秋華賞はお休みします(`・ω・´)

京都金杯2018の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2018年1月6日に京都競馬場で開催される第56回スポーツニッポン賞京都金杯の展開から導く競馬予想です。京都金杯はハンデ戦のGⅢ重賞。距離は1600m、出走頭数は13頭、発走時刻は15:45となっています。

先ほど『中山金杯』の予想を公開しましたが、こちらは京都競馬場で実施される金杯です。

金杯で勝って乾杯! となるか、完敗…となるかは京都金杯が鍵を握るのかなと思いますね。

というのも、比較的堅そうかなと思った中山金杯に比べて、京都金杯はハンデも面白いかなと思うメンバーが集まったようにも思います。

記事更新時のオッズを見ると、1番人気はレッドアンシェルで3.0倍。2番人気はラビットランで5.2倍。3番人気はクルーガーで6.2倍。4番人気はブラックムーンで6.4倍となっていて、ここまでの上位4頭が単勝オッズ10倍を切るメンバーです。

大外に入ったクルーガーは、マイラーズカップを制しているので京都実績もあるにはあるんですけど、トップハンデの57.5kgを背負います。13頭立てなので大外はそこまで意識しなくていいと思うんですけど、この斤量はどうかなと思うところですよね。個人的には、ちょっと辛いんじゃないかなと見ているんです。まぁこれを書いた時点で、クルーガーの頭はないって感じではあるんですけど、個人的には違う競走馬を狙っているので、特に8枠の2頭には沈んでいただきたいなと願っているところです、馬券的にね。

あーーー、マジで勝ちたいんじゃー。

展開と印はこう組み立てました

逃げ馬らしい逃げ馬は不在ですけど、ダノンメジャーは積極的な競馬を見せる1頭ですので、ダノンメジャーが押し出されるような形でも積極的な先行策で来るはずです。

その他先行勢としてはマイネルアウラートがいますが、それ以外となるとレッドアンシェルとウインガニオンくらいで、あとは後方一騎というようなメンバーが集まったかなと思います。

これはスローの流れ必至では。スローの流れではないかと読んでいるんですけど、速く流れるということは想像しにくいメンバーが顔を揃えましたね。

後ほど過去の傾向でも書きますが、とにかく前が止まらないのが京都金杯。瞬発力勝負になることも多いので、その辺は意識しておきたいところですかね。

後方勢からも、一瞬のキレと、そのキレをどれだけ長く持たすことができるのかというのは鍵となるのではないかと見ています。

京都金杯の過去10年のデータと傾向について

それでは簡単にではありますけど、過去のデータを記載しておきますので、使ってみたい傾向がありましたらご自由にお持ち帰りください。

【年齢】明け4歳馬の活躍が目立つレースも、6歳馬も健闘中

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 3- 5- 2- 27 8.1% 21.6% 27.0%
5歳 2- 1- 3- 27 6.1% 9.1% 18.2%
6歳 5- 2- 1- 32 12.5% 17.5% 20.0%
7歳 0- 2- 3- 31 0.0% 5.6% 13.9%
8歳 0- 0- 1- 7 0.0% 0.0% 12.5%

気になるのが6歳馬の勝率です。連対率では4歳馬の方が高い数字を叩き出していますが、勝率に関しては6歳馬が活躍中で、単勝回収値も6歳馬のみがプラス域。

頭に置くなら6歳馬がいいのかなとも思わなくもない、そんなデータではないかと思います。

【枠番】断然内枠。いや、半分から内枠を重視すれば良い!?

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 3- 3- 1-13 15.0% 30.0% 35.0%
2枠 2- 1- 1-16 10.0% 15.0% 20.0%
3枠 1- 3- 3-13 5.0% 20.0% 35.0%
4枠 3- 1- 2-14 15.0% 20.0% 30.0%
5枠 1- 0- 2-17 5.0% 5.0% 15.0%
6枠 0- 0- 0-19 0.0% 0.0% 0.0%
7枠 0- 1- 0-21 0.0% 4.5% 4.5%
8枠 0- 1- 1-21 0.0% 4.3% 8.7%

まぁご覧の通りですね。単勝回収値と複勝回収値のいずれもプラスなのは、1枠と4枠のみで、片方だけがプラスのところはありません。連対率2桁のところは1枠から4枠に固まっているので、とにかく内枠優勢の傾向が強いと言えるでしょう。

ただ、出走頭数に関わらず、大外【 0- 1- 1- 8】と、未勝利ではありますが、2着3着には突っ込んできてはいます。基本的には外枠は軽視して良さそうですけど、今年は13頭立てと比較的少頭数となりました。馬番13番の成績が【 0- 0- 0- 10】という感じではありますけど、どうですかねぇ。

【脚質】先行勢が優勢のデータ

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 2- 0- 1- 7 20.0% 20.0% 30.0%
先行 4- 2- 3- 26 11.4% 17.1% 25.7%
差し 3- 3- 4- 60 4.3% 8.6% 14.3%
追い込み 1- 5- 2- 41 2.0% 12.2% 16.3%

ご覧の通りですかね。単勝回収値と複勝回収値がいずれもプラスなのは逃げの脚質だけで、あとはマイナスとなっています。

【人気】1番人気の複勝圏内率は50%と軸には不向きか

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 3- 0- 5 20.0% 50.0% 50.0%
2番人気 0- 1- 2- 7 0.0% 10.0% 30.0%
3番人気 3- 2- 0- 5 30.0% 50.0% 50.0%
4番人気 0- 1- 0- 9 0.0% 10.0% 10.0%
5番人気 2- 0- 2- 6 20.0% 20.0% 40.0%
6番人気 1- 2- 0- 7 10.0% 30.0% 30.0%
7番人気 2- 0- 3- 5 20.0% 20.0% 50.0%
8番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 0- 1- 9 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 1- 9 0.0% 0.0% 10.0%
11番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 1- 1- 8 0.0% 10.0% 20.0%
14番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 3 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 2 0.0% 0.0% 0.0%

上位7番人気とそれ以下とでくっきりと分かれたようにも見えますが、大体上位7番人気に注目ということになるでしょうか。

予想の印はコチラ

第56回 スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ダノンメジャー
対抗 アメリカズカップ
単穴 ウインガニオン
連下 クルーガー
レッドアンシェル

印を付け終えて

ということで、荒れることに期待してダノンメジャーの逃げ切りに期待して本命視したいと思います。

上記で述べた通り、前半はスローになる流れだと思うんですよね。ハイペースに寄るってことはないんじゃないかなとぁと。

となると、先行勢で固めて、後方勢は少なくていいのではないかなと思うワケです。

レッドアンシェルは、前走がオープンのリゲルステークスでした。メンバー的には重賞級が集まったなとは思うんですけど、やはり重賞級かなと。富士ステークスでは4着なんかもありましたけど、ここはどうかな、難しいのではないかなと思っています。ってか、福永騎手はなぜレッドアンシェルではなく、カデナに乗りに中山に行ったんですかね。カデナと比べると、レッドアンシェルの方がチャンスがありそうだし、先も楽しみだなと思うんですけど…。

ってなところで、京都金杯の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました(●´ω`●)

コメント

  1. マル より:

     こんにちは。
    京都は去年実績で4万円以上貯金させられたので、ここは新年早々取り戻したいですね(笑)。馬番のみ②、③、⑦、⑨、⑫で10点勝負です。

  2. マル より:

     今晩は。
    年始から両方外れ。
    ちなみにT本式読み。「12年前の戌年、中山金杯1着、柴山雄一。戌年は「柴」と「成」の騎手に注意」とのこと。柴田にしようか柴山にしようか?迷って柴田を選択。とりあえず明日と明後日、公休なので楽しみます。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんばんは、コメントありがとうございます。

      同志(●´ω`●)
      私も両金杯をハズしちゃいました(´・Θ・`)

      公休でのお休みはいいですねー。
      今週の3連休までは新年気分が味わえるので、その点では休みはいいですよねー。
      競馬も楽しめますし。

      私は3連休もほとんど仕事に追われていて、それどころじゃナッシングです笑

      また遊びに来てください!

  3. くーちゃん より:

    通年は内を通った馬で決まることが多いんですが、外から追い込み→差し決着
    ⑫ウインは完全に夏馬ですがKAUZさん指名の⑥ダノンも寒い時期は割引かも!?
    私の本命⑦レッドは道中下げたりしないで欲しかった。テン乗りでは難しいのか!?
    人気の②ラビットは気分よく行かせ過ぎたのか!?
    ⑤カラクレナイは京都牝馬でもう一度見てみたいです。

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは、コメントありがとうございます。

      ダノンメジャーは走り時が難しいというか、好走できる例がバラつきがあるのかなと思います。
      なかなか難しい1頭ですね。
      冬は割引きというのも、強ち間違いじゃないような気もしますね。

      カラクレナイは京都牝馬ステークスで注目ですかー。
      私も注目しておきたいと思います笑

      また遊びに来てください!