安田記念の予想を公開中(〃´・ω・`)ゞ

清水ステークスと三春駒特別2014の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

明日は東京競馬場で中府牝馬ステークスが行われますが、京都競馬場では1600万条件戦の清水ステークスが、福島競馬場で三春駒特別が行われます。

ちなみに、三春駒とは、2つの意味があって、1つは福島県郡山市の伝統工芸品・郷土玩具とのこと。2つ目は三春地方に産した馬の名前だそうで、洋種の馬が輸入されるまでは全国的に有名な馬だったらしいですよ。ちなみに、福島競馬場のゴール板の上に三春駒が飾られています

スポンサードリンク

清水ステークス2014

それでは、まずは京都競馬場で行われる清水ステークスの予想から参りたいと思います。清水ステークスは距離1600m、出走頭数は11頭、発走時刻は15:35となっています。

展開予想・予想はこう組み立てました

一息入れましたが、2走前に逃げ勝っているマルタカシクレノンがハナを主張していく形となるでしょう。ウインスプラッシュ、ブロードスターが2番手3番手争いをしそうですが、この3頭は近いところで競馬をするのでやや入りの部分でペースが上がりそう。エアジェルブロワが4番手、5番手メイケイペガスターというところでしょうか。

前半の1000mは平均ペースやややハイペースに傾くかなというところでしょう。京都1600mは基本的に内有利の馬場となっており、特に1枠の成績が抜けていいので、その辺りは抑えておきたいところ。脚質を見ると、先行馬有利ですが、1600万条件戦ともなると差しも届くかなくらいでいいでしょう。

予想はこうなりました

清水ステークス
馬番 競走馬名
本命 フルーキー
対抗 リヴェレンテ
単穴 エアジェルブロワ
連下 マルタカシクレノン
トーセンソレイユ

予想印を付け終えて

ということで、予想は本命にフルーキー。約11か月振りの前走を激走しての1着。重賞も近いうちに獲れそうな走りを見せてくれましたが、ゴール前でポンポンと首筋を叩く余裕を見せた浜中俊騎手。今回は川田将雅騎手に乗り替わりとなったのはマイナスかなと思ったのですが、軸に置くという意味なら本命で大丈夫でしょう。

対抗にリヴェレンテ。この馬は四位騎手と三浦騎手が乗っていましたが、前走は岩田康誠騎手。3ヵ月もなんのその、2着に突っ込んできました。岩田騎手とは相性がいいような気がする1頭。期待したいと思います。

単穴に武豊騎手騎乗のエアジュルブロワを推奨。このコース、大外が結構良かったりもするんですよ。1枠1番の成績がいいのですが、このレースの1枠1番はちょっと買いにくい1頭なんで、逆に大外を選んでみようかなと思いました。

連下の2頭は迷いながらもマルタカシクレノンとトーセンソレイユをチョイス。マルタカシクレノンは叩き良化型だと思うので、このタイミングでは買いにくい1頭なんですけど、逃げ残りに期待したいと思います。トーセンソレイユは逆に突っ込んでくるならこの馬かなと思ったので。

三春駒特別2014

それでは続いて、三春駒特別に参りたいと思います。三春駒特別は福島芝2000mで行われる1000万条件戦。出走頭数は10頭、発走時刻は15:25となっております。

展開予想・予想はこう組み立てました

メイショウエゾフジが良枠を引いたのでハナに立とうとしてくるはず。ただ、今回このレースはかなり先行馬が多いなという印象。最内クリノサンタクルス、セレブリティモデル、ブライトボーイ、ラストシャングリラ、イタリアンネオ、エレガンテココ、クロニクルスカイと半分以上が逃げ先行馬ということになりました。

ただ、福島競馬場のこのクラスと1つ下の500万条件戦を見ていくと、開幕週の福島競馬場はあまり逃げ残るというより、先行した馬が好走傾向。また、震災以降の芝の全面張り替え以降は顕著に外枠の先行馬が成績を上げており、ここも外枠先行馬を狙っていきたいと思います。

予想はこうなりました

三春駒特別
馬番 競走馬名
本命 クロニクルスカイ
対抗 イタリアンネオ
単穴 ブライトボーイ
連下 クリノサンタクルス
メイショウエゾフジ

予想印を付け終えて

出走馬の半数未満で的中を目指すという目標、マイルールを立てているのですが、このレースは5頭に印を回しました。なかなか面白くなりそうな気がしますね。

本命にはクロニクルスカイ。前走は神戸新聞杯でした。出遅れ気味からの競馬となり、いつものような好位での競馬ができませんでしたね。震災以降の福島競馬場の2000m、500万条件・1000万条件戦の開幕週の大外は10戦中5頭が馬券に絡む活躍をみせています。3走前に小回り小倉コースを勝っており、十分に楽しみな勝負となりそう。

印はこんな感じとなりました。なんとか的中してほしいと思っとります。

タイトルとURLをコピーしました