに立ちそうですが、恐らくマイネルシュバリエが行くものと思われ。

やや間隔が空いて、先行集団にクルーガー、イーデンホール、バンビエール、コスモナインボール、オトコギイッポンらが追走してレースは進むと思います。

中団にクラージュシチーやソールインパクトなど有力馬が揃っていますが、自分のイメージとしては先行馬が押し切ってしまうのではないかとイメージしています。

あまりペースが上がりそうもないな、というのが私の読みだからです。

ということで、先行馬を中心に組み立てていきたいと思います。

予想の印はコチラ

第55回 京成杯(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ブラックバゴ
対抗 ベルーフ
単穴 バルビエール
連下 クルーガー
ソールインパクト

印を付け終えて

本命には素直にブラックバゴを推奨したいと思います。ホープフルステークス自体はあまりレベルが高くないのかもとは思いつつも、だけどかなり上昇気配が漂う追い切りで、じゃぁ信じてみようかなと思いました。

対抗にはベルーフ。大外というのが気がかりなんですけど、前走エリカ賞はかなり高レベルの1戦だったと見ています。特にエリカ賞3着のシュヴァルグランは京都2歳ステークス3着馬。エリカ賞4着のフローレスダンサーはアルテミスステークスと京都2歳ステークスをそれぞれ4着と好走した1頭です。その2頭に差をつけて勝ったベルーフ、そして連下に含めましたがクルーガーは更に強いと言えるかと思います。中でも上がり最速の34.8秒とメンバー唯一の上がり34秒台を出したベルーフは地力の高い1頭でしょう。間違いなく好走出来る1頭だと私は見ています。ただ、上にも書いていますが大外になった点はマイナス材料とみていいと思います。

単穴にはバルビエール。ちょっと穴を意識するならばこの競走馬。8番人気となっていますが、前走同舞台で行われた未勝利戦は後続に1馬身付ける完勝でした。勝ちタイム2分2秒を切れたのはよかったのではないかと思いますし、流れに乗れれば一発も秘めている1頭だと見ています。

連下にはクルーガーとソールインパクトを指名します。クルーガーは上記の理由なんですけど、ソールインパクトは父ディープだし、庭みたいなもんだしね。2歳GⅠでは唯一のディープインパクト産駒が掻っ攫っていたもんだし、やっぱりこの血統は走るんだなと見せつけられたから。押さえておこうと。

ちなみに、本当はソールインパクトじゃなくてナスノセイカンを押さえておこうと思ったのですが、前走リプレイかディープインパクト産駒かで、ディープインパクト産駒をとっちゃって一応印は上記の5頭で。ただ個人的にはナスノセイカンも含めて買うんじゃないかと思います。

印6頭に回して当てたことないしね。笑

というところで、京成杯2015の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました(●´ω`●)

タイトルとURLをコピーしました