共同通信杯2014 予想

スポンサードリンク

共同通信杯2014-2月24日東京競馬場11R

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

来週からは中山競馬場かぁって思っていた時期もありました。そうです、代替競馬が残っていましたwwすっかり忘れていたんですけど、明日(日付変わって今日)は東京競馬場で共同通信杯が行われます。3歳馬達による競走ですね。

ここまで来るとクラシックが目前に迫っているんだなぁと感じさせるレースの1つですね。一昨年のゴールドシップはここを勝って皐月賞を制覇。日本ダービーこそ落としますが、菊花賞ではきっちり盛り返しクラシック2冠を達成しました。今年もクラシックで活躍が見込める競走馬が出走してきましたので、きっちり当ててクラシックへと繋げていきたいなと思います。

共同通信杯2014-前日最終オッズ

それでは前日最終オッズを観ていきたいと思います。

今回のレースの注目はなんといってもイスラボニータでしょうね。オッズでもそれが現れていますね。東京スポーツ杯2歳ステークスではプレイアンドリアルと叩き合ってレコード勝利。今回はその時と同じコースですから、再現性は高いかと思います。どんなパフォーマンスを魅せてくれるのか、楽しみで仕方がありません。

2番人気にはサトノアラジンに支持が集まっているようです。東スポ2歳Sでは0.4秒差の5着ということで、逆転の余地は十分にあるかと思います。ただ、続くラジオNIKKEI杯2歳ステークスでは1番人気に支持されながらも0.3秒差の3着。また、デビューから戸崎騎手が騎乗してきましたが、今回騎乗するのは岩田騎手。乗り変わりが功を奏するのか注目していきたいと思います。自分としては、もっとも今追えている騎手に乗り変わるのは少なからずプラス材料だと思っています。

3番人気にはベルキャニオンが支持されているようですね。有馬記念の同日に行われたホープフルステークス(中山競馬場2000m OP競走)では最後怒涛の追い込みをみせて2着に飛び込んできました。瞬発力勝負に持ち込めれば強いんだろうと感じますけど、サトノアラジンと脚色が似ているところが少し気がかりですね。鞍上も福永騎手ということで、来週から今年2回目の騎乗停止となりますから、ここは吹っ切っていただき思い切って勝負してほしいところかなと思います。2走前に未勝利戦ですけどレコード勝ちの実績を考慮しても軽視は禁物かなと思います。

4番人気には大外枠のガリバルディが支持されているようですね。こちらは福寿草特別(京都2000m 500万)3着からの参戦。デビューから福永騎手が跨ってきましたが、浜中騎手に乗り替わっています。その福寿草特別は前を走るオールステイとウイントゥモローが後ろを大きく突き放しての逃げということで、3番手以下とは5、6馬身くらい離れていました。1000m通過が59秒フラットとやや前傾ペースでしたが、3番手以下は逆に60秒台後半から61秒程度と、なかなか評価しにくいレースですね。枠も大外枠なのでどうなんだろうかと思うところですね。東京1800mは外枠が本当に来ないコースですからね。

共同通信杯2014-簡単な過去10年の傾向

それでは簡単にですけど、過去の傾向を探っていきたいと思います。過去10年から注目したら良さそうなデータを載せていきたいと思います。

枠の傾向

それでは、枠の傾向を見ていきたいと思います。

共同通信杯2014-枠別成績

上記でも書きましたけど、基本的に外枠が不利なコースとして知られている東京1800mなんですけど、このレースに限れば突出して4枠の成績が悪いんですよね。この10年で優勝馬を輩出していないばかりか、連対実績がありません。

逆に隣の3枠は単勝率・複勝率で圧倒的に他の枠を凌駕していますね。

連対率では2枠と3枠が同率で並びました。アタマ抜けているかなという印象で、やはりこのレースも同様内枠が有利な傾向が出ていると言っていいでしょう。

共同通信杯2014-展開予想・予想はこう組み立てました

なかなか難しい展開となりそうなんですけど、スローの流れになりそうだなという印象を強く受ける面々ですね。まず逃げ馬不在。マイネルフロストかラインカグラ、シングンジョーカーとかこの辺りが逃げても良さげの感じを受けるんですけど、あんまし逃げそうな雰囲気も感じないっちゃ感じない陣営のコメントとかですよね。

どう考えても上がり瞬発力勝負となりそうで、控える馬が多いですからあまり後ろすぎるところだと前が蓋になってなかなか思うように動くことができないのかなと思います。

共同通信杯2014-予想はこうなりました

共同通信杯(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 イスラボニータ
対抗 ベルキャニオン
単穴 ローハイド
連下 ピオネロ
サトノアラジン

予想印を付け終えて

やっぱりイスラボニータは別格なのかなって思っちゃいました。逆に2番人気のサトノアラジンはこのレースの4枠は来ないって事で評価をかなり下げました。脚質的に見ても3着、あって2着なのかなって気がしますね。一応、岩田騎手が騎乗するので先行策を選んできてもフォローできるように連下評価ですが入れました。

東京競馬場で1800mって言えばディープインパクト産駒でしょって感じがするんですけど、昨日の東京競馬場のレースを観ていても尽くディープ産駒が走らなかったなという印象を抱きました。そこが怖いっちゃ怖いんですけど、ベルキャニオン・ローハイド・サトノアラジンと印の5頭中3頭をディープ産駒で埋めました。これが吉と出るか凶と出るか。

昨日走らなかった分、今日激走してくれないかな。

タイトルとURLをコピーしました