京都記念2018の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2018年2月11日に京都競馬場で開催される第111回京都記念の展開から導く競馬予想です。京都記念は、距離2200mのGⅡ競走で、出走頭数は10頭、発走時刻は15:35となっています。

2月11日に行われる第111回京都記念ということで、なんだか『1』が強調されているなぁと思ったんですけど、1番はプリメラアスールで、出走頭数が10頭ことで馬番11番は不在。これが11頭立てだったのであれば、馬番1番と11番の馬連、もしくはワイドが売れていたかもしれませんね。笑

私のような人間でも思いつくので、多くの方は思いつくのかなと思いますけど、こんな風にしてサイン馬券とかが広がっていくんでしょうか。

さて、10頭立てと少頭数でありますので、当ブログは出走頭数の半分未満の印で当てるんや!を目標としているので、4頭を選んでいきたいと思うんですけど、なかなかメンバーは揃ったよねと感じます。

まずは昨年のダービー馬であるレイデオロ。ジャパンカップではシュヴァルグランに敗れて2着となりましたが、キタサンブラックはパスしていますので力は十分にあります。土曜日の13時40分現在のオッズは、1.6倍と圧倒的人気です。

そして、秋華賞3着からエリザベス女王杯を制したモズカッチャン。M.デムーロ騎手が続けて騎乗することも影響してか、4.1倍の2番人気です。

んでもって、昨年の皐月賞馬であるアルアイン。9.4倍の3番人気となっていますが、秋は苦戦していますが、距離が短くなってどうでしょうか。

ここまでが単勝オッズ10倍を切るメンバーであるんですけど、全て4歳馬が占めています。

逆に5歳以上で人気になっているのはクロコスミアの11.8倍の4番人気だけで、ミッキーロケットの22.4倍で7番人気は、穴人気とかいう言葉ではちょっと違うかなと思いますね。単純に人気がないです。

まぁ4歳馬だけで出走馬の半分の5頭を占めていますので仕方がないのかな。キタサンブラックがいなくなったので、新しい王者じゃないですけど、競馬界を賑わせる存在が欲しいんですけどね。

シュヴァルグランは、まぁちょっと…ね。うん、まぁ、あれだ、そうそう、えーっとね、んー、あまり好きじゃないんだ。笑

展開と印はこう組み立てました

少頭数で困るのが、先行馬不在のレースになること。今回はどうかなとメンバーを見ると、最内にプリメラアスールがいて、逃げ馬としてはクロコスミアもいます。逃げ馬2頭が出走してくるので、ドスローでレースが進むということはないかもしれません。

ただ、少頭数のレースではありますが、逃げ馬2頭が行った行ったで、3番手以降は間隔を開けて追走していくというのは考えなくてはいけません。

メンバーを見ると、アルアインやミッキーロケットの2頭は比較的先行していく形、モズカッチャンまで含めると、先行勢も揃ったと言えば揃ったので、3つくらいのグループで進むのかなぁと見ています。隊列的には縦長気味で進み、下り坂となる3角から4角にかけてレースが一気に動き出すのでしょう。

少頭数という時点でペースは穏やかに進むのではないかと見ていいのですが、今回はドスローまではない程度で見ていいでしょう。


超簡単な過去のデータを少し。少頭数のため、あまり枠順は関係がないかもしれませんが、実はこの10年で1枠【 0 -2 -0 -9】は未勝利。実は、同じ距離で実施される3歳限定戦の京都新聞杯でも、1枠【 0- 3- 1- 0】と未勝利なんですよね。あと、7枠もか。エリ女を含めると、7枠は30戦全て未勝利ということになるんですけど。1枠は1頭だけ勝ち馬がいます。

京都記念にだけみると、内枠自体がやや劣勢で中枠から外枠にかけて好成績を残しています。

あと、人気なんですけど、優勝馬は6番人気以内からしか出ていません。尚且つ、2着馬は5番人気以内からのみ。3着に9番人気が1頭、11番人気が1頭いますが、それ以外の競走馬は上位4頭で決まっています。

少頭数でのレースが多いですので、その影響が色濃く出ていると思うのですが、基本的に上位人気が強いレースですので、手広く買うとガミガミになる可能性は高いのではないでしょうか。

ってなところで、印を打ちますね。

予想の印はコチラ

第111回 京都記念(GⅡ)
馬番 競走馬名
本命 レイデオロ
対抗 アルアイン
単穴 モズカッチャン

印を付け終えて

ということで、今回は3連複1本勝負。外れたら残念で挑みたいと思います。

熟考を重ねなくても、レイデオロをどこで買うのかの1戦ではないかなと思います。さすがにこのメンバーで、ジャパンカップ2着馬を買わないという選択肢はないと思うのです。

軸として考える(と言っても、3連複1本勝負だから、軸もなにもないけど)ならば、レイデオロが一番だとうなのかなと思うんですよね。

隙があるとすれば、脚質だと思います。後方待機策から直線だけでとなると、さすがに厳しいかなと思うんですけど、神戸新聞杯では4番手追走からキセキに完勝しています。自在性もある程度はあると思うので、ここは堅いのではないかなと見ているんですよね。

あとは、大外のアルアインを対抗に。距離は2000m前後がベストだと思います。2200mが適距離かと聞かれると、微妙としか言えないんですけど、このメンバーであれば前走のようなレースにはならないと思うんですよね。

単穴にモズカッチャンとしていますが、脚質的には向いているレースだと思います。ディアドラが後方待機組なので、ここはモズカッチャンが早め先頭からどこまで押し切れるのかじゃないかなと思います。3着には残れるでしょってことで、モズカッチャンとしました。

ということで、京都記念の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)

コメント

  1. マル より:

     KAUZさんこんにちは。
    平場のレースも時々買っていますが、全く当たりません。資金も底を尽きそうです(笑)。
    京都はやはり、巷で不調と噂のレイデオロでしょうね。宝塚のキタサンみたいに「ありゃ!?」で終わる可能性もありなので…。でもKAUZさんは決めてしまってますので。
    私も賭けにでて、同じ3頭からの全頭流し19点。さて資金は残るか、破産宣言か?共同ほかは、資金があれば考えます。
     それでは買われる方のご幸運を祈ります。

  2. マル より:

    追伸。
    10頭しかいないので15点で済みました(大笑)。

  3. マル より:

      参った!です。
    今日も全滅。京都、モズを軸にして惨敗。東京は④が来たのに、オウケンを切ってボツでした。来週は久しぶりに入金しないとダメになりました(泣)。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんばんは、コメントありがとうございます。

      共同通信杯はダメでしたかー。
      私も実はこっそりと馬券は買っていたんですけど、全然ダメダメでした。汗
      エイムアンドエンドが来ることは全く考えてなかったし、ステイフーリッシュが敗れることも考えてなかったです。
      グレイルは怖いなーとは思っていたんですけど、こちらは賞金が足りているので、無くはないかなぁとは思ったんですよね。仕上がり的に。
      うーむ、という感じでした。

      京都記念の方は、残念ながらという結果になっちゃったので、仕方がないのかなと思います。
      3連複1本勝負でしたので、傷口も浅く済みました。

      クイーンカップも頑張ります!
      また遊びに来てください!

  4. くーちゃん より:

    京都記念

    馬場読みという言葉がありますが、この荒れ馬場で逃げ残りの方に賭けたら(⑦クロコス)
    全く逆の差し決着。
    クリンチャーは阪神大→天皇賞(春)ローテかな!? アルアインは大坂杯かな!?
    ただどちらも次走は厳しそうな気がします。

    共同通信杯

    外枠の1人気は危険な予感がしましたが・・・飛びました。
    勝馬オウケンは緩い流れを好位で進んで見事な差し切り勝ち。
    2着馬は経験の差でしょうかね。
    私の本命⑩ゴーフォーは後ろ過ぎ(怒)

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは、コメントありがとうございます。

      クリンチャーは、長距離適正が高いので、天皇賞春は目指すでしょうし、距離的に宝塚記念も面白そうですよね。
      春の王道路線を進むのかなと思います。

      クリンチャーは厳しいですかね?
      個人的には成長を感じる走りだったので、キタサンブラックが引退した後ならばシュヴァルグランくらいなものなので、なんとかなりそうかなと思っています。

      アルアインは…距離の壁が高そうですけど。

      ゴーフォザサミットは、スタートが全てだったかなと思いますね。
      スタート自体はそこまで遅れをとってないんですけど、二の足が遅いというか、ダッシュ力がなかったですね。
      すんなりと下げたという見方もできますけど。

      また遊びに来てください!