京都記念2015の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

今日は気づけばバレンタインデーでしたね。朝起きて、ちょっとした用事があって家を出るときに、チョコを持った女性が私の外出を待っていないかとドキドキしていたんですけど、特にそういうイベントも起きず、明日になればここのチョコレートは全て安売りかとコンビニのレジ横に置かれたハート形のチョコレートを見ながらコーヒーを買ったり、今年”も”何もないバレンタインデーを過ごしました。

しっかし、年々増えるイベント事。ここ最近急速にハロウィーンのイベントが認知されてきましたが、逆にここ最近はバレンタインデーとホワイトデーの権威が失われているようにも感じますね。スーパーや百貨店などのバレンタインデーの特設コーナーが今年はかなり縮小されている気がしました。コンビニのチョコレートの数も、例年より少なかったですね。

勿論、土曜日だったということで、仕事がお休みの人が多いと思うので、義理チョコを買われる方が少なかったということも原因かと思いますけどね。

自分の青春時代のことを思いだしてみると、高校の時はそこまでなかったのですが、中学校の多感な時期は、朝の校門を通過した辺りからソワソワしだし、靴箱、机の引き出し、休み時間、下校時間とずっとソワソワしていた気がします。

残念ながら、告白されたりとかいうイベントは起きなかったのですが、チョコレートはそれなりに貰ってましたね。モテてたわけじゃなく、お菓子作りが好きな人が周りに多かったですからね。バレンタインデーではなくても、そういえばクッキーとか食べてた気がする。

あの頃の純粋な気持ちってどこに行ったんだろって思っちゃいますね。何もかも、全てを諦めてしまったかのような毎日。このままでいいのだろうか、俺…。

と、前置きが長くなりましたが、京都記念ですね。今年で108回目の京都記念ということで、かなり歴史のあるレースです。距離2200m、出走頭数は11頭、発走時刻は15:35となっています。

注目はやはりなんと言ってもキズナとハープスターのGⅠ馬対決ですね。キズナは昨年の春の天皇賞後に骨折が判明し、症状も重いことから長期の休養を余儀なくされることになりました。復帰も有馬記念とか言われていましたが、伸びに伸びて京-記念からのリスタートです。

ただ、前向きな意見としては、それだけゆとりをもって復帰してきたわけですから、初戦から走れる状態にはあるんじゃないかなと思います。最終追い切りも11日に栗東CWで行われ【 6F78.7- 5F63.8- 4F49.7- 3F36.5- 1F11.8】という好タイム。1週前の追い切りでも坂路【 4F52.2- 3F38.1- 2F24.8- 1F12.7】と好タイムをマークしていますし、初戦から動ける状態であることは間違いないと見ています。

ただ、仮に動けているからと言って、レースに出てから勝てるかといわれると、やはりレース感みたいなものとか、一旦は真ん丸と太って種牡馬みたいになっていたらしいですからね。その辺りでどこまで気持ちが作れているか、やるぞっていう気持ちですね。その辺りが心配です。

注目所のもう1頭ハープスターは、ジャパンカップで好走している点を踏まえると、あっさりなんてこともあるのかもしれませんが、過去のデータと傾向で言えば、そもそも牝馬は買いにくい材料。ウオッカやジェンティルドンナが人気を背負って負けているレースでもありますので、そのところを見ると、ハープスターがあっさりと負けてしまう可能性は十分にあるんじゃないかなと思ってしまいますね。

とりあえずいつものように展開を考察しつつ、印を回していきたいと思います。

上でも書きましたが、過去のデータと傾向はコチラのページに記載していますので、ご興味があれば。

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

前走はやや控える形となったスズカデヴィアスがここではハナに立ってレースを行うでしょう。特に失うものがないですし、積極策で出ていきそうです。

ただ、先行勢を見てみると、ラブリーデイが、だけど2番手を走りそうもないなというのが最近のレース。先行勢の中でも他馬の後ろに入れてみたいなレースを行っているところをみると、果敢に2番手を奪いに行きそうもないですよね。

最内のアクションスターが先行するならここなのかなと思うのですが、前走も特に不利があったわけでもスタートが悪かったわけでもなく下げていきましたので、ここでいきなり先行と言うことも考えられないし…。

みんなが遠慮している中で、スズカデヴィアスがスタスタとマイペースに差を広げていきそうな気もしないでもないですね。

特に後方からレースを組み立てる競走馬が揃ったので、この辺りは先行有利な気がしてなりません。穴があるとすれば、展開の利を受ける競走馬とみていいのではないでしょうか。

予想の印はコチラ

第104回京都記念(GⅡ)
馬番 競走馬名
本命 スズカデヴィアス
対抗 ラブリーデイ
単穴 ハギノハイブリッド
連下 キズナ
ハープスター

印を付け終えて

ということで、思い切って本命にはスズカデヴィアスを指名。逃げ切れるんじゃないかなと思うんですよね。確かに相手はグッと強くなり、楽な競馬は出来ないと思うんですけど、紛れがあるとすれば逃げ残りか前残りの展開。その展開になる可能性は結構高いんじゃないか、というのが私の読み。行ける行ける!

対抗にはラブリーデイ。前が今回強いんじゃないかって思ったので、自然な流れかと。

単穴にはハギノハイブリッド。データ上、8枠という点、大外という点で見れば、複勝圏内率50.0%。キレ勝負に持ち込むようならないのかなと思うものの、今回はある程度前で競馬が出来ると思うし、早めに抜け出して、あとは粘り込む競馬に持ち込めば2着とか3着はあるんやないだろうか、というところで。

連下にはキズナハープスターの2頭を。この2頭、考え方によっては両方飛んでも別におかしくないと思うし、結構ハープスターは飛ぶんじゃないかと私は思っています。が、持っている能力は高いのでさすがに切れないし、じゃぁ連下でってことで。

本当は特別登録を見たときに、ラブイズブーシェが面白いって思ったんですけど、まさかの回避。ラブイズブーシェが来る気しかしないって思ってたんですけどね。残念です。

というところで、京都記念の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)

タイトルとURLをコピーしました