マイルCSの予想は、時間の都合で無理だす(;´・ω・)ジャパンC頑張ります!

京都牝馬ステークス2015の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

昨日、一昨日と大井競馬の予想をお休みとさせていただきました。一度体内時計が狂うとダメですね。ギリギリの生活となっていまうので、これではいけません。

月曜日からは南関競馬の予想をお伝えできる環境を整えなければ。

さて、明日24日は第50回京都牝馬ステークスが京都競馬場で開催されます。節目の年となりましたね。

出走馬を見ていくと、前日時点での単勝オッズを見ると、キャトルフィーユが3.2倍で1番人気。続いてウリウリが4.1倍、ダンスアミーガ6.0倍、ベルルミエール9.5倍でここまで10倍を切るオッズとなっていますね。アロマティコが6番人気で12.3倍となっていますが、もう少し人気があるのかなと思いました。

今週は京都牝馬ステークスの過去10年のデータと傾向を更新したのですが、その傾向で言えば、アロマティコには逆風が吹くのかなという8枠の成績です。1枠も一度も馬券に絡めていない現状を見るに、メイショウスザンナとパワースポットの2頭も軽視したいところですね。

金曜日正午時点での馬場状態は稍重。ただ、今日この時間から明日のレースまでの間にやや雲が広がる時間もありそうですが、雨の予報はありません。風も弱い予報となっているのですが、レースが行われる時間には良馬場になっているだろうと推測できます。

というところで、予想を組み立てていきたいと思います。

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張するのは……どの競走馬だろ。押し出される形でマコトブリジャールかベルルミエール辺りがハナに立ちそうですね。

京都のマイル戦ということで、ペースが上がりそうな気配も感じるのですが、基本的に末脚自慢が集まった印象でハナを奪う主導権争いも、先行勢のポジション争いも激しくなりそうな雰囲気は皆無。

となると、今年は比較的先行馬が活躍しそうですね。

比較的成績の良い4歳馬から6歳馬を中心に組み立てていけば、なんだか獲れそうな雰囲気を感じます。

予想の印はコチラ

第50回 京都牝馬ステークス(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ダンスアミーガ
対抗 ベルルミエール
単穴 フォーエバーモア
連下 キャトルフィーユ
ウリウリ

印を付け終えて

ということで、以上の印となりました。

本命にはダンスアミーガを推奨します。やっぱりなんていうのかな、後方から競馬されちゃったらドンマイって感じなんだろうけど、4歳馬で内枠を引けて、尚且つ前走は牡馬相手に接戦に持ち込んでますからね。そこから斤量1.0kgしか増えない点もいいと思いますし、2走前の長岡ステークスを制した時のしぶとく脚を伸ばしてくる感じなんかを見ていると、京都競馬場が合いそうなんじゃないかって思うんだよね、ということで。

対抗にはベルルミエールを。前走、そして前々走と1400mのレースではあるんですが、京都競馬場で2連勝。夏を挟んで馬体も一回り大きくなった印象で、これから先に活躍が見込めそうな1頭です。前走前々走とこちらも条件戦を2連勝している点も前向きな評価できますし、問題は左記にも挙げたけど、距離延長。ダンスアミーガを本命にしたのは、あまり距離延長に魅力を感じなかった点ですね。

単穴には単なる穴狙いのフォーエバーモア。こっちは一発あってもおかしくないなと思っている1頭です。追い切りは3頭併せで行われました。タイムはそこそこなんですけど、加速していく時の雰囲気はかなり良く感じましたね。休養明けであることがやはり気になるところではあるのですが、休み明けから動ける状態ではあるんじゃないかなというのが、追い切りを見た印象でした。

連下にはキャトルフィーユウリウリ。まぁどちらも切るには切れないですし、かと言って積極的にも買いたくないなという印象を持つ2頭です。なんと言っても2頭とも取りこぼしが多すぎる印象なんですよね。いや、勝てたっしょって何度も思ったことがある2頭で、これは自分のイメージ先行なのかもしれませんが、重い印はつけたくない2頭とも言えるんですよね。

というところで、京都牝馬ステークスの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました(●´ω`●)

タイトルとURLをコピーしました