京都牝馬ステークス(2014)予想

スポンサードリンク

第49回京都牝馬ステークス 2014年1月25日京都競馬11R

やっはろー!!@KAUZです(*´∀`*)

どうも思うように更新が出来ていないのですが、時間の使い方って本当に難しいですね。競馬の予想をする前に、傾向を洗い出していくのですが、それを記事にしたいと思っているんですけど、多忙を理由になかなか重い腰をあげられません。本当ならば月曜日から週末の重賞競走やメイン競争のことを書いていきたいと思っているんですけどね。南関競馬の予想を更新したらタイムオーバーという感じです。

いつもご覧になっている方は“おいおい”って思われるかもしれませんが、他の趣味の時間も必要ですよね。所謂、私で言えばアニメ鑑賞なんですけど、アニメを観ている時間は、ボーッとしていられるじゃないですか。気分転換には丁度いいんですよね。気分を入れ替えて競馬の予想をする、というのが日課になっているんですけど、このアニメ鑑賞を省いても問題ないんじゃないかなと自分では思うんです。

だけど、やっぱり観たいし、もう普段のルーティーンになっているんですよね。帰宅後のアニメ鑑賞、そして競馬の予想(傾向を洗い出す作業を含む)っていうのは。

この競馬の予想を終えた時の充実感は、自分としてはアニメを観たあとだからこそ、だと私は思うんですね。そして、パパッと前日のレースを振り返りを行ってからの就寝。大体、時間にして3~4時間程度なんですけど、この中でどう効率よく動けるか、だと思うんですよね。

もうあと30分は削って、他にも色々とやっていきたいと思うんですけどね。資格の勉強とかもしたいし、今のままだと一生社畜で終わってしまいそうで怖いんですよね。自分の力で稼ぐ、そんなところにも力を入れていきたいと思っているんですけどね。

予想へと

それでは本日行われる京都牝馬ステークスの予想へと参りたいと思います。出走頭数は16頭ですね。距離は1600m。

このレースで引退が決まっているドナウブルーなんですけど、記事更新時現在3.9倍のオッズで1番人気ですね。ただ、2番人気のウリウリが4.0倍なんで、本当に差がないですね。

展開予想・予想はこう組み立てました

エアジェルブロワがハナを主張していきそう。先行勢も揃った印象ですが、平均ペースで進むんじゃないでしょうかね。

このレースは意外な程差し・追い込み馬がよく来るんですよね。その辺にも着目して組み立てていきたいと思います。

雑な考察ですみません。

予想はこうなりました

京都牝馬ステークス(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ミッドサマーフェア
対抗 コスモネモシン
単穴 プリンセスジャック
連下 ドナウブルー
ウリウリ
ノボリディアーナ

予想印を付け終えて

ということで、差し馬を中心に組み立ててみました。先行勢の中でも後ろにつけそうな馬からですね。はい、もう単純に決めました。上で平均ペースって書いたんですけど、ずっと見ていくとどの馬も殆ど前で競馬を展開しそうな気がするんですよね。一団固まったまま、というとスローの流れを意識してしまうんですけど、比較的ペース自体が上がっての一固まりで進んでいくことも考えられるなと思うんですね。

本命にはミッドサマーフェアを推奨します。善戦はしてくるな、というイメージなんですけど、着順だと大敗しているんですけど、着順以上に負けている印象がないんですよね。比較的前と近い位置での決着ということで、展開一つでまた違う結果になっていただろうな、という競馬ばかりなんですよね。後ろからでも結果を残しているレースだけに、前走ターコイズSでも上がり最速だったこの馬で、ここは狙っていきたいなと思います。

対抗にはコスモネモシン。この馬も同様なんですけど、負けてもそこまで離されて負けることがあまりないですし、この馬は逃げても先行しても、差し競馬をしてもちゃんとレースが出来るところが魅力ですよね。出たところで競馬ができる分、こういうレースでは注目しておきたいところですね。前走の愛知杯も先行しての3着。前の2頭はハンデ戦ということで斤量差というところも考えられますし、しっかり最後までおいかけていますので問題ないでしょう。

単穴にはプリンセスジャックを推奨。前走の勝ち方は強いなと感じさせてくれるものでしたね。最後突き放してからは余裕をもったゴールだったかと思います。逃げた馬は大敗でしたが、ペースがややゆったりとしていた分、前で競馬をしていたのでよかったかなと思います。先行していく馬の中では一番警戒しておきたい1頭だな、というところでの選出です。

上記3頭で決着してくれないかなと思っているんですけど、一応連下には人気の2頭をフォロー。というのも、このレースの1番人気、2番人気が結構来るんですよね。ヒモ荒れし易いレースとも言えるんですけど、荒れるときは荒れるんですけど、荒れないときは1人2人3人気での決着も見受けられますからね。別定戦なんで、荒れる要素が少ないとも言えますし、人気でフォローするのはどうかと思いますが、この2頭辺りまで見ていきたいと思います。

結構、ゴール前は混戦になりそうだなと思うんですよね。どの馬が来ても納得できそうな感じを受けてしまいますね。

もう1頭挙げるとするならば最内枠のノボリディアーナかなと。最内を通りつつ脚を溜められるので、展開を考慮しても面白いところでの決着となりそうですね。

ま、このブログをよくご覧の方はお分かりかと思いますが、6頭目を選んだところで全くその6頭目はこないんですけどねww

ただ、なんか自信があるので、自分はこの6頭で勝負したいと思いますww

タイトルとURLをコピーしました