チャンピオンズCの予想を更新しました!人気馬で固め打ちしました笑

きさらぎ賞2015の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

今日は東京競馬場で東京新聞杯が、京都競馬場ではきさらぎ賞が開催されますが、まずはきさらぎ賞の予想からお伝えしようと思います。

きさらぎ賞は距離1800m、出走頭数は8頭、発走時刻は15:35となっています。8頭立てということで、少頭数となりましたが、かなりの良血馬が顔を揃えましたね。

アッシュゴールドは父ステイゴールド、母はオリエンタルアートということで、オルフェーヴルやドリームジャーニーの全弟にあたります。父ステイゴールドは大動脈破裂で亡くなったばかりで、父に捧げる勝利を飾れるか注目ですね。

ポルトドートウィユは父ディープインパクト、母ポルトフィーノ、母の母はエアグルーヴという超が付く良血馬。今回鞍上の武豊騎手は父ディープインパクトの背中も、母ポルトフィーノの背中も、母父クロフネの背中も、母母エアグルーヴの背中も知っているだけに、武豊騎手自身もかなり嬉しい騎乗になるんじゃないかなと思いますし、この馬に乗れるということでかなり気合が入っているはずです。あ、あくまで想像の範囲ですが、自分なら嬉しくてなんとしても結果を出そうと頑張るかな、というところでのお話です。

前走新馬戦を勝ったばかりのレガッタは父ディープインパクトで母はスイープトウショウという血統です。父と母を併せてGⅠ10勝を挙げている血統ですね。母スイープトウショウは幾つもの逸話、という言葉が正しいかは分かりませんが、例えば追い切りでは坂路での調教を嫌がってコースでの調教しかできなくなるばかりか、調教自体を嫌がるようになって、京都大賞典と天皇賞を回避する事態になったり、有馬記念では枠入りを嫌がってやっとの思いでゲート入りすると割れんばかりの拍手が起きたり、他にもテレビ局や新聞記者などが近づくとレースが近いことを察して気分を悪くして調教できなくなるので立ち入りを禁止されたり、まぁ色々と所謂”気性難”のところを持ち合わせていたんですよね。スイープトウショウの子どもでは、現2歳がステイゴールドとの間に産まれた子どもで、現1歳がディープインパクトとの間に産まれた子ども。もう産まれたのかどうかは不明ですが、産まれてないとすればお腹の中にはオルフェーヴルの子どもがいるんですよね。ここまでの性格難ですからね。オルフェーヴルとの子どもを観てみたいなと思うわけですよ。

ネオスターダムは、スターダムという名前からある程度連想出来ますが、兄はトーセンスターダム、昨年の勝ち馬ですね。トーセンスターダムは父がディープインパクトで、ネオスターダムは父ネオユニヴァースということで、ネオスターダムは半弟ということになりますが、母母のエブリウィスパーはダービーで3着に入ったトーセンホマレボシや昨年のジャパンカップで引退したトーセンジョーダンを産みました。叔父の関係になるのかな?ある程度走る血が流れている1頭で、こちらも良血馬と言われる1頭でしょう。

競馬はロマンなんていいますけど、こういうレースは傍からボーっと見ていたい、そんなレースだろうと思います。

というわけにもいかないので、予想を組み立てていきたいと思います。

ちなみに、きさらぎ賞の過去の傾向に関してはコチラに記載していますので、ご興味があれば。

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

では、いつものように展開を組み立てつつ印を回していきたいと思います。今回は8頭立てということで、出走馬の半数未満の印で的中させるんや!って思っているんで、3連複1本勝負で挑みたいと思います。

ハナを主張するのはネオスターダムと見ていいでしょう。その後をグリュイエール、ポルトドートウィユが先行していく流れになると見ています。その後をムーンクレストとレガッタ、エメラルヒマワリ、ルージュバックと続いてアッシュゴールドが最後方からの競馬となるでしょう。

うーん、平均ペースで組み立てて良さそうではあるのですが、ややスローの意識もしておきたいですね。

ルージュバックとポルトドートウィユは追い切りから見ても好調だと思うので、この2頭は含めたいですね。

予想の印はコチラ

第55回 きさらぎ賞(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ルージュバック
対抗 ポルトドートウィユ
単穴 グリュイエール

印を付け終えて

ということで、人気どころのアッシュゴールドとレガッタはハズシました。特にアッシュゴールドは不明瞭な部分が大きいですよね。走るかもしれないし走らないかもしれないという感じです。デイリー杯2歳ステークスでは能力の一部が垣間見れたとはいえ、続く朝日杯フューチュリティステークスでは4角から直線向くまでは良かったんですけどね…どうしてもオルフェーヴルの走りが頭にあるので、そう言った部分で期待しちゃうんですけど、全く伸びませんでしたからね。ここもやはり走らない可能性も十分にあるし、データ的にもアッシュゴールドは不利だし、思い切って切ってみた。

レガッタもデータ的に頼りないので切りました。

逆にデータ的にグリュイエールを押したので、展開も含めて合うんじゃないかなと思います。人気が低いですけど、狙い目と言えば狙い目かなと思います。

というところで、きさらぎ賞の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)

タイトルとURLをコピーしました